サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ほうかごのロケッティア School escape velocity

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ほうかごのロケッティア School escape velocity(ガガガ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 32件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2009.12
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: ガガガ文庫
  • サイズ:15cm/310p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-451178-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ほうかごのロケッティア School escape velocity (ガガガ文庫)

著者 大樹 連司 (著)

何もかもが、順調なはずだったオレの学園生活。あの電波女が来るまでは—。「私の“友達”を宇宙に返して!」電波女に弱みを握られたオレに与えられたのは「携帯電話を人工衛星にする...

もっと見る

ほうかごのロケッティア School escape velocity (ガガガ文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ほうかごのロケッティア School escape velocity(イラスト簡略版)

324 (税込)

ほうかごのロケッティア School escape velocity(イラスト簡略版)

ポイント :3pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

ほうかごのロケッティア School escape velocity

648 (税込)

ほうかごのロケッティア School escape velocity

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

何もかもが、順調なはずだったオレの学園生活。あの電波女が来るまでは—。「私の“友達”を宇宙に返して!」電波女に弱みを握られたオレに与えられたのは「携帯電話を人工衛星にする」というバカげたプロジェクト。高校生が自作ロケット?ほかに行き場のない連中の現実逃避だろ!?オレの心配をよそに、ひと癖もふた癖もある連中が集まり、ロケット制作が始まった。カウントダウンの先にあるのは、バカげたドリーマーの自爆行為か、教室という箱庭からの脱出か—。青春と妄想をのせたロケットが今、宇宙へ「リフトオフ」する。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー32件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

打算でも計算でもなく、ただまっしぐら

2010/01/30 14:27

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 イトカ島にある私立イトカ島学園高校には、何か問題をおこすなどして本土の高校には通えなくなった生徒たちが流れ着く。褐葉貴人もそんな一人。中学時代に、覆面少女歌手クドリャフカに電波な内容のファンレターを大量に送りつけ、それを批判した彼女が干される原因を作ってしまった過去を持つ。そんな彼も高校デビューを果たし、理事長の娘である那須霞翠と共に、教室内の人間関係に介入してクラスの雰囲気を操作し、進学率が上がるように仕向けて、学校のイメージを改善させようとしている。
 全ての過去から切り離された島。そう思っていた場所に、一人の少女が転校してくる。彼女の名前は久遠かぐや。彼女は褐葉を屋上に呼び出すと、一枚のはがきを朗読し始める。それは、中学時代に彼が送った、電波なファンレターだった。
 バッシングにあい、自分の歌に恐怖するようになり、携帯電話に宿った宇宙人に慰めてもらうというファンタジーを信じるしかなくなっていた久遠は、褐葉に、"彼"を宇宙に帰すためにロケットを用意するように要求する。
 島に伝わる龍勢という農民ロケットを通じて、イトカ実業高校のロケット部と知り合った褐葉は、当初は嫌々ながら始めた作業でありながら、教室内の人間関係操作という"仕事"も忘れて、どんどんロケット作りにのめり込んでいく。しかし、全てがそう簡単にうまくいくはずもなく…というお話。

 理論の郡涼、設計の千住高介、加工の五反田八郎、そして何故か携帯電話の宇宙人のおかげでプログラミングまでできるようになっている、制御の久遠かぐやと、それぞれ一芸に秀でたメンバーが、一部大人たちの協力も得ながらロケットを作っていく。じゃあ、平凡な主人公である褐葉貴人が何をやるのかというと、彼らの話を聞いて整合性をとるという、プロジェクトマネージメントという重要な役をこなすのである。
 たとえお金があっても、知識があっても、実際ここまでやれるのかなあ、という疑問はあるけれど、たとえ他人から見ればどうでもよいことであっても、自分で決めた目的を果たすために、躊躇なく全力を注ぎこめるというのはうらやましい限り。彼らの脇を固める大人たちも、その前日談などを語らせたら大変面白そう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/03 22:08

投稿元:ブクログ

面白い。青くさかったり無茶だったりもするけど、ホントに物作りする姿にしびれる。「なつのロケット」っていうだけでぐっとくる。新書「はやぶさ」を読んで日本のロケット発展史をざっとさらっておくとなおのめりこめる。物語としてもよくできてて、両面合わせてぐぐーっと持ち上げられるような、前のめりになるような、そんな感じ。

2011/02/06 11:35

投稿元:ブクログ

皆でロケット作るよ!ってお話で大好きなジャンルなのですけど、いくつか受け入れにくいものがありました。夏のロケットのライトノベル版みたいな感じでしょうか?背景事情とかちょっと暗いなぁと。

2013/07/10 22:33

投稿元:ブクログ

悔しい。と思わせる作品。
中盤までは主人公の斜に構えた語りや、ネットスラング、行動の気持ちの悪さ、文章の早いテンポで正直読む手が止まりかける流れでした。
でも、それも中盤を過ぎれば逆に味になって、雑に見えていたものが十分すぎるほどに丁寧なシチュエーションの積み重ねへ代わり、後半の予想できる展開へ繋がるすぅっと気持ちのいい読み味が訪れる。
非常に悔しい、と思わされる。

2009/12/18 20:23

投稿元:ブクログ

「私の”友達”を宇宙に返して!」

美少女転校生、久遠かぐや。
彼女は何故か俺の弱みを握っていて―いや、原因は俺だが―
それを使って脅迫的にプロジェクトに参加させられた。

そう、そのプロジェクトとは、
「携帯電話をロケットに乗せて宇宙へ飛ばす」という馬鹿げたものだった。

そうして始まる俺たちのロケット作り。
目指すは衛星軌道。秒速7.9kmの世界。

「We are Go for Launch!!」

「「リフトオフ!!」」




タイトルで衝動買い気味に買いましたが
良作です。

主人公に共感できる部分も多々あります。
そういう点では田中ロミオさんの「AURA」に近いモノがあると思います。

また、科学好きなら、
物語としてだけでなく、
「宇宙を目指す」という題材そのものにロマンを感じれるはず!

