サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 未来を変えるためにほんとうに必要なこと 最善の道を見出す技術

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

未来を変えるためにほんとうに必要なこと 最善の道を見出す技術
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: 英治出版
  • サイズ:20cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86276-081-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

未来を変えるためにほんとうに必要なこと 最善の道を見出す技術

著者 アダム・カヘン (著),由佐 美加子 (監訳),東出 顕子 (訳)

リーダーシップ、組織開発、マネジメント、コーチングなど、多分野で関心が高まるほんとうに有効な「変化の起こし方」とは? 対話を通した新たな未来創造のプロセスを支援する第一人...

もっと見る

未来を変えるためにほんとうに必要なこと 最善の道を見出す技術

1,944(税込)

未来を変えるためにほんとうに必要なこと ― 最善の道を見出す技術

1,944 (税込)

未来を変えるためにほんとうに必要なこと ― 最善の道を見出す技術

ポイント :18pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

リーダーシップ、組織開発、マネジメント、コーチングなど、多分野で関心が高まるほんとうに有効な「変化の起こし方」とは? 対話を通した新たな未来創造のプロセスを支援する第一人者からのメッセージ。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

民族問題や貧困問題な...

ジュンク堂

民族問題や貧困問題など世界的な問題のファシリテーターとして活躍する著者の話だが、一般人の日常においても示唆に富む内容。物事を進めるのに愛(というと少し違和感があるけど、和という感じか)と力のバランスが肝要というのには深くうなずける。
職場で仲良くすることを優先して本来必要な改革ができなかったり、あるいは自分の理想を追っているうちに周りがついてこなくなってしまったりといえば心当たりがある人は多いだろう。
愛か力かどちらかに偏って、行き詰ってしまいがちな我々にとって、そのバランスのことを意識するだけでも状況を打開する糸口になるだろう。完全なる解決策は恐らくないのだろうが、失敗を重ねながらより良い道を学びとってきた著者の姿勢こそが勇気を与えてくれる。

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.8

評価内訳

2010/12/02 13:02

投稿元:ブクログ

2014年94冊目。(再読)

「愛なき力は暴力であり、力なき愛は無力である。」というキング牧師の明言がこの本の趣旨を一言で伝えている。
力とは「自己実現への衝動」であり、愛とは「統合への衝動」である。
両者のバランスが取れた時に、その力は生成的となり、
どちらか片方に大きく傾いた時に、その力は退行的となる。
両の脚を交互に出すことで歩くように、よろめきながらも常に両方の力を均衡させようとするプロセスの積み重ねによって、組織に建設的な変化をもたらす。
著者は南アフリカの民族和解を始めとする世界的なファシリテーター・オーガナイザーであり、数々の難題である事例への挑戦から導きだされた結論には大いに説得力がある。
素晴らしい良書。
====================
2010年12月2日(初読)

2012/06/19 17:38

投稿元:ブクログ

「力」と「愛」、というのが表題に対する著者の解答なのですが、
著者の問題解決ファシリテーターとしての活動を通じた
それぞれの二面性に対する考察は胸に迫ります。
(さわ)

2010/04/23 13:53

投稿元:ブクログ

アダムのセミナー「power&love」でプレゼントとしてもらった。
格別に目新しいことが書いてあるわけではないが、紛争解決の現場における現実について、パワー(自己実現)とラブ(全体最適?)の視点から分析し、試行錯誤を繰り返しながらでも、前進していくことの大切さが書かれている。
組織開発のような集団の変容を促す活動においても、1mmでも前進することから初めていければいいのだと共感した。

2010/08/17 07:11

投稿元:ブクログ

数々の国家プロジェクトに絡んだファイリエーターを務めた著者が著した本。
物事の問題を解決し、ものごとを進めていくのには「力」と「愛」のバランスが必要であることを説いています。
抽象的な内容で、やや読みにくいですが、そういう本を解読するのもたまにはいいかも知れません。

2010/05/30 16:03

投稿元:ブクログ

<購入>

さらっと読んだけれども、自分にとってはそれだけではとても理解できない内容だった。
何度も読み返さなければならない。

2011/04/28 16:42

投稿元:ブクログ

愛と力のバランスとか、言っていることは最もだと思うし、やってることの規模も大きくてすごいとは思うのだけれども、どこかこのダイアログ系には特有の胡散臭さを感じてしまう。。。

