サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

純粋理性批判 1(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.1
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/422p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75198-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

純粋理性批判 1 (光文社古典新訳文庫)

著者 カント (著),中山 元 (訳)

純粋理性批判 1 (光文社古典新訳文庫)

972(税込)

純粋理性批判 1

918(税込)

純粋理性批判 1

ポイント :8pt / 紙の本より54おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/06/04 01:27

投稿元:ブクログ

読みやすい訳書である。序を後回しにしているのもよい。訳文は流れを意識していているので読みやすいのであろうが、カントの言っている内容じたいが抽象的なので、立ち止まって考えねばならない所もある。カントが純粋理性批判でやっていることは、人間に許される思考とは何かを明らかにすることで、物じたいは知り得ぬので、人間が知ることができるのは現象のみであるという観点が出発点になっているように思う。要するに現在の脳科学がやっているような人間の認識のフレームとか情報処理方法をさぐっているのである。第一巻では、感性が扱われ、空間と時間が人間の感性の先験的規則であることが示されている。

2011/02/10 12:07

投稿元:ブクログ

詳細に、正確に、簡素に徹底して。素晴らしい。
曖昧さのなさに驚く。
ほんとにはまった。
新訳、たしかにこれなら入門書要らずかも。
とっても親切。

2012/12/18 23:14

投稿元:ブクログ

店頭で目が合ったので、買いました。
読み始めました。
(2012年12月18日)

「解説」部分を読み終えました。
カントが分かった気にさせてくれるのが素敵。
(2013年2月6日)

深い森へと踏み行ってゆきます。
(2013年4月3日)

カントが分かる、ということは、
ちょっとした出来事だ。
これは、大変な訳業です。
訳者と版元に最敬礼。
(2013年4月8日)

読み終えました。
よく咀嚼できたかな?
(2013年4月18日)

2010/09/05 02:08

投稿元:ブクログ

カント以降の哲学者にさんざんこきおろされているが、というかカントをこきおろしている本にしか出会わなかったが、どうもあらゆるところで顔を出すのでいつのまにか読んだ気になってしまっている一冊。いつか読まねばと思いつつ放置。
カント=歩く時計みたいなエピソードだけがひとり歩きしているけれど、村上春樹のインタビューを読んでいたら、若い頃は賭けビリヤード?で生計を得ていたとあって驚いた。
純粋・理性批判と漠然と思っていたけど、もしかして純粋理性・批判!?
それならうなずける。

2012/06/16 05:11

投稿元:ブクログ

読みにくい部分に訳者が、元の文を損なわないレベルで補足を加えているお陰でとても読みやすかった。また、解説もわかりやすい部分が多かったように思う。

強いて言えば、1巻1巻がそれなりに厚い上に全7巻という量はあまりに圧巻で読むのには根気がいるというのが問題か。

2011/02/06 22:06

投稿元:ブクログ

解説が豊富。訳も定訳に拘らず、大変わかりやすくなっている。それでも難解なのは仕様だし、書中の感想は省く。

2014/07/27 23:01

投稿元:ブクログ

感性と理性の関係。
イギリス経験論とドイツ観念論と合流点。
コペルニクス的転回。対象が認識に従う。
物自体を知ることはできない。

あくまで(1)を経たに過ぎない。道程は長い。
(2)はちょっと後回しに。

2012/02/17 19:24

投稿元:ブクログ

岩波文庫版で相当昔読んだカント、再読しようと思っていたら、岩波版の訳は誤訳だらけと誰かさん(というか、中島義道)が言っていたので、やむを得ず新訳文庫でそろえ直すことにした。
こちらの訳者中山元さんは、私もこれまでいろんな翻訳を読んできたし、信頼している方だ。なるほど読みやすいが、「悟性」が「知性」になっていたり、昔の翻訳とはいろいろに変わっていて、ちょっと戸惑ってしまうかもしれない。
岩波文庫では全3巻に収まっていた『純粋理性批判』が光文社古典新訳文庫ではいきなり全7巻になってしまったのは、活字が大きいのと、各巻に1冊の3分の1強くらいの分量の「解説」を入れたからだ。
この「解説」は、きっと初心者用に、カントの言説をやさしくかみ砕いて説明してくれているのだろう、と予想していたが、まるでそういうものではなかった。
カントの本文には書かれていない背景や、他の哲学者との比較など、むしろ「知識を拡大するための解説」になっている。
本巻(超越論的な感性論)あたりはカントの本文も難しくなく、むしろ先を読みたい気持ちが強くて、この「解説」は余計なものに感じた。
大昔に読んだカント、なぜ「アプリオリとアポステリオリなんていう区別にこだわるんだろう」とかつて首をかしげたものだが、今回読み直してみて、確かにその疑問(「経験」なるものをキーワードにして人間の知的認識をふたつに分離しようという設定の不思議さ)は残らないわけではないが、このようにして厳密な哲学を、この時代にいきなり登場させたカントは、やはり抜群の存在だと思った。
さて続きをどんどん読もう・・・

