サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. Re: バカは世界を救えるか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Re: バカは世界を救えるか?(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

Re: バカは世界を救えるか? (富士見ファンタジア文庫)

著者 柳実 冬貴 (著)

「お前—ボクを助けろ」光一の胸に飛び込んできた美少女は、理由も言わず命令した。子猫のようにか細いその声は、槍となって光一の頭を貫いた。「—任せろ!」光一は全身で叫ぶ。俺は...

もっと見る

Re: バカは世界を救えるか? (富士見ファンタジア文庫)

670(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

Re:バカは世界を救えるか?1

670 (税込)

Re:バカは世界を救えるか?1

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「お前—ボクを助けろ」光一の胸に飛び込んできた美少女は、理由も言わず命令した。子猫のようにか細いその声は、槍となって光一の頭を貫いた。「—任せろ!」光一は全身で叫ぶ。俺はずっと、この瞬間を待っていたんだ…!—佐藤光一は“特別な存在”や“非日常”にあこがれる17歳。カラコン仕立てのオッドアイや意味深な台詞回しで自作自演に余念はないが、ごく平穏な日々を送っていた。だが、金髪碧眼の美少女アルルと遭遇したことで念願の異能バトルに突入!なのに光一が授かった異能は激ショボで!?夢追人最強伝説、始まる!のか—。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

素直に応援しにくい

2010/06/26 16:07

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自分には特別な力があると言い張って、髪を銀色にし、蒼緋のカラーコンタクトでオッドアイを演出し、意味深な言動をして、そのイタさを幼なじみ少女に罵倒される高校二年生、佐藤光一は、同じクラスのちびっ娘、間宮薫の尾行中に、敵に襲われる不思議なお姫さまアルルと「木漏れ日現象」と呼ばれる超常現象に遭遇する。
 異能力を授かった喜び勇んだのも束の間、あまりの能力のしょぼさにアルルを救う役には立たず、敵にボコボコにされた光一は、アルルを守護する集団シェードの一員だった間宮薫に救われる。その後ちょっとした行き違いから実力者と誤解され、シェードの一員となる光一は、木漏れ日現象とアルルに隠された秘密を知ることになる。

 設定的にはセカイ系の王道パターンでありながら、主人公は英雄とは真逆の位置にいる普通の人というところに特色があるかもしれない。だが、主人公本人は才能もそれほどなく、あまり努力というものをしないのだけれど、その周囲には頑張りやさんや努力家がいて彼女らに触発されるが急に立派になることはできないというのは、最近よく見られるパターンである気がする。
 個人的には主人公にはある種の格好良さを求めたいので、一見ダメダメそうであっても、どこかは突き抜けていて欲しい。その点、佐藤光一も突き抜けているといえば突き抜けているのだけれど、相当に他力本願で、努力らしい努力もあまりしないので、素直に応援しにくい気がしないでもない。

 最後の展開からみて、今後は学園ラブコメ風になりそう。周囲の人間は色々と面白いので、今回とは違った面白さが楽しめるようになるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/18 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/20 14:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/08 08:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/22 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/15 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/12 16:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/23 08:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/12 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/01 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/18 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/07 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/31 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む