サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 世界平和は一家団欒のあとに 10 リトルワールド

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界平和は一家団欒のあとに 10 リトルワールド(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2010.6
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/319p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-868604-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

世界平和は一家団欒のあとに 10 リトルワールド (電撃文庫)

著者 橋本 和也 (著)

妹の危機。悪の大首領との交流。異世界からきたあの人。幼児化した姉。母の家出。神様との対決。祖父の右腕との戦い。宇宙人の少女。世界の危機も、家族の危機も、いろいろあった一年...

もっと見る

世界平和は一家団欒のあとに 10 リトルワールド (電撃文庫)

659(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妹の危機。悪の大首領との交流。異世界からきたあの人。幼児化した姉。母の家出。神様との対決。祖父の右腕との戦い。宇宙人の少女。世界の危機も、家族の危機も、いろいろあった一年。そして巡ってきた冬—、柚島が失踪した。一通のメールだけを残して行方がしれなくなった。それと時を同じくして、星弓家の面々は謎の男の襲撃を受ける。そして美智乃は勘づく。柚島の家族の秘密に。自らにも危機が迫るなか、軋人は本当に大切なものを守れるのか!?世界と家族の平和をめぐる物語、堂々の完結編。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

最後まで手を伸ばす

2010/06/12 09:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 宇宙にまで物語が及んだこともあったけれど、最後に戻ってくるのは身近なところ。星弓軋人と柚島香奈子のお話です。柚島にまつわるある秘密のせいで、最強メンバー達を欠いた星弓家の人々が次々と災難に見舞われ、香奈子は遠くへ去っていこうとします。
 そこで軋人に訪れる最後のチャンス。また昔と同じ様に、自分の側から大切な人がいなくなるのを黙ってみているしかないのか?あるいは違う結果を導くことができるのか?

 スマートではないけれど、無駄に思える足掻きを繰り返してでも、二度と後悔しないように最後まで手を伸ばす軋人の姿は格好よいものだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/16 21:59

投稿元:ブクログ

10 完結
ありきたりの設定を上手く活用していたのに、最後はくっつくとか王道で少しがっかり。
お兄様が出てくるのは良かった。

2010/06/10 17:38

投稿元:ブクログ

2010/06/10
⇒中古待ち
⇒まんだらけ 315円

最終巻!
まー、最初の巻からどんどんと尻すぼんでる感はあったけど
とりあえず終了を迎えたようでなにより。
さめださんの次の作品に期待です。

2010/06/12 09:27

投稿元:ブクログ

“「ねぇ」
香奈子は足を止めた。「ちゃんと家まで送るから勘弁してくれよ……」とぼやきながら前を歩く軋人の背中に声をかけた。
「あん?」
軋人が振り向いた。
さっきより、距離が、少し離れた。十二月の冷たい風が頬を刺し、ざあっと枯葉を散らして二人の間を吹き抜けた。
「どうしたよ?」
ふっと軋人が笑みをこぼした。その口から白い吐息が漏れる。
「もし――」
「うん?」
「もしね……」
私が明日、突然目の前からいなくなったら、どうする?
何かの冗談のように、幻のように、今まで一緒にいた時間がまるで嘘だったとでもいうように、突然目の前から呆気なく消えてなくなってしまったらどうする?私の両親のように。
その時は、どうする?
(悲しんでくれたりとか、してくれるのかな?)
「もし……なんだってんだよ?何かあるなら言えって。今さら変な遠慮するような仲じゃねえだろが」
それって、どんな仲なの?
というのは、甘えた質問だろうか。
今さら、私たちってどういう関係なの?なんて。
いつまでこんな関係でいるの?なんて。
いずれ終わる関係なのに。”

特殊な能力を持って産まれた星弓家の子供たちは、世界を守るために日夜がんばっている。
星という名の大きな世界から――個人のちっぽけな世界までもを。

世界平和最終巻。
この物語が終わってしまうのはちょっと悲しい。
一人一人にスポットを当ててきたこのシリーズ。
最後を締めるのは、香奈子の問題。香奈子の――世界。
そして、軋人自身の世界。
あぁ、なんというか、軋人かっこいい。生き様が、その考え方が、すごくかっこいい。