2010/07/28 18:48

投稿元:ブクログ

・確かに難解。引退後、時間ができたら読み直したい。
・誤った答えを求める問いをするものは、己を恥ずべき
・認識のバックグラウンドは、「時間」と「空間」(アプリオリ)
・認識には経験によるものと、直観によるもの(アプリオリ)がある
・考えるが故に我あり(デカルト)→自分を直観し、存在を認識すること

2010/10/28 21:50

投稿元:ブクログ

カントは天野貞祐訳で読んでそういうものかと思っていたので、この大胆な翻訳には関心もし感動もした。毀誉褒貶はあるだろうが、翻訳に新しい時代を切り開いたのだと私は感じている。

2011/07/07 23:57

投稿元:ブクログ

学生時代から何度も挫折したカントに齢37にして、再挑戦してみた。

長い日数をかけ、1巻を読み終え、知った事実。
全7巻!? 引くことも進むこともできない自分に気付いた。。。

2016/06/28 14:53

投稿元:ブクログ

「ビッグバンが宇宙の始まりだって言うけど、その前に何か原因がなければビッグバンも起こらなかったんじゃないかな?」
「神とは、完璧なものである。ところで、存在しないものは完璧ではない。つまり、神は存在するのだ!……本当に?」
「心ってなんだろう?心は脳とは違うの?」

考え出したら夜も眠れないような問題が、この世界にはたくさんあります。そうした簡単には答えが出ない(でも大切だと思われる)問いを探求し続けてきたのが、何を隠そう哲学なのです。こう言うと、カッコイイ気もしますが、実際には様々な主張が飛び交うばかりで決定的な解答は出ず、堂々巡りだったり単なる屁理屈に陥ってしまうこともしばしば。うーん、カッコワルイ。

このような哲学に特有の困難を自覚していた18世紀ドイツの哲学者カントは、私たちの「理性」という能力を吟味することで、人間の認識の可能性とその限界を見定めようとしました。その成果こそが、哲学史における最重要著作の一つとされる『純粋理性批判』に他なりません。本書において、カントはそれまで議論され続けてきた重要な哲学的諸問題に対して、一つの決定的な解答案を与えることになります。

そこで論じられることになるのは、時間と空間、心、世界に始まりはあるのかどうかという問い、神の存在証明などなど。こうした課題にカントは、「そもそも私たちは、どのようにして世界を認識しているのか」という観点から切り込んでいきます。難解な部分も少なくないですが、カントの思考過程・問題の解決は、きわめてエキサイティングで、面白い。そして何よりも、本書で述べられる思想は決して色あせず、今日においてもなお私たちの物の見方に影響を及ぼしうる意義を有しています。いずれにせよ、挑戦するに値する著作であることは間違いないでしょう。

最後に、翻訳について。カントの文章は難解なことで知られ、従来の邦訳は「ドイツ語は正確に訳してあるが、意味が分からない」というものが大半でした。しかし、今回紹介する中山訳は、徹底的に分かりやすさを追求したもので、「普通に読み通すことができる」という(カントの著作に触れたことがある人にとっては)驚くべき名訳となっています。カントの思想に触れたい、『純粋理性批判』に興味があるという方は、ヘタな解説書を読むよりもこの翻訳(解説も充実しています)をいきなり読むべきでしょう。そして、この翻訳が学問的に十分ではないと感じるようになったら、他の邦訳ではなくドイツ語の原文を読むことをオススメします。
(ラーニング・アドバイザー/哲学 KURIHARA)

▼筑波大学附属図書館の所蔵情報はこちら
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1377576

2012/08/13 01:16

投稿元:ブクログ

ああ、あと六巻...
"対象は認識に従う"は、はじめてちゃんと読むとガツンと来た。
人は生まれながら持っている型のようなモノを頼りに外界と接しているのだろうか。。。

2012/05/07 23:22

投稿元:ブクログ

「わたしたちのすべての認識は経験とともに始まる。」(序論より)
本質を傷つけないように、慎重に慎重に思考を繰り返しているように感じる。

訳者の解説があるおかげでなんとか読める・・・・・・??まだ、1巻。全7巻なのでまだ先は長い。