サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

貧しき人々(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75203-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

貧しき人々 (光文社古典新訳文庫)

著者 ドストエフスキー (著),安岡 治子 (訳)

中年のしがない下級役人マカールと、天涯孤独な娘ワルワーラ。二人は毎日手紙で励ましあい、貧しさに耐えている。互いの存在だけを頼りに社会の最底辺で必死に生きる二人に、ある日人...

もっと見る

貧しき人々 (光文社古典新訳文庫)

864(税込)

貧しき人々

702(税込)

貧しき人々

ポイント :6pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中年のしがない下級役人マカールと、天涯孤独な娘ワルワーラ。二人は毎日手紙で励ましあい、貧しさに耐えている。互いの存在だけを頼りに社会の最底辺で必死に生きる二人に、ある日人生の大きな岐路が訪れる…。後のドストエフスキー文学のすべての萌芽がここにある。著者24歳のデビュー作、鮮烈な新訳。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

文豪すぎるにも程がある

2012/03/21 14:43

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koo± - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドストエフスキーの処女作です。24歳の時の作品。色々な意味でイタい、そして切ない。この年齢にして中年男の悲哀をここまで描ききるとは。文豪すぎるにも程があります。

先日からトライの海外古典。一口に海外古典といえど、クイーンやクリスティなどのミステリ作品ばかりではありません。久々に純文なんぞも読みたくなりました。光文社古典新訳文庫ならとっつきやすいかなと図書館借り。

貧困にあえぐ19世紀旧ロシア。下位層の人々の日常を舞台に、下級官吏マカールと薄幸の少女ワーレンカの往復書簡で綴られる純愛ストーリー。ロシア・リアリズムって奴ですね。

新訳しかも書簡体のせいか読みやすいです。人物の相関関係が複雑なミステリの方が圧倒的に難解。舞台背景が自分の置かれている現実とかけ離れている分、歯の浮くような台詞も純化され、心に浸透します。

一歩間違えれば中年親父の妄想炸裂。冒頭でも書きましたが、色々な意味でイタく切ない。温度差を感じる二人の関係。特に結末なんて哀れで見てられません。

なんだかんだと美辞麗句を並べ立てるワーレンカですが、彼女の手記で最も印象的だったのは、昔世話をしていたポクロフスキー親子のことを綴った手帳の件。実は全編通じてそこに一番引き込まれました。ポクロフスキー青年への無償の愛をそこはかとなく感じます。皮肉なことに。

●シンクロする心の貧しさ
余談ですが、実はkoo-(マイナス)モードな最近の僕。理由は自己嫌悪。色々読んだり書いたりしているわりには、まるで身に付いていません。若い頃のように思考がドライブしない。元々不得手な記憶力は更に衰退。こうやってブログに向き合うが故に、頭の悪さに打ちのめされる日々。きっと若いころに勉強をしなかったせいでしょう。

もっと気の利いたことを書きたい筈なのに・・・。気ばかりが逸ります。

「ワーレンカ、私は老いたる無学な男です。若いころに学問を身につけ損ね、たとえ今さらあらためて勉強を始めたとしても、何ひとつ頭に入りっこありません。正直なところ、私は文章の達人ではありませんし、もう少し気の利いたことを書こうなんて気を起こしたら、結局、およそ下らないことを書き連ねてしまうことぐらい、他人からあれこれいわれなくても、嘲笑されなくても、よくわかっているんです」(P31)

厄年にこんなの読んじゃあ駄目ですね。本厄に翻訳、なんて笑えません。ともあれ徹底的に自分を卑下する中年男の悲哀がグサグサと突き刺さります。イタすぎるのは僕の方ですね。シンクロする心の貧しさ。



※「です・ます調」レビュー100本ノック。27本目。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/03 19:02

投稿元:ブクログ

2012.02. せっかく長い春休みだし、この機会に「カラマーゾフ兄弟」を読みたいと思っているので、その足がかりに借りてみました。が…、夜寝る前に読む本ではないと思う。とにかく貧しい。貧乏が貧乏を呼ぶという感じ。10代の聡明そうなワーニャと、中年おじさんの往復書簡なんだけど、これが長いし、いろんな意味で暑苦しい。読んでてほとほと疲れました。最後の方で、もしかしてこの文通は全て妄想だったのでは…と、思ってしまいました。

2011/12/17 11:08

投稿元:ブクログ

私も手紙を書くのが好きだし、手紙の中で見せたい私と現実とのギャップに苦しむ人間なので、マカールさんの気持ちが分かるような気がして苦しかった。
言葉ばかりが上滑りして、滑稽な感じがする手紙を書いてしまう。
自意識に苦しめられる人間にはグサグサ来ると思うなぁ。
ロシア文学のあとには芥川を読みたくなるw
年齢的にはワーレンカに感情移入したいのになぁ…w

そういうわけで、書簡体小説は結構好きです。
同時性はないけれど、一気にドラマが動くことがあるので、そこに一気に興味がいく。
原文は全くわからないけれど、ワーレンカとマカールさんの文体にそれぞれの性格や教養がよく出ていて、面白い訳だった。
同じ訳者さんの地下室の手記は挫折中ですけども。
訳者あとがきに書いてあった、マカールさんの自演説、面白いけど、そうするとだいぶ趣が変わっちゃうよなぁ…。
マカールさんは教養人になってしまうし、そもそもそれはドストエフスキー自身の位置なわけで。

