サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハムレットQ1(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.2
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/181p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75201-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ハムレットQ1 (光文社古典新訳文庫)

著者 シェイクスピア (著),安西 徹雄 (訳)

ハムレットQ1 (光文社古典新訳文庫)

576(税込)

ハムレット Q1

540(税込)

ハムレット Q1

ポイント :5pt / 紙の本より36おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

短くてすっきりとした「ハムレット」。海賊版なのか現実的変更か?

2010/03/22 17:22

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 Q1? シェークスピア劇をかなり好きな人でないとこれはわからないかもしれません。最初に出版された「ハムレット」。かなり短くて他の版との違いも多く、「海賊版か」と言われ続けた「ハムレット」。そう聞くと、なぜそれを翻訳出版?と疑問に思われるかも。でも、「上演された台本の最初の具体例」と考えたら、それなりに納得し、興味をもたれるのではないでしょうか。

 解説からの受け売りですが、「ハムレット」にはF1,Q1,Q2などの古い版があります。その中でも、Q1は上に挙げたような理由から(原著としての研究上は)軽視されてきたそうです。
 読んでみると、確かにとても短い。よく言われる「ハムレットの長い長い台詞」もそれほどではありません。そのせいか、全体がテンポよく流れていきます。
 全体の流れがよい、と感じるのは、構成が整理されてすっきりとしていることもあるのでしょう。「なぜ劇中劇が入るのか」とか「なぜオフィーリアの兄と剣の試合をするのか」とかなどが読んでいてとてもわかりやすくつながっていきます。

 戯曲は演出家の考えや様々の制約により書き加えられたり書き換えられたりするものです。書かれた内容は、そういった手が加わることで新しい輝きを帯びるわけです。ハムレットも例外ではないでしょう。日本でも上演される場合にはあちこち大幅に整理したり、工夫がされていると思います。シェークスピアの時代にも、実際に上演するとしたら、もともとあった「ネタ本」をもとに、切ったりつなぎなおしたり役者に台詞を合わせたり、このQ1のようなやり方が行われていたと考えたらどうでしょうか。もしかしたら、シェイクスピア自身も考案をまとめて「戯曲」としたときから既に、「時に応じて」のアレンジも念頭においていたかもしれない、と考えるのも面白い気がします。この翻訳出版の意図もそのあたりにある感じです。
 シェークスピアが書いたころから、すでにこんな「変形」もあって出版までされた、と思って読むととても面白いです。

 原作と戯曲と上演台本。演劇とは、紙に書かれたお話では終わらないもの、とあらためて感じました。このQ1も現代ならば「○○演出のXX」と演出家の名前をつけて公開されたら納得できるものなのかもしれません。
 臨場感のあるテンポの良いハムレットです。「こっちの方がわかりやすくていい」と思われるかも。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/28 00:28

投稿元:ブクログ

この世のつづく限りは、それがひとの定めというもの。そう思って、もう嘆くのはやめるがよい。人間なら誰しも逃れられぬ運命なのだからな。生あるものは、生まれたその時から、すでに死ぬ定めを負っているのだ。

2011/09/30 22:41

投稿元:ブクログ

シェイクスピアによる改訂がおこなわれる過程の作と言われるQ1(クォート1)版。実はちゃんとハムレット読んだの初めてなんですがかなりカットしてるようで…。それでも物語のもっとも濃いエキスで満たされていました。オフィーリアがいとあはれ;;激しい勢いで狂気に陥ってしまいました…。ハムレットの想いはまったく伝わらなかったようで哀しい。信じていた故か…。4大悲劇にふさわしい、救いようのないラスト。女性が哀しすぎます。

2010/05/05 04:32

投稿元:ブクログ

こういう作品を読んだことがなかったので非常に興味深かったです。
100年以上残る本(作品)というのはその時代の要請だけじゃなくて、人間の不変の部分を描き出しているという話がうなずけます。
このQ1というのは短いバージョンなので、長いものも読んでみたいです。あと、上演してるものも見ようと思います。

2010/07/07 09:27

投稿元:ブクログ

ハムレットの原形とされるQ1。そもそもハムレットを読んだことがなかったのですが、この程度の長さが丁度いいかなって思いました。
Q2、F1はまた内容が異なるということだったので、機会があれば手にとってみようと思います。

''To be, or not to be.''

