サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 淑女にささげるキスの作法

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

淑女にささげるキスの作法(ラズベリーブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.6
  • 出版社: 竹書房
  • レーベル: ラズベリーブックス
  • サイズ:15cm/393p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8124-4219-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

淑女にささげるキスの作法 (ラズベリーブックス)

著者 ローラ・リー・ガーク (著),森 なおみ (訳)

ヴィクトリア時代、ロンドン。出版社の秘書エマは、いつか作家になることを夢見ながら雇い主マーロウ子爵のため献身的に働いていた。放蕩子爵のスケジュール管理、妹や愛人へのプレゼ...

もっと見る

淑女にささげるキスの作法 (ラズベリーブックス)

977(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヴィクトリア時代、ロンドン。出版社の秘書エマは、いつか作家になることを夢見ながら雇い主マーロウ子爵のため献身的に働いていた。放蕩子爵のスケジュール管理、妹や愛人へのプレゼント選びまで…。そして30歳の誕生日、何度原稿を渡しても出版に値しないと言っていたマーロウがひとかけらも読んでいなかったことをエマは知った。憤るが仕事をやめる決心はつかず、代わりにずっと我慢していた贅沢な扇を買おうと思い立つエマ。ところが、若く幸福そうな令嬢にその扇を買われてしまう。その時彼女は決意した。キスすらしたことがなく、品行方正、ただ待ち続けてきた生き方を変えようと—。エマは辞表を出し、作家として売込みを開始する。ところが困ったのはマーロウだった。いつしか会社は“地味で退屈で有能な”秘書なしでは回らなくなっていたのだ。背に腹は変えられず、エマのフラットを訪れたマーロウは、つまらない女だと思っていたエマが輝く赤い髪と情熱すら持っていることに気づく。とまどいながらも引きとめようとするマーロウだったが…。リタ賞ファイナリスト作品。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/07/13 23:13

投稿元:ブクログ

ヴィクトリア時代、ロンドン。出版社の秘書エマは、いつか作家になることを夢見ながら雇い主マーロウ子爵のため献身的に働いていた。放蕩子爵のスケジュール管理、妹や愛人へのプレゼント選びまで…。そして30歳の誕生日、何度原稿を渡しても出版に値しないと言っていたマーロウがひとかけらも読んでいなかったことをエマは知った。憤るが仕事をやめる決心はつかず、代わりにずっと我慢していた贅沢な扇を買おうと思い立つエマ。ところが、若く幸福そうな令嬢にその扇を買われてしまう。その時彼女は決意した。キスすらしたことがなく、品行方正、ただ待ち続けてきた生き方を変えようと―。エマは辞表を出し、作家として売込みを開始する。ところが困ったのはマーロウだった。いつしか会社は“地味で退屈で有能な”秘書なしでは回らなくなっていたのだ。背に腹は変えられず、エマのフラットを訪れたマーロウは、つまらない女だと思っていたエマが輝く赤い髪と情熱すら持っていることに気づく。とまどいながらも引きとめようとするマーロウだったが…。リタ賞ファイナリスト作品。

ヒーローがちょっかいかけすぎな気がするけれど、全体としては良かった。バチュラーガールとして生きていこうとしているヒロインの心情がよく伝わってくるし、最終的に愛人になれないと決断するあたりも読ませる。ほんとうにヒーローが情けない。

2010/07/12 13:25

投稿元:ブクログ

ちょっと現代的になっていたけれど、
鉄道で2時間もかかるようなところに、隠れさせられちゃうなんて、
相当にびっくり。
悲しすぎるでしょう。

2010/06/11 18:04

投稿元:ブクログ

〈ガール・バチュラーシリーズ 1〉出版社有能秘書ヒロイン。夢に向ってコツコツアタック。雇い主で貴族ヒーロー。バツイチ。おんなと深い関係にはならねーよ?
慌てふためくヒーローの前で別人に変身したかのようなヒロインの行動に胸がスカッとしたが 彼らの別れ話はなんだか切なかったよ。

2011/01/16 16:10

投稿元:ブクログ

面白かったんだけど、自著のセルフカバーじゃないかと・・・
オールドミスで有能なヒロイン。
彼女が辞めてしまうと困ってしまうヒーロー。
二人の会話は中々楽しいです。
ガールズバチェラーシリーズということで、ヒロインの周りの女性達が今後の主役となるらしい。
私はヒーローの妹が気に入ったので、彼女メインの本があれば良いなと思いました。