サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

青空のもと道は別れ(GA文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.3
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: GA文庫
  • サイズ:15cm/461p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-5864-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

青空のもと道は別れ (GA文庫 迷宮街クロニクル)

著者 林 亮介 (著)

第一層と第四層を結ぶゴンドラの設置。それにより探索者の利便性は格段に上がる「はず」だった。だが、設置工事は困難を極める。頼れる仲間に背を預け、その場を切り抜ければ明日があ...

もっと見る

青空のもと道は別れ (GA文庫 迷宮街クロニクル)

745(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「青空のもと道は別れ」が含まれるセット商品

迷宮街クロニクル (GA文庫) 4巻セット(GA文庫)

迷宮街クロニクル (GA文庫) 4巻セット

商品説明

第一層と第四層を結ぶゴンドラの設置。それにより探索者の利便性は格段に上がる「はず」だった。だが、設置工事は困難を極める。頼れる仲間に背を預け、その場を切り抜ければ明日がある探索と異なり、工事では一般人の施工者と現場を長期間護り続けなければならない。一方、迷宮に潜む生物たちも、侵略者の行動を見過ごすことはなかった。手を携え、総力を挙げて探索者に牙を剥く怪物たち。迎え撃ち、その命を絶つ探索者も、ひとり、またひとりと怪物と同じ運命を辿ってゆく。別れ。その二文字を直視しながら、探索者は進み続ける。先にあるのは安らかな眠りか、それとも…。迷宮街が舞台の群像劇、常々完結。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.1

評価内訳

区切りをつける

2010/03/20 21:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 商社の主導でゴンドラを設置して未探査区域への進出を推進することになり、ゴンドラ設置工事の護衛を探索者中心に行うことになった。自分たちに脅威を与える存在が大集団で押し寄せて来れば、洞穴に住んでいる生物たちは排除しようと攻めて来る。この結果、これまではチームごとに潜って狩りをするという性質の戦いが、工事現場の拠点防衛・資材輸送経路の確保のための戦いに切り替わった。このため、特定地点に大勢の敵味方が集結し、工事が完了するまで味方も退却できず、どれだけ犠牲がでても敵が引かないため、大規模な戦争状態となってしまう。
 戦争を専門とする自衛隊は作業員の安全確保のため前線に出れない。探索者は少数の戦闘は得意だが、犠牲を前提として勝利を得る戦争は専門外だ。指揮官の優柔不断さなどの影響もあり、探索者は多くの犠牲を払うことになる。一方、人類の剣と呼ばれる超人たちにも彼らの政治的な事情などもあり、十分な力を発揮することが出来ない。状況を打開するための方策は…。

 迷宮街の探索者たちはビジネスとして洞穴に潜るので、生き残ることが前提だ。自分達が得た経験を提供する代わりに、他者にも彼らの得た経験を知識化し共有することを要求する。このため、生存技術の世代交代が非常に早い。この性質は、人類の剣という一種の武芸者の秘密主義の対極にある。
 これは、シェアウェアとファームウェアの違いみたいだなと思った。例えば、前者はLinuxで、後者はWindowsだ。後者はガチガチの特許に護られて他者が中身をうかがい知れないけれど、そこから得られる利益は独占できる。前者は多くの人が寄って集って様々な発想を加え使いやすくさせていくけれど、利益は得られない。どちらにも一長一短あって、どちらかに頼りすぎると、多様化しない生物のごとく、ウイルス一発で全滅、なんていうこともあり得る。
 結局、何事も頼れば誰かが解決してくれる、という姿勢で臨むのは危険だということで。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/23 00:01

投稿元:ブクログ

取りあえず終わった…なんか良い意味で終わりが見えないな…なんかこう言うEDは好きだなぁ…何かに踏ん切りつけて次に進む…残る人もいっぱいいる…色んな人がいっぱい居る…なんか人生だよなぁ…これ…。

2010/10/30 15:35

投稿元:ブクログ

感無量!!なのにまだこの世界に浸ってたいとゆーか。ありきたりな言葉で申し訳ないけど、すごく面白かった。人生の侘び寂びとか酸い甘いとかごった煮にした群像劇です。…初志貫徹で真壁さん押しですよ?

2014/05/17 08:05

投稿元:ブクログ

恋愛に関しては、キミキスかよ!みたいな終わり方で、「いやいやいやいやいや……いい話風になってるけど、そんなにいい話でもないやろー」と言わせてください。全体的に分厚いですが、RPG好きはたぎると思う。
物語の登場人物であることをやめると決断する人間が主人公であるような物語、その一点だけでも、稀有なストーリーだと言えるでしょうね。

2013/05/13 19:06

投稿元:ブクログ

読み終わったが、結局、最後まで、防弾チョッキ、あるいは、ケプラーを使った防具を使っていなかった。最後になって、自衛隊が銃を使い出したが、初めから使えば楽になるし、それが、だめならば、せめて、弓でも使えば、違うと思うがそれを使わないところがおかしい。更に、未成年者が、あるいは、20代そこそこの若い人が、死亡率30%の場所に入れるわけがない。許可されるわけなく、おかしい。初めのあらすじの状況が奇抜で面白いが、作者の設定、あるいは、話の進め方が無理があって、理屈に合わなくて、リアリティというよりは、荒唐無稽という言葉が正しい。荒唐無稽の前提を現実的な話にする作者の能力が足りない気がします。

GA文庫 ランキング

GA文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む