2013/06/04 00:53

投稿元:ブクログ

「力」と「愛」について。

まだピンときていませんが。。
「自分が!」の「力」と、「みんなで〜」の「愛」が、バランスよく組み合わさった時に、素敵な変化が訪れるのだろうな、ということがわかりました。

きっと、経験を重ねてから再読したら、また新たな気付きに出会えるのだろうと思います。その日を楽しみにしていよう。

2010/07/08 14:30

投稿元:ブクログ

原題"Power and Love: A Theory and Practice of Social Change"有隣堂でパラパラ見たところ、訳の質は良さそう。訳語のフリガナに原語をあてている(統一性と書いてユニティ、など)点が、原著のニュアンスを尊重した工夫とみえる。

2010/10/16 19:29

投稿元:ブクログ

力と愛の両立について、いろいろと事例を紹介しながら説いているが、内容が抽象的、観念的で、実感を持って理解することができなかった。自分には実践できそうもない。

2011/04/13 11:30

投稿元:ブクログ

Power and Love との原題にあるように、この2つの力を意識しないと本当に大切なことを見落とすと感じます。
また、一人のファシリテーターの実践と学びに触れ、葛藤や苦悩の体験から逃げてはいけないと勇気をいただきました。

2015/06/08 22:09

投稿元:ブクログ

著者が世界中で携わった濃密なファシリテーション経験から導き出した極めてシンプルな「愛と力」という枠組に、今自分に足りないものをリアルに突きつけられた気がした。組織で問題解決に携わる全ての人が読むべき本。

2011/02/25 07:40

投稿元:ブクログ

世界のために、世界の人たちといっしょに働くとはどういうことなのかを学びたくて、読んでいる。

カヘンは、南アフリカを始め世界50ヵ国以上で教育、環境、紛争、食糧問題など社会問題の変革を支援する仕事をしてきたプロジェクトデザイナー。この本は華々しい成功物語ではなく、彼がプロジェクトを進める中で発生した葛藤や苦悩について率直に語っている。

◆学んだところ
○プロジェクトを成功させるためには、なにが必要なのか?
愛(統一の衝動)と力(自己実現の衝動)を統合する力を身に着けること。
このテーマによって、本書は貫かれている。

○愛とはなにか? 力とはなにか?
カヘンは、神学者パウル・ティリッヒの定義を紹介する。

力とは、「生けるものすべてが、次第に激しく、次第に広く、自己を実現しようとする衝動」である。言い換えれば、力とは、自分の目的を達成しようとする衝動、仕事をやりとげようとする衝動、成長しようとする衝動である。 (P26)

愛とは、「切り離されているものを統一しようとする衝動」である。言い替えれば、愛とは、ばらばらになってしまったもの、あるいはそう見えるものを再び結びつけ、完全なものにしようとする衝動ということになる。 (P26)

これって華厳のいう「因(自分の中の原因=力)」と「縁(外からの原因=愛)」の関係? 2つの作用は別のエネルギーによって発生し、同時に存在できない。

○「転ぶ」「よろめく」「歩く」の3段階モデル?
やはり同じことを言っているようだ。解決のヒントも教えてくれる。これが「同体」と「異体」の「相入相即」を示した「倶存無礙」ということ?

「対象的な価値観が非常に対立しているように見えるのは、今ある一瞬に両方が提示されるからだ。現実には、時間はこうした対照に折り合いをつけるものなのである」 (P101 ケンブリッジ大学のマネジメント研究者、チャールズ・ハムデン=ターナーのジレンマ研究よりカヘンが引用)

力と愛の両方を発揮するには、二本の脚で歩くことに似ている。

分断すれば転んでしまう。力が愛より強ければ、あるいはその逆であれば、危なっかしくよろめいてしまう。二つの現象が一つになるようにバランスをとり、力と愛の間を行ったり来たりできるようになれば、滑らかに歩ける。 (P102)

○「転ぶ」ケースはどうするか?
カヘンは、インドで行った子どもの栄養不足低減プロジェクトでの失敗を例に説明する。

私たちは、関係者とともに、自分たちの状況を問わなければならない。

・ここでは力はどこにあるのか?
・個々の担い手(自分も含め)は何を実現したがっているのか?
・個々の立場、ニーズ、利害はどのようなものだろうか?
・だれがどんな種類の「する力」と「させる力」を行使しているのか?
・だれの発言が重視され、だれの発言が軽視されているのか?
・ここでは愛はどこにあるのか?
・担い手たちはどのように分断されているか?どのように統合されているか?
・無理に再統���させられているものがないか?
・強制されていないのに結束が保たれているものはないか? (p128 )

