サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ご主人さん&メイドさま 父さん母さん、ウチのメイドは頭が高いと怒ります

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ご主人さん&メイドさま 父さん母さん、ウチのメイドは頭が高いと怒ります(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2010.2
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/311p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-868325-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ご主人さん&メイドさま 父さん母さん、ウチのメイドは頭が高いと怒ります (電撃文庫)

著者 榎木津 無代 (著)

メイド大好きオタク高校生・五秋陣こと「ご主人さん」と、傲岸不遜な金髪美少女「メイドさま」との主従逆転ドタバタラブコメ、第16回電撃小説大賞“銀賞”受賞作登場です。【「BO...

もっと見る

ご主人さん&メイドさま 父さん母さん、ウチのメイドは頭が高いと怒ります (電撃文庫)

616(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

メイド大好きオタク高校生・五秋陣こと「ご主人さん」と、傲岸不遜な金髪美少女「メイドさま」との主従逆転ドタバタラブコメ、第16回電撃小説大賞“銀賞”受賞作登場です。【「BOOK」データベースの商品解説】

【電撃小説大賞銀賞(第16回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

メイドさまは偉いのです

2010/02/07 18:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 幼少の頃からメイドオタクとしての王道を歩んできた五秋陣がいつものようにメイド喫茶経由で帰宅すると、家の中には金髪美少女メイドさまがいた。彼のことをご主人と呼ぶ彼女に、思春期にふさわしき妄想にふける五秋陣だが、そこには誤算がいくつかあった。
 最大の誤算は、メイドさまの方がヒエラルキーの遥か上位に君臨すること。あれやこれやをしてもらおうと思った五秋陣だが、彼の方がメイドさまに尽くすことになる。
 そして、次から次と襲撃してくるメイドたちの存在。なぜ彼女達は襲ってくるのか?そしてなぜ、五秋陣の元にメイドさまは来たのか?

 変な世界のメイドさまラブコメディ。全てをイラストにしたら、肌色の絵の具が一番先になくなることだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ハマると超絶に面白い

2010/02/11 21:06

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

実に読み手を選ぶというか、ピンポイントに狙った作風。がっつりハマるか拒否反応を起こすかで好みが分かれると思うが、主人公(あるいは作者)の趣向一点に天晴れなほど突き進む姿勢にはネガティヴ感想を強引に抱き込むパワーを感じる作品でもある。

では、どのように読み手を選ぶかとなるが、まずは主人公の設定。むしろ清々しいというくらいアホ。少々品が無く『いぬかみっ!』の主人公・川平啓太に近い印象。メイド好きも大概にしなさいよ、という偏りをとことん貫いているので、これが笑えて許せるならOK。基本的に善人。その真っ直ぐな心意気が困難を打ち破る。相当な超展開だが、理屈でどーこー言う時点で本作は読めなくなるので笑ってスルーしよう。後半はイイ奴になる。次に、氏名や得物の名称などなどのネーミングセンス。これが見方によっては“夜露死苦”(これをすぐに「ヨロシク」と読める人はきっと「横浜銀蝿」を知っている)系でかなりキテる。これもまた笑えるか「うへー」となるかで分かれるだろう。ヒロインに関しては、これだけ主従の逆転したメイドも珍しいくらいだが、これには秘密が絡んでいる。この秘密がストーリー面での柱となっていく。あと、意外にもバトルがしっかりあって危機にも陥る。「金髪碧眼武将系メイド」ということで語り口もこれに準ずる。幾つかの決めセリフが結構いいタイミングで出てきて笑える。後半から次第に恥じらう感情や言動が出始めて破壊力絶大。ツンデレの幼馴染みもいて女性陣は申し分無い。


前半のおちゃらけから健気で一途でアツい後半へのギャップは盛り上がる。快活な文章には「解る人には解る」的な特異性が若干あるものの面白い。絵師さんもグッジョブ。最後の挿絵で読後感を一気に高めてくれる……もちろん良い方向で。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/03/18 19:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/09 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/10 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/07 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/15 12:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/14 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/05 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む