サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

木の教え(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.6
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/227p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-42707-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

木の教え (ちくま文庫)

著者 塩野 米松 (著)

木の教え (ちくま文庫)

713(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/01/31 23:42

投稿元:ブクログ

生活の中で木がどのような役割を果たしているか。
先人たちの知恵は理にかなっている。効率重視が全てではないことを木が教えてくれる。

2016/12/14 15:09

投稿元:ブクログ

宮大工や船大工の棟梁のお話を、聞き書きでまとめた塩野米松氏の著書。第一部では木材の特性、第二部は特性を生かした木の利用法、第三部では木や森林をとりまく環境について語っている。

自分も少しDIY的な事が好きなので、木の癖についての記述はとても興味深かった。自分がよく使うSPF材でさえ時間が経つにつれて、曲がったり反ったりと狂いが出て大変なのに、癖を見抜いて寺社や仏塔を建てる宮大工の知恵と技術には驚かされた。また仏像を彫る仏師が、事前にミニチュアの模型を作成するという話は面白い。

「木は生育のままに使え」「木を買わずに山を買え」「寸法で組まず癖で組め」など、DIYにとってはかなりハードルが高い格言ではあるが、癖や適材適所を見極めるという意味合いでは、仕事や普段の生活の中でも必要な事なのではと思う。

2015/06/28 20:47

投稿元:ブクログ

木の特性から人々との歴史、山と海のつながりなど、口伝を中心に木にまつわる様々なエピソードが描かれている。文章も平易で分かりやすい。
古事記に記載されていた木の使用方法と現在の使用方法がほぼ同じと示してあり、驚いた。

2013/05/17 23:23

投稿元:ブクログ

木が人を生かし、人が木を生かしてきた、その昔からの営みと知恵が解説された入門書のような名著です。

どのような建造物や道具にどのような種類の木がどのように使われているか、どのような工夫や技が伝わっているか等、とても分かりやすく教えてくれます。専門用語の解説も丁寧です。図やイラストも明解です。読み仮名も充実しており親切です。他の本で読んで意味不明だった木職人の通称語も、この本を読んだら容易に理解できました。

また、著者が宮大工やいろいろな職人に直に聞いて教えてもらった話や著者自身の体験談も、興味深いものばかりでした。本や資料を読んでるだけの人には書けない、貴重な生の情報だと思いました。

この「木の教え」を読んで、木の素晴らしさにも、人の素晴らしさにも、感動しました。

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る