サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

白い航跡 新装版 上(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/306p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-276541-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

白い航跡 新装版 上 (講談社文庫)

著者 吉村 昭 (著)

薩摩藩の軍医として戊辰戦役に従軍した高木兼寛は、西洋医術を学んだ医師たちが傷病兵たちの肉を切り開き弾丸を取り出す姿を見聞し、自らの無力さを痛感すると同時に、まばゆい別世界...

もっと見る

白い航跡 新装版 上 (講談社文庫)

659(税込)

新装版 白い航跡(上)

540 (税込)

新装版 白い航跡(上)

ポイント :5pt / 紙の本より119おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

薩摩藩の軍医として戊辰戦役に従軍した高木兼寛は、西洋医術を学んだ医師たちが傷病兵たちの肉を切り開き弾丸を取り出す姿を見聞し、自らの無力さを痛感すると同時に、まばゆい別世界にあこがれる。やがて海軍に入った兼寛は海外留学生としてイギリスに派遣され、抜群の成績で最新の医学を修め帰国した。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

リアル『仁』の世界

2011/01/17 22:16

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:拾得 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ちょうど1年前、ドラマ『仁』にはまった。昨年末にも再放送があり、また、はまった。西暦2000年に生きる脳外科医・南方仁が、幕末にタイムスリップしてしまう話である。幕末という限られた条件下で、現代の医学知識でもって医療に挑む。こう書いてしまうと、未来の医者が全能の神のように活躍するのかとも感じられ、物語としては「反則」という気がしなくもない。しかしドラマ版では、原作漫画以上に、そこに主人公の迷いや陰を持ち込んで、より陰影を深めていたようだ。
 そんな「未来から来た医者」を、当時の人々はどう見たか。たいていの人にとっては、「神」のように見えたかもしれない。しかし、ドラマとしての面白さのひとつに、彼の実力をそれぞれに認めた同時代の医師たちの存在がある。神がかって、自分たちよりはるかに進んでいるものの、同じ医者として見ている。そのうえでそれぞれが「どうふるまうか」がドラマになっていくわけでもある。
 東西の異文化接触であった幕末〜明治の日本では、大なり小なりそんな出来事が実際に繰り広げられていたのではないだろうか。本書「白い航跡」もそんなエピソードからはじまる。薩摩藩軍団付きの医師・高木兼寛は、戊辰戦争の折、転戦してついてに奥州会津まで従軍する。戦闘の激しさは、負傷者も増やす。武器の変化は傷も変える訳で、今までの技術が陳腐化するきっかけともなったという。救えるはずの人命を救えない、そんな自らの医師としての無力さを感じる。そんな時に、外国人医師から直接学んだ医師の活躍を耳にしたり、さらに公使館付きの医師ながら、この時期の戦場で医療にあたったイギリス人医師ウィリスに出会うことになる。そこに彼は自らの進むべき道を見出していくのである。
 この高木兼寛とは、その後、海軍軍医となり、脚気予防に大いに功績があった。また、慈恵会医科大学を創設するなど、日本の医学会の黎明を支えた大人物である。同時代の陸軍軍医には、文豪・森鴎外がいる。両者は「脚気論争」におけるライバルである。森は終世自説を曲げなかったとはいえ、高木こそが実質的な勝利者であり、世界的にも高く評価された。
 本書はそんな彼の個人史を淡々と追っていく。その輝かしいまでの経歴に比し、次々と子どもを亡くすなど、医師として皮肉な人生をおくらざるを得なかったことが痛ましい。神は乗り越えられる試練しか与えない、とはドラマ『仁』での決まり台詞だが、厳しすぎる試練もまた、たまらない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

俊秀な人

2016/12/28 08:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ME - この投稿者のレビュー一覧を見る

高木兼寛について書きながら戊辰戦争、西南戦争も書いている。当時海外留学するとはエリート中のエリートだったのだろう。いっぽうで親しい人を亡くしていく哀しみも味わうことになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/27 22:52

投稿元:ブクログ

明治維新の時期の面白さの1つは、身分や家柄とは関係なく、能力や資質のある人間が世に出る機会を得て活躍するケースが多かったことだと思う。本書の高木兼寛しかり、同じ著者の「ポーツマスの旗」の小村寿太郎しかり。九州の豊かとも言えない村の大工で終わる可能性もあった兼寛の活躍の舞台が、本人の才能、実直さに加えて周囲の人間のサポートもあり鹿児島、横浜、そしてイギリスへと広がっていく様はすがすがしい。努力すること、いつ来るかわからない人生の分かれ道の前に準備をしておくことの大切さを教えられる。

2012/09/02 10:20

投稿元:ブクログ

中学の先生に勧められた一冊、私が歴史小説を好きのなったきっかけの本(あと司馬遼太郎『竜馬がゆく』)。医者の覚悟というものを時代は違いながらも感じ取ることができた。

2013/03/31 22:28

投稿元:ブクログ

陸海軍を震撼させる脚気の予防法を確立せよ戊辰戦争で見聞した西洋医学に驚いた薩摩藩軍医の高木兼寛は、やがて海軍に入りイギリスに留学、近代医学を学ぶ。東京慈恵会医科大学を創立した男の生涯を描く。