サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.5
  • 出版社: 経済界
  • サイズ:19cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7667-8465-7
  • 国内送料無料

紙の本

「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!

著者 斉藤 俊行 (著)

「定期預金」だけで生活は守れない! 国も会社も当てにできない! マネー知識、資産ゼロのサラリーマンが、倹約・貯蓄・運用の3ステップで、「50歳までに3000万円つくる」法...

もっと見る

「投資信託にだまされるな!」にだまされるな! 従来の「10年ほったらかし分散投資」はダマされて当たり前!

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「定期預金」だけで生活は守れない! 国も会社も当てにできない! マネー知識、資産ゼロのサラリーマンが、倹約・貯蓄・運用の3ステップで、「50歳までに3000万円つくる」法を伝授する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価2.2

評価内訳

2013/08/25 19:55

投稿元:ブクログ

斜め読み。いかにして貯蓄するかについて言いたいことを言ってるだけ、と言ったイメージ。投信の知識拡充には向いていない。

2011/09/25 19:41

投稿元:ブクログ

投資信託に騙されるな…あれ、タイトルと内容が違うぞ…(´・ω・`)

投資や資産運用、税制、保険などをそのヒトの資産残高や目的から解説している本です。そう言った目的として言えばまぁ悪くない本だったとは思いますが、投資信託に関しては何も新しいことは言っていません。

積立て投資、アセットアロケーション、通貨、債権、株式、コモディティ、不動産、ローン、保険などをトータルに考えた投資を斡旋しています。と言う意味では、投資初心者にはむしろオススメの本です。

2010/05/04 00:34

投稿元:ブクログ

考え方は、非常に参考になりました。現場の考えがわかりました。ただ、具体的な投資信託の名前を出してもらいたかったです。

2011/09/23 15:48

投稿元:ブクログ

C0033 他のタイトルなら評価も違ったのですが、ただの投信推奨本です。貯金、預金、預貯金と表記が揺れていることからして、胡散臭いです。初心者向けなのですが、これを読んで投資信託を始められるか、といえば無理というより危険ですよね。最低でも山崎元氏の本を読んでからでしょう。「売りたい物を売る」という販売側の思惑がすっぽりと抜けています。

2011/03/09 16:41

投稿元:ブクログ

基本的なことが説明されており、わかりやすいです。著者の考え方が強く現れている部分もありますので、他の本も読んでから投資信託をはじめることを推奨します。

投信のポイントはコストだと思います。コストより大きなリターンを出す投信があれば、それに投資すればいいのではと考える方がいるかもしれませんが、コストは確実でリターンは不確実です。常によい成績をあげ続けることは不可能です。確実にマイナスとなるコストを抑えることが投信選びの基本となります。また、投信でノーロードであればつみたて投資が可能です。タイミングを見極めながら投資を行うより、はるかに投資に費やす時間を削減できます。したがって、自分に投資できる時間をつくることができ、有効に時間を活用できます。さらに、つみたて投資はマイナス回避に効果があります。(その分プラス側も抑えられてしまいますが。。。)

2012/01/04 21:31

投稿元:ブクログ

昔読んだ『「買ってはいけない」は買ってはいけない』をどことなく思い出した。
書いてあることは割とまともというか基本に忠実なので、なぜこのような挑戦的なタイトルを付けたのか分からない。

2011/12/11 12:04

投稿元:ブクログ

10年ほったらかし分散投資はだまされて当たり前、実践派FPが年代別・資産別見直し術を説く本

反証本も読んでみようと思って読んでみたのですが。。
うーん、この人本当に「投資信託にだまされるな!」を読んだのでしょうか?
あの本は投資信託自体は否定しておらず(というかむしろ薦めている)、販売会社にだまされるなと言っています。

