サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

貧しき人々(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75203-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

貧しき人々 (光文社古典新訳文庫)

著者 ドストエフスキー (著),安岡 治子 (訳)

中年のしがない下級役人マカールと、天涯孤独な娘ワルワーラ。二人は毎日手紙で励ましあい、貧しさに耐えている。互いの存在だけを頼りに社会の最底辺で必死に生きる二人に、ある日人...

もっと見る

貧しき人々 (光文社古典新訳文庫)

864(税込)

貧しき人々

702 (税込)

貧しき人々

ポイント :6pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中年のしがない下級役人マカールと、天涯孤独な娘ワルワーラ。二人は毎日手紙で励ましあい、貧しさに耐えている。互いの存在だけを頼りに社会の最底辺で必死に生きる二人に、ある日人生の大きな岐路が訪れる…。後のドストエフスキー文学のすべての萌芽がここにある。著者24歳のデビュー作、鮮烈な新訳。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

文豪すぎるにも程がある

2012/03/21 14:43

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koo± - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドストエフスキーの処女作です。24歳の時の作品。色々な意味でイタい、そして切ない。この年齢にして中年男の悲哀をここまで描ききるとは。文豪すぎるにも程があります。

先日からトライの海外古典。一口に海外古典といえど、クイーンやクリスティなどのミステリ作品ばかりではありません。久々に純文なんぞも読みたくなりました。光文社古典新訳文庫ならとっつきやすいかなと図書館借り。

貧困にあえぐ19世紀旧ロシア。下位層の人々の日常を舞台に、下級官吏マカールと薄幸の少女ワーレンカの往復書簡で綴られる純愛ストーリー。ロシア・リアリズムって奴ですね。

新訳しかも書簡体のせいか読みやすいです。人物の相関関係が複雑なミステリの方が圧倒的に難解。舞台背景が自分の置かれている現実とかけ離れている分、歯の浮くような台詞も純化され、心に浸透します。

一歩間違えれば中年親父の妄想炸裂。冒頭でも書きましたが、色々な意味でイタく切ない。温度差を感じる二人の関係。特に結末なんて哀れで見てられません。

なんだかんだと美辞麗句を並べ立てるワーレンカですが、彼女の手記で最も印象的だったのは、昔世話をしていたポクロフスキー親子のことを綴った手帳の件。実は全編通じてそこに一番引き込まれました。ポクロフスキー青年への無償の愛をそこはかとなく感じます。皮肉なことに。

●シンクロする心の貧しさ
余談ですが、実はkoo-(マイナス)モードな最近の僕。理由は自己嫌悪。色々読んだり書いたりしているわりには、まるで身に付いていません。若い頃のように思考がドライブしない。元々不得手な記憶力は更に衰退。こうやってブログに向き合うが故に、頭の悪さに打ちのめされる日々。きっと若いころに勉強をしなかったせいでしょう。

もっと気の利いたことを書きたい筈なのに・・・。気ばかりが逸ります。

「ワーレンカ、私は老いたる無学な男です。若いころに学問を身につけ損ね、たとえ今さらあらためて勉強を始めたとしても、何ひとつ頭に入りっこありません。正直なところ、私は文章の達人ではありませんし、もう少し気の利いたことを書こうなんて気を起こしたら、結局、およそ下らないことを書き連ねてしまうことぐらい、他人からあれこれいわれなくても、嘲笑されなくても、よくわかっているんです」(P31)

厄年にこんなの読んじゃあ駄目ですね。本厄に翻訳、なんて笑えません。ともあれ徹底的に自分を卑下する中年男の悲哀がグサグサと突き刺さります。イタすぎるのは僕の方ですね。シンクロする心の貧しさ。



※「です・ます調」レビュー100本ノック。27本目。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/03 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/17 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/13 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/29 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/14 04:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/24 01:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/05 02:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/22 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/14 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/15 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/12 08:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/12 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/19 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/14 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る