“まあ、いいさ。こうなったらもう腹ぁくくったほうがいい。この空の上にいる冷たい誰かさんは、これからも常人にはない特殊な能力を持つ俺たちになかなかにしんどい雑用を押しつけてくるのだろう。小は小悪党の退治から、大はこの星、世界の存亡に関するものまで。
もしかしたらその中で、空の上の冷たい誰かさんは俺の大切なものをまた奪い取ろうとするかもしれない。でも大丈夫だ。きっと、いや、絶対に俺はそれを守り通してみせる。
なんたって、その大切なもの自身がまた、俺をすぐそばで助けてくれるんだからな。
しんどかろうが危険だろうが、神様の雑用ぐらいチャチャッと楽勝に手っ取り早く片づけてやろうじゃねえか。それがたとえ、世界の平和がかかっているとかご大層なものでもだ。
でも――
「早く行こ。お兄ちゃん」
ようやく俺と香奈子を解放して前を歩いていた美智乃が振り返る。
「おう」
「早く行くわよ。軋人」
すぐそば、隣を歩く香奈子が俺を見上げる。俺は驚きながらも、ふっと笑った。
「ああ、わかってる」
でも――その大きな世界の平和のなかに、今の俺のこの、最高に幸せな小さな世界が含まれていたっていいだろう?”

2010/06/10 20:14

投稿元:ブクログ

軋人かっけぇ。香奈子がデレた(ちょっとだけ)。返す返すも最終巻なのが惜しい。でもいい終わり方でした。ヒーローものはやっぱりヒロインを助けるのが王道ですよね。どのキャラも味があって読んでて楽しいシリーズでした。家族や人とのつながりの素晴らしさをあらためて教えてくれた作品でした。短編集とか出たらいいなぁ。

2010/07/06 19:36

投稿元:ブクログ

軋人め、てめー幸せになれよ!
最終巻だし!ハッピーエンドだし!
なんだか、もう終わっちゃったとか実感わかない!

なんだかんだで、軋人目線のところ、ぐっときた
なんだって、人が寝てるときにの場面で・・・っ!


ThanX!

2010/06/18 19:11

投稿元:ブクログ

2010 6/18読了。丸善丸の内本店で購入。
シリーズ完結編にふさわしい、タイトルどおりの、世界の危機もなければ世界の敵も出てこない、軋人にとって一番大切なものを手放さないための物語。
これで最後は惜しいけど、橋本さんの新シリーズにも期待。

2010/12/08 23:10

投稿元:ブクログ

最後はやっぱり二人の話。

なんだかんだで最後まで読んだのは、毎回家族のだれかを主役に据えて、それぞれの過去や現在の問題を交えつつ、きちんと成長や解決を描いてくれたからだと思います。
性格ががらりと変わるような変化はせずに、ちょっとだけ大人になったり、大切なものを知ったり確認したりして、それぞれの一歩を踏み出しているんだよなあ。
そこがすごく好きでした。


派手さや上手さはないけど(そうしようと努力してる形跡はうかがえるけどw)、読めば心が温かくなるシリーズ。
自分もにぎやかな姉や妹や弟がいる、星弓家みたいな家族に生まれたかったなあとか思っちゃいます。

最後はみんなでハッピーエンド。お疲れ様でした。

2010/09/04 23:02

投稿元:ブクログ

完結でした。
予想されるラストであり、ホッとするラストでもありました。
身内話ではじまり、みんなが物語の間に成長した分だけ大きくなった身内話で終わりました。
あんな伏線そういえば、あったっけ、と思い出そうとしましたが思い出せなかった。
星弓さんちは、男は尻に敷かれて、女は尻に敷くんだなと思いました。

2010/12/06 19:19

投稿元:ブクログ

特殊な能力を持つ星弓家の長男軋人の奔走(笑)も今回が最終回。
最後は、このシリーズらしい、大団円でした。

いつも地球の危機やら世界の平和たらに関わりながら、そういう大上段にではなく、大切な家族の危機のために体を張ってきた軋人。
今回は最後らしく、星弓家の危機と、一番大切な香奈子を助けるために、いつも通り、ぼろぼろになりながら頑張った。
うん。こう言うところ、ほんとにいいなあ。

軋人の姉弟がやられていくところは、息が詰まるような焦燥感を感じ、
香奈子を引き留めようとするところは、ぐっと胸に来るものがあり、
そして、そのストレートな告白の場面は、胸が温かくなって、最後の開放感に満足した。
ほんと、いい、最終巻でした。
作者に感謝したいシリーズだ。

2011/04/28 23:09

投稿元:ブクログ

正直、途中中だるみしたなぁとは思っていましたが、まぁ綺麗にまとまったのではないでしょうか。今巻はちょっと尺が足りていない、詰め込みすぎな気はしましたが、最終的にイイモノがみれたので満足です。デレるの遅いって。

2012/11/01 15:46

投稿元:ブクログ

 まさかこんなにいい話になるとは、思っても見なかった。 さめだ小判さんの絵でジャケ買い下も同然だったけど良かった!

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む