2014/09/28 08:11

投稿元:ブクログ

【本の内容】
デンマーク王が急死し、王の弟クローディアスが王妃と結婚して王の座に就く。

悲しみに沈む王子ハムレットはある日、父の亡霊と会い、その死がクローディアスによる毒殺だと知る。

ハムレットは狂気を装い、復讐を誓うのだった…。

シェイクスピア四大悲劇、最大の問題作。

[ 目次 ]


[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2011/09/30 10:41

投稿元:ブクログ

断片的に知っていた『ハムレット』
名言To be or not to beや 名画オフィーリアやら、
とにかく上演すると長い長い大作だということなど…。
戯曲で読んでみて。バラバラだった知識が
ちゃんとつながる感じで「なるほどね」と腑に落ちた。

人が人を憎んでアジタートしていく
「痛い様子」はシェイクスピアの時代も今も将来も
国や人種を越えて通用する内容だと思う。
そこの普遍性に気付いて作品の材料できる
眼力がシェイクスピアの才なんだろうなぁ。

『ハムレット』色んなバージョンがある中、
あえてイレギュラーなQ1版を選んでみました。
(ちなみに王道はF1やQ2。Q1は海賊版と言われがち)
単純に他の訳版より短く読みやすそうな字面
だったことで選択したんだけど…。
本編がすごく読みやすい事に加えて
訳者安西徹男さん他Q1版の存在意義への解説が良いです!!!
『ハムレット』を手に取るきっかけになった
コラムで引用の「何を読んでおられるのですか?」の
くだりは「言葉」がトリプルではなくダブルなのが残念だけれど
本編、解説ともに構成がステキな文庫です。

あまりに読み心地がよいので、
うっかり英語版も読めるのではないかと
翻訳前の原典はこちら
http://www.amazon.co.jp/First-Quarto-Hamlet-Cambridge-Shakespeare/dp/toc/0521653908
むむっ(・・;)ペーパーバックのくせに高い!!!
買って まで読むのはやめとこ(笑)

2012/09/10 19:00

投稿元:ブクログ

 あっさり過ぎて読んだ気がしない。

 新潮文庫でも同じことを思ったので、別に古典新訳文庫のせいじゃない。『ハムレット』という作品のもつ魅力がよく分からない。

 あと、特にオフィーリアが謎。
 彼女は何を思って生きていたのか。。。

2011/07/02 03:40

投稿元:ブクログ

先にオペラを観てから読んだので(というかオペラの原作が知りたくて手に取ったのだけれど)、ハムレットの脳内イメージがキーンリーサイドで再現されてしまった。(笑)
ラストシーンで全員死んでしまうのは、悲劇というよりギャグのようだった。むしろハムレットがなにひとつ守るものがない状態で、屍の上の玉座にのぼる方が悲劇的なのではないかと考えてしまった。フランス版オペラを観た影響だとは思うけれど。
脚本なので、最初は読みにくかったけど、慣れてしまうと短時間でするすると読めた。シェイクスピアの他の作品も読んでみたい。

2013/10/24 22:33

投稿元:ブクログ

非常に読みやすかった
古典は、昔は嫌いだったが、最近好きになってきた。
昔嫌いだったからと、読まずにおくのはもったいない

2014/05/09 08:33

投稿元:ブクログ

「友は心して選べ。だが選んだ友は、鋼のたがで心に縛れ」
「みだりに喧嘩をしてはならぬ。だが、、一度始めれば弱みを見せるな。以後、相手が恐れるまでやれ」「身だしなみには、出来る限りの金をかけよ。だが派手すぎてもいかん。人柄はおのずと服装に現れるもの」
byポローニアス

2015/01/06 22:40

投稿元:ブクログ

おぼろげに知っていた話をちゃんと読んでみた。
Q1は最短のシナリオらしく、すぐに読めるが説明不足なのか謎が多く残る。
王妃は何も知らなかったのだからそこまで責めなくてもと
人生半ばの私は思うのだが。
若さ故の純粋さ潔癖さがそれを許せないのだろう。

2015/11/18 21:27

投稿元:ブクログ

定本自体が複数ある事を初めて知った。スピーディで容赦ない展開、そしてオフィーリアの報われなさっぷりが切ない。ハムレットの御乱心もかなり徹底してて、舞台で観たいなぁと思うなど。今度は別の翻訳本と読み比べてみたい。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む