サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 未来を変えるためにほんとうに必要なこと 最善の道を見出す技術

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

未来を変えるためにほんとうに必要なこと 最善の道を見出す技術
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: 英治出版
  • サイズ:20cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86276-081-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

未来を変えるためにほんとうに必要なこと 最善の道を見出す技術

著者 アダム・カヘン (著),由佐 美加子 (監訳),東出 顕子 (訳)

リーダーシップ、組織開発、マネジメント、コーチングなど、多分野で関心が高まるほんとうに有効な「変化の起こし方」とは? 対話を通した新たな未来創造のプロセスを支援する第一人...

もっと見る

未来を変えるためにほんとうに必要なこと 最善の道を見出す技術

1,944(税込)

未来を変えるためにほんとうに必要なこと ― 最善の道を見出す技術

1,944 (税込)

未来を変えるためにほんとうに必要なこと ― 最善の道を見出す技術

ポイント :18pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

リーダーシップ、組織開発、マネジメント、コーチングなど、多分野で関心が高まるほんとうに有効な「変化の起こし方」とは? 対話を通した新たな未来創造のプロセスを支援する第一人者からのメッセージ。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

民族問題や貧困問題な...

ジュンク堂

民族問題や貧困問題など世界的な問題のファシリテーターとして活躍する著者の話だが、一般人の日常においても示唆に富む内容。物事を進めるのに愛(というと少し違和感があるけど、和という感じか)と力のバランスが肝要というのには深くうなずける。
職場で仲良くすることを優先して本来必要な改革ができなかったり、あるいは自分の理想を追っているうちに周りがついてこなくなってしまったりといえば心当たりがある人は多いだろう。
愛か力かどちらかに偏って、行き詰ってしまいがちな我々にとって、そのバランスのことを意識するだけでも状況を打開する糸口になるだろう。完全なる解決策は恐らくないのだろうが、失敗を重ねながらより良い道を学びとってきた著者の姿勢こそが勇気を与えてくれる。

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.9

評価内訳

2010/12/02 13:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/19 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/23 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/17 07:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/30 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/28 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/04 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/08 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/16 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/13 11:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/08 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/25 07:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/01 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/01 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/28 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

俳句・連歌 ランキング

俳句・連歌のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む