○「よろめく」ケースは?
カヘンは、イスラエルのプロジェクトを例に説明している。このプロジェクトは、パレスチナとの和平のために、イスラエル社会の断絶を解決することが近道として進められたもの。

○「歩く」ケースは?
世界食糧システムの持続化を目指す「サスティナブル・フード・ラボ(SFL)」プロジェクトでの創発的なアプローチを例に、C オットー シャーマーのU理論を引用しながら教えてくれる。

ともに現実を知る・・・共センシング
ともに可能性に気づく・・・共プレゼンシング
ともに未来を作る・・・共リアライジング

○よどみなく「歩く」ためには練習が必要?
ある意味で創造的な姿勢とは「中身を少なくして目的は多くする」ことだとジェフ(カヘンのパートナー)は言う。この姿勢は、新しい社会的現実の共創に欠かせない。なぜなら、私たちはこの仕事に参加し、積極的に取り組まなければならないが、行動の結果は予測もコントロールもできないからだ。 (P223)

上記は気になる考えだが、意味がまだよくわからない?
余計なものは捨て去れということか?

少しずつ力と愛の両方を意識し、両方に向き合うようになり、その結果、二つが重なりあい、両者の分裂が修復されていけば、歩き方は身についていく。力と愛は本質的にひとつのものであり、お互いにエネルギーを与え合い、現実しあう。 (P227)

◆次に学びたい人
U理論のC オットー シャーマー
力と愛の定義として引用された神学者のパウル・ティリッヒ

2013/09/01 19:13

投稿元:ブクログ

Power and Love:
A Theory and Practice of Social Change ―
http://www.eijipress.co.jp/book/book.php?epcode=2081

2012/12/01 17:29

投稿元:ブクログ

普段あまりこういった自己啓発本は読まないのだけれどラオスの食堂でたまたま置かれていたのを読んで続きが気になり購入。
仕事やプライベートなど普段の生活でもよく見受けられる力と愛の対立。もっと自分を押し出せばよかった、もっと相手のことを考えて引けばよかったなどの事はどちらかに偏っては駄目でバランスよく使い分けることが必要だと説いている。
テーマはおもしろかったが若干抽象的な結論でしっかりと自分におちては来なかったような気がする。
とはいえこういったことは常に意識していなければならないし今よりもまともな人間を目指して前進していこうと思った。

2012/01/28 22:52

投稿元:ブクログ

原書のタイトルが『Power and Love』といって、冒頭のキング牧師の引用が、この本のすべてを語ります。

愛なき力は暴力であり、力なき愛は無力である。
ーキング牧師

よくこの対決を日常の至る所で目にします。感情論に訴えて具体的な解決策が見いだせなかったり、やったら強引に物事を進めようとして、関係者の気持ちを無視してみたり、さもすると、ナイーブな感情論というくくりの『愛』と、ギラギラした出世欲丸出しの自我としての『力』の対決の構図になりがちですが、本書はまったく新しいコンセプトを提示します。

愛と力は二者択一する選択肢なのではなく、そのバランスを保つことが重要だと。

そう考えたのは始めてだったし、必ずどちらかの傾向が強い人同士の闘いという構図を見慣れてきたので、まさかバランスを取ることが重要、それも個人の中でと言われると結構ハッとします。

その他には、

・誰もひとりでは何もできない。あらゆる問題の鍵は、人と人の関係にある。

・他者と共感しあうだけでは不十分だ。他者とともに成長しなければならない。

・何か問題があるときは、自分自身もその問題の一部である

・ものごとを力と愛という枠組みでみると、新しい視野が開けてくる

そして一番ぐっときたのは

・リーダーシップとは未来を創造することである

そもそも内容自体が抽象的なのと、具体例を示すケーススタディが、かなり高度な政治的な問題が多かったりするので、なかなか親近感が沸かなかったりと、若干本の内容と距離を保つのが難しい内容ですが、飛ばして読み進めても、上記のような力強い言葉が、必ず目に入ってくるので、諦めず最後までページをめくり続ける価値はばっちりあります。

スキルとしての「マネージメント」にとどまらない、真のリーダーシップとは何ぞやという、かなり骨太な内容です。それを愛というナイーブな文脈で語る切り口は、他には出会ったことがなく、かなりインスピレーションが湧く内容となりました!!

俳句・連歌 ランキング

俳句・連歌のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む