あとポクロフスキー萌え…

2012/05/13 17:15

投稿元:ブクログ

以前、新潮文庫版で読んで以来の再読。ドストエフスキー文学のモチーフがそこかしこに散りばめられているデビュー作。悪くはないが、その後の作品と比べるとやはり薄味。

やはり、これからドストエフスキー読むなら「罪と罰」以降の大作から読んだ方が良いと思う。
厚かろうが薄かろうが、読み始めたら一気に読んでしまうことにおいては、どの作品も同じだし。

2011/04/29 19:36

投稿元:ブクログ

ワルワーラの健気さと聡明さが光っていた。

ともすれば悲しい物語なのですが、人生の一時期だけでも、心から尊敬しあう相手がいた彼らは幸福な存在だったのかもしれない、と思った。
そんなことは当人には慰めにもなりませんけどね。

2017/01/14 04:16

投稿元:ブクログ

どんなに辛いときでも、声を掛け合える人がいると頑張れるよね。落ち込んでるときには遠慮して人と距離をおきがちな自分にとっては羨ましい限り。手紙でなら、暗い姿を見せずにすむし、距離感もはかりやすいかもしれないな。

2010/10/24 01:09

投稿元:ブクログ

ドストエフスキーの処女作。手紙という当時の文壇のはやりの手法を使っている。すぐそばに住みながら手紙という手段によってやり取りをするマカールとワルワーラ。現在のメールでの交際に通じるところがあるかもしれません。貧しい二人が、何とか日々のやりくりしながら生きている姿が、伝わってきます。生まれ育った環境から抜け出せずにもがき苦しみながらも、その大きな流れに流されてしまう。ドストエフスキーの代表作の罪と罰に通じる部分が随所に見られました。よく作家の処女作にはその後の活動における萌芽がみられると言いますが、まさにその通りの印象でした。

2010/12/05 02:01

投稿元:ブクログ

ドストさんのデビュー作。
神からも人からも裏切り続けられ、それでも大事なのは人との絆なのだと、後の傑作群に繋がるさまざまなモチーフの萌芽が確かにここにある。

2011/02/22 14:58

投稿元:ブクログ

貧しいって切ないなぁって感じました。

でもどんな状態でも人間ってものは、尊厳があるし恥ずかしさとか、そういう感情ももちあわせているはず。

そしてそういう人間らしい気持をとどめていられるのはやはり人とのつながりとか、そういう支えになる誰かなのかなって。

でなければ人間、貧しさに負けちゃうのかもしれない。

2011/08/14 00:16

投稿元:ブクログ

主人公の男が若い女の子に貢ぐ話(ざっくり)。

男が体よく利用されているように感じるのは、私が歪んでるのか?

この作品ではドストエフスキーがまだ若い感じ。

2012/10/15 21:40

投稿元:ブクログ

おいココで終わるのか!という。きになるきになる!マカール・ジェーヴシキンとワルワーラ・ドブロショロワ。ポクロスキーいいな。珍しい、普通に良い人だ。でもまだテーマがそれほどの広がりを持ってないところが初期ってことか。

2011/09/12 08:39

投稿元:ブクログ

貧しい役人のマカールと聡明な少女ワーレンカとの往復書簡の形で描かれる、ドストエフスキーの処女作である。
マカールが、ワーレンカとの手紙のやり取りや文学に触れることを通じて、文章力が上がっていく描写が好きだった。
時に笑える描写も交えられており、スラスラと読める良書である。

2012/06/12 11:20

投稿元:ブクログ

ドストエフスキーの処女作。二十五歳。
書簡体小説。手紙のやりとりの中で貧困・生きるために大切なことを表現している。ただ、現代でいうと人のメールのやりとりを眺めているような感覚です。深いと感じる事は難しいかもしれませんね。当時だからこそ賞賛されたのでしょう。

中年のしがない下級役人マカールと、天涯孤独な娘ワルワーラ。二人は毎日手紙で励ましあい、貧しさに耐えている。互いの存在だけを頼りに社会の最底辺で必死に生きる二人に、ある日人生の大きな岐路が訪れる。

2014/02/19 17:20

投稿元:ブクログ

この世界で貧しいことの一番の辛さは、自分の価値までもを経済の中に入れて勘定せざるを得ないことだ。フリルが何だ!と言いながらフリルを買えない自分を呪う。彼女のことをよく知っていながら、フリルのために嫁にいってしまうのだと感じる。そして実際彼女はフリルのために、ではないにせよほとんどお金のために嫁いでしまう。でも、それでどうして彼女を責められよう?お金がなければ生きていけないのだ。

2013/11/14 12:45

投稿元:ブクログ

暗い気持ちになりたくない方にはおすすめできません。
社会の最下層で貧しくひもじい思いをしながらもお互いを手紙で励まし合う物語…とにかく救いがありません。

カラマーゾフや罪と罰等の長編も良いですが、こちらの処女作もドストエフスキー好きとしては外せません。