サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 神さまのいない日曜日 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神さまのいない日曜日 1(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

神さまのいない日曜日 1 (富士見ファンタジア文庫)

著者 入江 君人 (著)

十五年前。神様は世界を捨てた。人は生まれず死者は死なない。絶望に彩られた世界で死者に安らぎを与える唯一の存在“墓守”。「今日のお仕事、終わり!」アイは墓守だ。今日もせっせ...

もっと見る

神さまのいない日曜日 1 (富士見ファンタジア文庫)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

【ライト版】神さまのいない日曜日

0 (税込)

【ライト版】神さまのいない日曜日

ポイント :0pt / 紙の本より626おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

神さまのいない日曜日

463 (税込)

神さまのいない日曜日

ポイント :4pt / 紙の本より163おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「神さまのいない日曜日 1」が含まれるセット商品

商品説明

十五年前。神様は世界を捨てた。人は生まれず死者は死なない。絶望に彩られた世界で死者に安らぎを与える唯一の存在“墓守”。「今日のお仕事、終わり!」アイは墓守だ。今日もせっせと47個の墓を掘っている。村へ帰れば優しい村人に囲まれて楽しい一日が暮れていく。だけどその日は何かが違った。銀色の髪、紅玉の瞳。凄まじい美貌の、人食い玩具と名乗る少年—。その日、アイは、運命に出会った。「私は墓守です。私が、世界を終わらせません!」世界の終わりを守る少女と、死者を狩り続ける少年。終わる世界の中で、ちっぽけな奇跡を待っていた—。大賞受賞作登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ファンタジア大賞大賞(第21回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

『高慢と偏見とゾンビ』だけが最新ゾンビ小説ではない。ポップとダークさが混ざり合う、奇妙な味わいの作品

2010/02/03 00:40

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:抹茶パフェ - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨年のスニーカー大賞受賞作「シュガーダーク」の墓守と、最近の「高慢と偏見とゾンビ」でにわかに活気づいてきたゾンビがどこかオーバーラップしたものの、読み進めていくと同じモチーフを用いてもここまで異なる仕掛けを生み出せるのかと幾度も唸らされた。

墓守の主人公アイを取り巻く環境は決して明るいものではない。生みの親が不在の状態で始まる序盤、そして15年前に神様に見捨てられたこの世界には死なない死者がはびこる。その死者たちのために墓を掘り続け、彼らに安らぎを与える仕事がアイの日常だ。
これらのお膳立てからすれば陰鬱で血なまぐさいホラー寄りの作品に傾いでも不思議ではないし、むしろそういう展開になる事を想像してしまう。
だが「神さまのいない日曜日」では、ホラーアイテムを盛り合わせながら読者に心地よい裏切りを見せつける。本作で描かれているのは単なるスプラッタ活劇ではない。12歳の少女アイが生と死に正面から向かい合う明確なテーマを、ライトノベルの枠組みにのせてすらすらと読ませてしまうのだ。

親しかった鍛冶屋の老人が生ける屍となり、アイに生前と変わりなく接しようとするシーンがある。頭部が損壊してもなお普通にふるまう彼に思わず目を背けるアイと、それに気がつき心を痛める老人とのやり取りは、読んでいてこちらが目を背けたくなるほどに辛い感情を抱かせる。アイと行動を共にする謎の男ハンプニーが生ける屍と対峙する場面では、銃で相手を吹き飛ばし、死者を処理する手順が事細く描かれ、残酷さよりも死に対する無情さを静かに訴えてくる。

アイたちの周りで起こるこれらの出来事から、物語の後半では徐々に、生と死のテーマが彼らのいる世界の存在そのものにまで及んでくる。死にたくないという人類の願いが、歪な形となって叶えられてしまった事が明らかになると、題名の「神さまのいない日曜日」の意味が読後に重くのしかかってくる。

死が日常として受け入れられる世界を、現実に準えた戦争ものや医療ものに安易に頼らず、非現実の世界にそれとなく埋め込んでいるさりげなさには作者の技巧がうかがえる。アイの旅はどうやらこの巻では終わらず、後書きによると続編が予定されているらしい。次回作ではどんな新たな展開を見せてくれるのか、今から期待せずにはいられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大きくなればいつか分かるよ

2010/01/23 13:59

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 十五年前のある日、神様は突然世界を捨てた。子供は産まれず、人は死ななくなった。人が死なないことにより生まれる混乱を収束するため、神様が使わしたのは墓守という、人の女性に似せたものたち。彼女たちの手にかかれば、人はようやく永遠の眠りにつくことができる。
 そんな世界のとある小さな村。自称墓守の少女は、毎日せっせと墓穴を掘っていた。一日の仕事が終わり、帰ればあたたかな村人たち待っている。永遠に繰り返されるはずの日常は、人食い玩具を名乗るぶち壊される。そこから始まる自分探しの物語。

 世界観が面白い事はひとまず置くとして、個人的にキャラクターが上滑りしている様な印象を受けた。人は外見に左右されるけれど、精神年齢はその人が得た経験に依存すると思う。だから、あの話し方に違和感を感じて仕方がない。
 物語中で明示はされないが、人食い玩具は一人余分に殺しているはず。主人公たるアイに自覚がないこともあり、ここはさらりと流されるのだが、同じ構造の関係があとでもう一度登場する事から考えると、結構重視されている部分の気もする。ここではいったい何を言いたかったんだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/29 17:56

投稿元:ブクログ

主人公が子供っぽすぎるのと暴力シーンがちょっとグロい(私自身はそれほど気になりませんでした)ので、人によって好き嫌い分かれそうです。

2014/06/04 16:00

投稿元:ブクログ

人が生まれず、死ぬこともなくなった、神様に見捨てられた世界。村で唯一の“墓守”の少女アイは、ある日、村にやってきたハンプニーハンバートと名乗る不思議な少年と出会う――。第21回ファンタジア大賞作品