この本はタイトルは「「投資信託にだまされるな!」にだまされるな」ですが、はっきりいって内容的には「投資信託にだまされるな!」そのものに近い。
こちらの著書は販売している立場ということで反証?されているようですが、信託報酬がかかるのはプロに頼む以上当たり前ということはそもそも元本でも否定されてないんだけど。。。。
なんでこんなタイトルになるのか、マジで読んでないのか、単なるコバンザメ商法なのか。。。。いずれにしてもこの時点でダメじゃん判定。
ということで、こっちよむなら元本読んだほうがいいというのが私の感想。

FPとして数千人の資産形成をしてきたという事なので実績はお持ちなんでしょうが、○○のタイプは○○が多かったように思われる、など、ぼやっとした感覚論が語られていたりで、それも??と思った点。

本って立ち読みするならともかく、これくらいのボリュームだとそれも現実的じゃないんで、タイトルが内容を判別する唯一の手段。
読み終わって、タイトルが内容とあってないもの、はそもそもダメ、だと思うな。

2011/10/19 04:51

投稿元:ブクログ

ファイナンシャルプランナー(FP)にも色々あるそうで、この本を書かれた斎藤氏は実践派FP(=自分でアドバイスしたことをもとに実際に自分でも投資している) のようです。

「コンサルタントは自分で実際にやらないからコンサルタントでいられるのだ!」とまことしやかに聞かれることがありますが、FPもそうなのでしょうか。とにかくこの本は類似本とは異なり、本人も実践して推奨できる内容が書かれていると思っています。

最終的には低金利の預金を数種類の投資信託に分散させるとのことですが、為替も目まぐるしく変わっている中で果たして5年後や10年後に増えているのでしょうか。

少々不安にはなりましたが、1・2章に書かれていた「心構え」については十分に参考になりました。投資を実践するために必要なタネ銭を確保するためにも、人生の3大支出(家、クルマ、教育)をどうするか、「50歳までに3000万円を目標にすべき」という具体的な提言は、大切なアドバイスだと思いました。

以下は気になったポイントです。

・65歳に「5000万円」を確保するためにも、50歳のときに「目標:3000万円」を設定しておくべき(p26)

・50歳の時点で3000万円の元手があれば、年利5%の運用で退職するまでの残り15年間は毎月積み立てなくても65歳で6200万円となる(p29)

・債券価格は金利に支配されるので、金利が上がると債券価格は下がる(p41)

・良い投資信託のアドバイザーを見つけるには、1)自分も運用しているか、2)投資で成功しているか、3)経済的に豊かか、がポイントで、人間として信頼がおけることも大事(p61)

・2008年度は総世帯数:4999万世帯に対して、住宅総数は5759万戸であり、760万戸も多い(p73)

・国勢調査報告、人口推計資料によれば、2005年に減少に転じたが、2006・2007年は外国人の流入超過により微増、2008年に減少した(p74)

・株式投資において自己資金は「頭金」ではなく、「委託保証金」という(p77)

・マイホーム購入の目安として、約2割を自己資金で用意して残りを借金(年収の4倍)とすると、35年長期ローンを組むと当初借入金額の2倍である年収8倍の負担となる(p78)

・全国消費実態調査(総務省)によれば、二人以上の世帯の1世帯あたり自動車保有台数は、全国平均が1.45台であり各家庭に1台以上あるという計算(p82)

・生命保険には相続税の非課税枠があり、500万円×法定相続人の数である(p86)

・2つの口座を持って、メイン口座には自分のすべての収入と、毎月の口座引落の支払を集中させる、収入の10%を残すようにする、サブ口座には税金、教育費、年払保険料を事前に置いておく(p96)

・資産づくりに差が出るのは、昇給よりも貯畜の習慣があるかどうか(p113)

・IMFのエコノミストがまとめたデータによれば、過去��0年間に2008年の金融危機も含めて、124回の危機が起きている(p126)

・72の法則=2倍になるまで必要年数で、仮に6%だとすると72÷6=12年間で投資金額が倍になる(p134)

2010/09/12作成

債権・為替・外貨 ランキング

債権・為替・外貨のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む