サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

羽月莉音の帝国 2(ガガガ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: ガガガ文庫
  • サイズ:15cm/339p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-451200-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

羽月莉音の帝国 2 (ガガガ文庫)

著者 至道 流星 (著)

俺たちの部費は420億円にまで増えていた。16歳の羽月巳継(=俺)は世界最年少で上場企業の社長となったのだ。何を言っているのかわからねーと思うが…俺だってこんな肩書きに実...

もっと見る

羽月莉音の帝国 2 (ガガガ文庫)

679(税込)

羽月莉音の帝国2(イラスト簡略版)

378 (税込)

羽月莉音の帝国2(イラスト簡略版)

ポイント :3pt / 紙の本より301おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

羽月莉音の帝国2

670 (税込)

羽月莉音の帝国2

ポイント :6pt / 紙の本より9おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

俺たちの部費は420億円にまで増えていた。16歳の羽月巳継(=俺)は世界最年少で上場企業の社長となったのだ。何を言っているのかわからねーと思うが…俺だってこんな肩書きに実感ないんだよ!記者会見を乗り切り、やっと手にした1週間の休暇。のはずが、俺たち革命部はアメリカで軍事訓練をするハメに!?革命するには戦争に勝たねばならない、とは聞いていたが…その発想はなかった。そして帰国後、間もなく沙織に訪れるピンチ!どうしてこう、次から次へと!史上最大最速にしてもっとも危険な部活動、第2幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

のるかそるかの大博打

2010/12/23 20:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 コスプレイヤーの写真撮影サポートというニッチな市場をターゲットにしていた株式会社革命部は、東証二部上場の速水半導体工業を傘下に納め、1to1カスタマイズの衣料流通システム「おりおんクローズ」の立ち上げを企画し、衣料流通のメインストリームに乗り出していく。
 しかしそんな時、望ますに革命部のエースとなった折原沙織の父が経営する中堅広告代理店・銘広社が広域暴力団東丈会のフロント企業にひっかかり、倒産寸前の状況になってしまう。仲間を助けるため、羽月莉音はどう立ち向かうのか?

 1巻は会社立ち上げの話だったけれど、2巻では、革命を見据えて領土を探したり、軍事訓練を受けたり、裏社会と対立したり、そしてトップを取るために大企業と立ち向かったりする。
 莉音に祭り上げられた巳継は、史上最年少の上場企業の社長としてマスコミにもてはやされてしまい、その一挙手一投足が注目される始末。しかし、莉音の鉄拳制裁を恐れてということもあるが、仲間を守るために根性で踏ん張るのだ。

 そして株式会社革命部に訪れる絶体絶命の大ピンチ。ここを無事に乗り切れるのか、それとも社会的に抹殺されてしまうのか。そんな、剣も魔法もない、金融技術を駆使した戦いが繰り広げられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/29 16:25

投稿元:ブクログ

一巻で飛ばしすぎたのでやや小休止の感。
ただ、どうなるか気になる。
相変わらず至道さんの作品は脱線が少ない。
ラノベ向きではないんだろうな。

ただ、起業・経営の部分は実感がこもってて面白い。

あと、オリオリは正義。

2012/10/27 21:43

投稿元:ブクログ

革命部,上場.
そして世界初の高校生にして上場企業の社長が誕生.
が,ここまでの話.

で,今回はヤクザとガチバトル.
そして逆買収の危機.
M&Aを仕掛けてTOBしてたらパックマンディフェンスで,ということですよ.
果たしてこの勝負は勝つことが出来るのだろうか.

それはそうとして,恒太がウザすぎる.
こいつほんとうに必要か?
中二病すぎるだろ,何が言いたいかもわからんし.
沙織ちゃんはアレだ.
わかりやすいラブラブ光線を出しきれずにいる感じ?
中途半端にモゴモゴなって誤魔化して(以下略).

革命部の発展に期待.

2011/02/11 08:17

投稿元:ブクログ

2011年13冊目
手を組めないなら買収しちゃうという発想が基本なのかと思うこの巻。

この巻では買収戦は途中までしか進展しないので注意

2012/11/26 23:57

投稿元:ブクログ

激流w
vs暴力団、大企業へのM&A、なにがなんだかもう
日常感覚も金銭感覚も麻痺しまくりであるw
3巻に続く。

2011/03/19 13:53

投稿元:ブクログ

201103
一巻が起業メインとすると
二巻はM&Aメイン。

証取法違反な作戦が多いが、まーいいか。
(暴力団に買収ターゲットの株式を買わせて暴落させたり)

TOBは成立するまでキャッシュ不要というのが意外な発見、
だが、
資金の裏づけがないのにTOB価格を上げ続けるのはさすがにまずいよね?

2013/01/09 00:14

投稿元:ブクログ

スケールでけぇ・・・。
桁が多すぎて、いろいろ麻痺してくる・・・。
でも、話がまっすぐ進んでて、なかなかに面白かった。
次巻でどう起死回生の一発をもってくるのか気になる。

2011/05/24 10:44

投稿元:ブクログ

1巻の起業メインの話から一転、今回はPMC(民間軍事会社)での戦闘訓練から始まる。
途中、沙織の父親の会社を暴力団の詐欺から救うエピソードも挟まってビジネス色が薄れるけど、これらは全部今後の伏線になってました。

そして今回の見せ場の巨大衣料品メーカー・アクアスとの買収合戦に。
TOB、ゴールデン・パラシュート、ホワイトナイトといったおよそ普通のラノベではお目にかからない単語がぽんぽん出てくるけど、その都度簡潔に解説されてるし一つ一つがラノベらしくわかりやすい事例に当て嵌められていくのでとってもわかりやすい。

それにしても沙織がいい子すぎてずるいw

2011/12/06 20:02

投稿元:ブクログ

1巻よりはちょっと落ちるけど、なかなか面白い。
欲しいものは買っちゃえば良いじゃないというわけで、
M&Aなんかが出てきます。反社会的組織も出てきたり。
でも区切りいいとこで終わらず、次の巻に続く。

344頁

ガガガ文庫 ランキング

ガガガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む