ロケットの仕組みも大雑把にだが説明されていて、
科学好きならそういう部分でも楽しめます。

ヒロイン「久遠かぐや」のデレも要チェック(笑

単純ながら、笑えて、感動できる作品だと思います。

2010/01/24 23:59

投稿元:ブクログ

最初のころの主人公は、なんだかとってもいやーんな感じなのですが、主人公の過去を知る電波少女かぐやの登場が彼を変えていきます。

まさに箱庭という主人公の言葉どおり、狭い人間関係の中で、周りを気にして日々窮屈さを感じつつ生活している人にはお勧めの一冊です。一度しかない人生。唯我独尊思うがままに生きるほうがきっと楽しいのです。

2010/04/23 00:59

投稿元:ブクログ

南のとある島が舞台。主人公はイタい過去を持ち、その反省から高校では巧く立ち回りつつそれなりの生活を送っていたが、ある日転校して来た美少女によりそんな日常が変化しだす…
結構テンプレなボーイミーツガール。
具体的にはタイトルにあるようにロケットを作ります。設定は微妙に無理があると感じられる部分もあればシビアなところもあり。
あるものを宇宙へ届けるためにロケットを作るべく悪戦苦闘する少年少女たち、壊れる日常、そしてクライマックス。
久しぶりに気持ちいい青春小説を読んだ気分です。できればこれを中学くらいに読んでおきたかった。若い内に読める今の子達が羨ましくてたまらない。

2010/02/24 03:28

投稿元:ブクログ

表紙、タイトルで衝動買いしたら良作だった。

最初はロケット花火から始まり、試行錯誤しつつ、目指すは第一宇宙速度。

ものづくりに興味のある人ならば楽しめると思います。

2010/02/06 07:06

投稿元:ブクログ

「子供社会をドロップアウトした連中ばかりが集まる高校で、クラスの調整役をしていた主人公は、同じくドロップアウトした自分のトラウマの源泉である少女がクラスにやってきたことをきっかけに、宇宙を目指すロケットを作るハメになり、そして嵌って人生を変えていく」というようなお話。

これはタイトル買い。
宇宙開発ライトノベルですから。で、かなり楽しめました。
痛い思春期とか、凄く狭い自分の世界とか、イジメとか、正直わざわざ見たくない部分も多いし、主人公もヒロインも好ましくないところも多いのだけど、やはりどん底からはい上がって高みを目指すって言うのは、燃えるのですよね。
じんわり来るところも何度もあり、
実は一番キタのが、シロツグリフレインのところでした。
一番の萌えは「私に、毎日、お味噌汁作ってください」かな。

いや、面白かったですよ。

2010/03/03 23:10

投稿元:ブクログ

ちょっとサブカルチャー入っているけど、評判どおり面白かったです。
簡単にあらすじを説明すると、
はぐれものの高校生が本物のロケットを作って飛ばす話。
「電波女と青春男」でもロケット(こっちはペットボトルだけど)を
作る話があったけど、ロケットは青春の象徴なんだね。
ただ最後の流れがちょっと飛ばしすぎかな?
これはこれで人によってはいいのかもしれないけど、
私的にはもっとじっくりやって欲しかったです。
ただそれでも面白いことには変わりませんので、
サブカルチャーが好きで青春物が読みたい人にはオススメです。

2010/07/31 22:31

投稿元:ブクログ

面白いです。ジャンルが好きなので大分ひいき点入っていますが、面白いです。若干、以前読んだことのある『2005年のロケットボーイズ』と似ていました。キャラクタのバリエーションとか物語の流れとか。ということは、面白いのは間違いないわけで。やっぱり好きです、こういうの。最後の発射シーンでは思わず、「飛べえええ!!」と心の中で叫んでしまいました(笑)

2010/03/22 01:54

投稿元:ブクログ

最近何冊か見るようになったロケットを素人集団(高校生+アルファ)が作ってしまう話。ちょっと工学的には無茶な面もあるけど良い意味でも悪い意味でもストーリーはラノベ!ラノベ+宇宙開発の属性の方なら楽しめます。どちらか一方のファンでも充分に楽しめますよ。エピローグの持って行き方が好きだなぁ。

2011/12/18 14:43

投稿元:ブクログ

高校生たちが試行錯誤しながらロケットを作っていく。その過程が綿密に描かれていて読みごたえある。ロケットと青春の組み合わせは王道だけれど、この作品は特殊な学校生活の設定が活きていて新鮮でもあった。

2010/04/28 02:15

投稿元:ブクログ

もう少しオタクチックな話だと思っていたが、なかなか登場人物達のキャラが立っていて、青春とロケットのエピソードが、上手く作品をまとめていた作品でした。

2010/04/29 04:23

投稿元:ブクログ

多少無理がある設定が続いていくけれど、これはこれで興味深い。
書評のように真面目にロケットを作る話かと思いきや全然違う。邪眼厨二病や妄想者がいたりと読んでいて飽きない。最後もきちんと纏まっていて良かった。

ガガガ文庫 ランキング

ガガガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む