サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 月見月理解の探偵殺人 2

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

月見月理解の探偵殺人 2(GA文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: GA文庫
  • サイズ:15cm/363p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-5935-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

月見月理解の探偵殺人 2 (GA文庫)

著者 明月 千里 (著)

「だから、わたしの共犯者になって、いただけないでしょう、か?」初の前に現れた少女、星霧交喙。彼女の姉、花鶏が初の父の仇であるという。そして、その花鶏を殺すことが目的とも…...

もっと見る

月見月理解の探偵殺人 2 (GA文庫)

691(税込)

月見月理解の探偵殺人2

648 (税込)

月見月理解の探偵殺人2

ポイント :6pt / 紙の本より43おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「月見月理解の探偵殺人 2」が含まれるセット商品

月見月理解の探偵殺人 (GA文庫) 全5巻完結セット(GA文庫)

月見月理解の探偵殺人 (GA文庫) 全5巻完結セット

商品説明

「だから、わたしの共犯者になって、いただけないでしょう、か?」初の前に現れた少女、星霧交喙。彼女の姉、花鶏が初の父の仇であるという。そして、その花鶏を殺すことが目的とも…。時を同じく、理解が再び現れ、彼女も花鶏を捜索中と語る。「仮度捕まえても殺しても現れる不可解な存在、故に“ドッペルゲンガー”という通り名がついている」。花鶏を追う初たちは洗脳心理学者・上坂教授のシェルター“ノアズ・アーク”に閉じこめられてしまう!脱出ゲームの冷徹なルールの中、殺されていく漂流者たち…。閉じこめられた“ノアズ・アーク”の中で、理解の審判がはじまる!「化かし合いは、これからだぞ!」。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

犯人探しの神経戦

2010/05/04 18:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 都築初が所属する放送部に、遥香の友人である星霧交喙(いすか)が入部してくる。無口で無表情で対人アレルギーのイスカが入部した理由は、かつて放送部に所属していた彼女の姉である星霧花鶏(あとり)の痕跡を探すため。そしてアトリは、初の父が自殺した根本原因である産業スパイ事件に関係しているらしい。
 再び登場した月見月理解や、放送部部長である上坂京と共に、アトリの足跡をたどっているうちに行きついたのが、ノアズ・アークと呼ばれる、8つの部屋と8つのカードキーを持つ不可思議なシェルター。彼らは、別にアトリを追ってきた4人の男女と共に、そこに監禁されてしまう。制限時間は9時間、それまでに脱出できなければ毒ガスで殺されてしまう。極限状況に追い込まれる中、8人の中に紛れ込んだアトリを探り出し、無事に脱出することが出来るのか?

 実の妹とは折り合いが悪い初に対して、仲の良い妹のポジションに落ち着きそうなイスカが、今回の事件のキーパーソンとなっている。彼女も理解と同じように聖痕と名付けられた特殊能力もちであり、その能力およびノアズ・アークの脱出ルールと、それらの隙間で繰り広げられる犯人探しの神経戦が後半のメインだ。
 若干、ノアズ・アークの脱出ルールが複雑なのだけれど、読み終わってみると、そのルールと交喙・花鶏の間には象徴的な関係があったような気がするし、彼女の名前にもストーリーの根幹に関係する意味があったように思う。一方で、キリスト教的なネーミングだが、宗教色はない。
 イスカが前面で活躍する時間が長かった分、理解の初いじりは控えめだったかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/13 09:04

投稿元:ブクログ

ちょっと複雑すぎ
どうやってドッペルゲンガーが最初に黒のカードを識別したか
2回目の4人の入室の際、そもそも黒である部屋にあたる可能性は考慮しなかったのか
一周で疑問点はこの2つ、再読はまたいつか

2010/05/28 09:20

投稿元:ブクログ

流石に今作のゲームの基本ルールを理解する
面倒臭さとにやや辟易しつつ読み進める。
余りにもその縛りのあるルールと設定はいかに
絵空事とは言え、若干醒めてしまいます。

さらに異端探偵「理解」の持つ能力はさておき、
今回新たに登場する人物「星霧交喙」も特殊な
能力を持ち...その能力自体が今回のゲームを
解く鍵と足枷になる...とくればゲームありきで
すべてがゲームを成立させる為に強引な設定としか
思えず...。むー。苦戦したー。

苦戦したのに面白く読めるんだから
もう少しシンプルな構図にすればいいのになー。

2010/08/10 12:53

投稿元:ブクログ

また怪しげな事件が起こる。
そこに現れる”ドッペルゲンガー"

なんか、主人公の周りには性格の悪い女性が多いような。
これも女難か……

2010/12/12 09:14

投稿元:ブクログ

ゲームのルールや展開が複雑すぎて普通のペースで読み進めてたら理解が追いつかないです。
トリックのクオリティ高すぎ。悪い意味でw
それでもハラハラ感はあり面白いのだけど、一巻の方が読み物として出来が良い。

2013/02/23 13:37

投稿元:ブクログ

前作の唐突な人狼ゲーム出しました感とは違い、ちゃんとゲームをやっている。
読みづらさはあいかわらずだが、後半にかけてはもりあがる。

2011/11/15 10:21

投稿元:ブクログ

いいね。いいよ、こういうの。”真実”を知りたいか。ほんとに?欺瞞で傲慢な探偵が繰り広げる推理は面白い。こんなのはライトノベルじゃない。

2012/02/09 23:14

投稿元:ブクログ

面白かったけどちょっとルールが複雑すぎかな

それでも内容は好きなタイプだし最後にひっくり返される感じもよかった

あと最後の交喙のイラストも凄く可愛かった

2013/04/04 05:39

投稿元:ブクログ

2巻からはさらに能力系が強くなってますがやっぱり面白かったです。
新しいキャラクターも可愛らしかったですし、そのキャラを生かした話だったのですぐに入ってきてのめりこめました。
あと前作と違って結構生死が近くに感じるのも緊張感があって面白かったです。

2017/02/19 16:25

投稿元:ブクログ

特殊能力持ちの妹系キャラとアホっぽい感じの先輩の登場と、二人の訳ありの秘密とかは結構ありがちのパターンだと思う。
交喙の能力は分かったんだけど、監禁脱出ゲームのルールが全然わからなかった。
ルールが難しいうえに半異能力バトルみたいな感じになっているし。そこだけ残念。
それ以外はおおむね面白かった。
今回の元ネタはインシテミルとかから来ている?
印象に縛られてるだけかもしれないが。

GA文庫 ランキング

GA文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む