サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ミネルヴァと智慧の樹 始原

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ミネルヴァと智慧の樹 始原(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2010.7
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/331p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-868656-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ミネルヴァと智慧の樹 始原 (電撃文庫)

著者 浅生 楽 (著)

「世界の真実とか、自分が生まれてきた意味とか、そんなことを考えても無駄なだけ」。“二十歳を過ぎた余生”をただ平穏に過ごそうとしていた大学生の森本慧。しかし彼の人生は、ある...

もっと見る

ミネルヴァと智慧の樹 始原 (電撃文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ミネルヴァと智慧の樹 始原

637 (税込)

ミネルヴァと智慧の樹 始原

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「世界の真実とか、自分が生まれてきた意味とか、そんなことを考えても無駄なだけ」。“二十歳を過ぎた余生”をただ平穏に過ごそうとしていた大学生の森本慧。しかし彼の人生は、ある日突然一変する。世界の知を司る一枚の絵画、400年前に生きた錬金術師達の思念、そして美しき智慧の女神。慧の毎日は、理解しがたい出来事に満ち溢れ、やがで慧自身が、史実の改変を巡る歴史的な事件に関わることに…。これは時空を超えた、新たなボーイ・ミーツ・ガール・ストーリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (4件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

自分の目で見て自分の頭で考える

2010/07/11 01:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 世界の全てを表現した一枚の絵、智慧の樹。この絵に描かれたものは、世界の変化を写す様に絶えず変わり続ける。そして、描かれたものを描きかえれば、世界も変化してしまう。
 そんな一枚の絵から生まれたミネルヴァ、天乃理に梟として見出された森本慧は、高校の時に出会った師匠と仰ぐ人物の言葉を盲信し、流行を追って賢く生き抜き、二十歳からの余生を目指す大学生だ。表向きは大学図書館の書庫整理のバイトと言われながら、実際はミネルヴァの梟として、理の作業を手伝い、彼女の目となって周囲の人々を観察する。彼女が、彼女の父である錬金術師ルルスの言葉を忠実に再現するために。
 二十歳の余生を目指す超現実主義的な生き方から、ある日突然、非常識な世界へ放り出された慧は、その影響か、不思議な夢を見る。それは、高校卒業のときに別れた彼女である佐倉霞と彼がなぞる、ファウストの物語だった。

 ファウスト的要素を取り込み、心理学の要素を取り込み、パロディを取り込み、様々なキャラクター要素を取り込んだ作品なのだけれど、基本的には対話による思索がメインになっていると思う。
 慧と霞、ファウストとメフィストフェレス、ルルスとシュプレンゲルという対比や、慧と師匠、理とルルスという対比など、他にも親子関係などの人間関係の構造が組み合わさり構成されていて、色々と考えさせられる。
 ただ、あまりにも様々なことが盛り込まれていて消化不良というかコンパクトになりすぎかなと思う部分があったり、シリアスか笑いかどちらに重点が置かれるのか分からない時があったりする気がした。

 星3つにしているけれど、読者によっては星5つだと思うし、それに化ける可能性を秘めた作品だと思う。ただし、星4つではないとも思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/07/12 16:23

投稿元:ブクログ

2010/07/10
⇒まんだらけ 315円

悪くはないが、ちょっと小難しすぎるかな?
キャラクターは悪くないのに、軽く読むには内容が難しいので
設定を読み直したりする手間ががが、あとどっちつかずな印象もある。

とりあえず詰め込んだ感じで、
他の電撃作品のパロははたして必要だったのだろうか…
言葉の選び方・使い方講座(?)は面白かったがね。
2巻が出ても買わないと思う。

2010/07/18 21:40

投稿元:ブクログ

ラノベ要素なくして、違うレーベルに出せば…

とか思ったり。

メフィストとか読んだ方がいいのしら…

間違いファウストだ…

後半内容についていけねー

2012/07/12 22:16

投稿元:ブクログ

子供の頃の自由な時間は、社会人という大人になれば終了する。
そんな『余生』をどう生きて行こうかと、師匠に指示されながら
平穏に暮らしていた世界が、ある日突然反転した。

分かりたくない、と言いつつも、そのまま流されている、とも見える行動。
夢の中でさえも『非現実』ですが、まぁ夢の中ですし…とか思っていたら
そこもうっかり(?)罠だったw

話は説明が多いような…というか、世界樹の図を主人公に理解させるために
説明文が多い多い。
もうその辺りは斜め読みしてましたけど
これをきっちり消化できた人はすごいかと思われます。

別段心躍るような大逆転があるわけでもなく
すごい山場があるわけでもなく、でした。
うん読み終えた、という読後です。

2010/08/19 02:25

投稿元:ブクログ

ライトノベルという枠組みなら、電撃文庫以外での出版は難しいかなと思える作品でした。続きが出たら読みたいかと問われると、単巻完結でもいいと思えるので悩みます。

2011/09/24 23:59

投稿元:ブクログ

世界観はかなり好きでした。 哲学、中世、錬金術、ファウスト。と私の好きなもの目白押しです。 続きがいつ出るのか気になるところです。

2010/08/10 11:13

投稿元:ブクログ

ラノベにしては、盛り上がりにかけていた。
挿絵の配置のしかたも、ラノベくさくなかった。
電撃文庫ではなく、角川文庫の方が、合っている気がした。

2010/07/10 18:15

投稿元:ブクログ

読み終わって気付いた。
タイトルにしっかり始原(ウロボロス)ってかいてあるじゃん…。

普通にリアルで不思議と出会ったら、確かにこういう反応するんだろうね~
人がそう認識するからそれはそうなんだってことなんだろう

あぁ、何が書きたかったかわからんけど、一気読みした事実は変わらない!

2011/08/18 09:13

投稿元:ブクログ

ライトノベルにしては珍しく大学生を主人公に据えた、学びをテーマとしたファンタジー作品。物語の内容と著者の来歴がシンクロしているのが面白い。個人的に非常に気に行ったのでできれば続巻を出してもらいたいのだが、刊行からすでに一年程が経過しているので望み薄だろうか。
物語の中盤で姿を消してしまうものの、「師匠」のキャラクター造形は非常に好感が持てた。手先ばかりが器用で肝心の気持ちの方は不器用極まりないという、いっそ主人公にでもしてしまいたくなるようなキャラクターである。
クライマックスにおける盛り上がりにやや欠けるものの、著者が表現しようとした作品のテーマは大変個性的で興味深い。
作中ちょこちょこと出てくるオタクネタをやめて、いっそ一般向けとして出したら案外受けたのではないだろうか。わざわざライトノベルという枠組みに囚われなければならない程にそのファンタジー要素は荒唐無稽ではないように思われる。

2011/07/27 00:11

投稿元:ブクログ

どうして買おうと思ったのかちょっと忘れたのだけど
まぁまぁ、面白かったと思う。

ファウストを題材にしていて
難しい観念なんかも随所に取り入れられていたのが
電撃文庫的に意外←

なんか引っかかるところがあったんだけど…忘れてしまった←

2015/07/01 00:02

投稿元:ブクログ

 ファウストを踏襲しているラノベかと思って読んだけれど、あくまで物語のスパイス程度にしか出てこないし、深さがあるわけでもない。序盤はまあまあ面白く読めたけれど後半からは置いてけぼりになってしまった。荒唐無稽なストーリーは良いのだけど、シーンが見えにくく、今これ何がどうなって、誰がどこにいるんだろう…。と迷ってしまう。
 現代ファンタジーという感じだけれど、これといって面白いわけでもない。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む