2010/11/25 23:53

投稿元:ブクログ

ファンタジア大賞受賞作。人が死なない世界の墓守の話。
ストレートにエグい話なのに、このさっぱりとした読後感を作り出せるあたりがこのレーベルの凄さか。

2011/01/11 23:28

投稿元:ブクログ

十五年前。神様は世界を捨てた。人は生まれず死者は死なない。絶望に彩られた世界で死者に安らぎを与える唯一の存在“墓守”。
「今日のお仕事、終わり!」アイは墓守だ。今日もせっせと47個の墓を掘っている。村へ帰れば優しい村人に囲まれて楽しい一日が暮れていく。
だけどその日は何かが違った。銀色の髪、紅玉の瞳。凄まじい美貌の、人食い玩具と名乗る少年―。その日、アイは、運命に出会った。
「私は墓守です。私が、世界を終わらせません!」世界の終わりを守る少女と、死者を狩り続ける少年。終わる世界の中で、ちっぽけな奇跡を待っていた―。

(読了:2011/01/11)

2010/05/20 19:19

投稿元:ブクログ

よく書けている。残酷な行為にも一定の理解は出来る内容にまとまっていたことは評価しようと思う。エンディングもキャラクターの活かしどころが分かってて悪くない。それでも、あの村を残すことがいけないことだったのかと考えてしまうが。

2010/07/22 21:07

投稿元:ブクログ

生、死、死神など、命を題材にするラノベが流行っている。
この題材は実は単純に見えるようで調理することはかなり難しい。

しかし、この作品はどうだろうか。

この重たいテーマと設定を、主人公の少女・アイが宝石のように輝かせ、色彩を放つ。

読んで損のない一冊。

2010/07/04 04:54

投稿元:ブクログ

キャラだけに頼った作品ではないって事は
分かります。ただやはり良質のファンタジーかと
いうとそこは微妙。決して偏見ではないんですが
ライトノベルの領域を出ないという物足りなさ。

「人食い玩具」が主人公「アイ」の暮らす村を
壊す理由、墓守り「傷持ち」の存在...様々な事の
理由と納得出来る情報が少ない。今作は変則の
ボーイ・ミーツ・ガールとして成り立っているから
読める作品ですが...この後の続編ってどうなるんだろ?

死者vs墓守...的なバトルものなら安易で退屈な
展開になってしまいそうですなー。ライトノベル
として読むか、それ以上を求めて読むかで
楽しむ度合いが違ってきそう...。

2014/03/28 22:13

投稿元:ブクログ

神様がいなくなってしまった世界の一角にある村で
『墓守』をする少女。
ある日いつもより早く村へ帰宅してみたら
知らない男が一人だけ、という状態になっていた。

死がない世界。
それだけを聞くと幸せな感じがしますが
実質死体になってうろつくだけ。
しかも本能だけが強くなる、というのは
ものすごくやっかいな気がします。
しかも死なない…。

村を村でなくした男を『お父様』と呼び
それでも付いて行く様は、何かに執着した感じ。
本能でこれは人だとでもかぎ分けているのかと思ったら
本当にかぎ分けていたとは…人、の分類で、ではないですが。
ある意味願いがかなってます、男。

わき役かと思っていた人たちが、これから一緒のようで
その展開には驚き、でしたが。
こうやって、次々死んで行くのでしょうか?

2015/01/25 12:30

投稿元:ブクログ

人間が死んでも死ななくなった(ゾンビみたいになる)世界で唯一引導をわたせるのが墓守(ロボっぽい)
って世界

墓守ハーフの女の子と不老不死のお父さんの話

う~~~ん

2010/03/12 20:58

投稿元:ブクログ

唐突さがなければ、もっと面白く感じれるかも。
シュガーダークもそうだけど、後半はまあまあ良いんだけど、前半のスロースペースはなんなんだろう。
こっちはスロースペースというよりは、急ぎ足なのか?うーん、でもゆっくり感がいなめない。

ラストにつなげるには、前半の密度が足りない感じ。あと、敵キャラの伏線はあったのかな?
せっかく出てきた友人の軽さにはちょっと驚いた。もっと深くするには、枚数がたりないのか?
細かいところを抜き出して考えると、言い場面もちゃんとある。
けど、やっぱし、もうちょっと量がほしい。ライトノベルには求めるべきではないのかな?^^

最後の一場面で、全てを強引にねじ伏せちゃった感がある。そんな感じ。

ライトノベルってむずかしいね。orz

しかし、モノクロがヘタって絵師が増えすぎて心配な今日この頃。

2011/06/20 21:01

投稿元:ブクログ

勢いがあってめっちゃ読みやすかったです。それにしても最近の大賞受賞作品は、墓守とか幽霊とか、死が身近な作品が多いなぁ。そういう世情なのかな。

2010/03/27 22:53

投稿元:ブクログ

読了 3/25

「第21回ファンタジア大賞」 ≪大賞≫受賞作

文章が読みやすく、展開のテンポも良い作品。
読了後に残る切なさが何ともいいがたい。
ハッピーエンドともバッドエンドともいえない結末。
アイの可愛いらしい雰囲気に反したような、
次々と明かされる様々な真実を知り、
彼女が悲しみを乗り越えて前に進む。
そして訪れる展開は切なくて悲しくて、
でも幸せなラストなのかもしれないです。

2010/06/29 00:05

投稿元:ブクログ

キャラクター可愛い、設定面白い、ただし世界観に置いてけぼり食らった感あり。とぼけたアイのキャラクターが可愛い。

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む