サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 英仏文学戦記 もっと愉しむための名作案内

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英仏文学戦記 もっと愉しむための名作案内
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.7
  • 出版社: 東京大学出版会
  • サイズ:19cm/251,17p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-13-083053-9
  • 国内送料無料

紙の本

英仏文学戦記 もっと愉しむための名作案内

著者 斎藤 兆史 (著),野崎 歓 (著)

イギリス文学とフランス文学、どちらが面白いか? 文学者・翻訳家として活躍するふたりの教授が、19〜20世紀に書かれた英仏の名作12本を徹底読解し、その魅力を語り尽くす。【...

もっと見る

英仏文学戦記 もっと愉しむための名作案内

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イギリス文学とフランス文学、どちらが面白いか? 文学者・翻訳家として活躍するふたりの教授が、19〜20世紀に書かれた英仏の名作12本を徹底読解し、その魅力を語り尽くす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

斎藤 兆史

略歴
〈斎藤兆史〉1958年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。著書に「英語の作法」など。
〈野崎歓〉1959年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科准教授。著書に「ジャン・ルノワール越境する映画」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

楽しい英仏文学名作談義

2011/04/03 12:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 文学好きの人間なら、文学談義が好きな人も多いだろう。ある作品なり作家なりについて、自分の感想、解釈を語ったり、それとは違った人の考えを聞いたり。とはいえ、メンバーやら日程の問題で、ふだんなかなかそういう時間を持てるものでもあるまい。となると、自分で参加はできないまでも、本でそうした対談、座談会の類を読むのも楽しい。
 その種の楽しみが得られる本として、たとえば大森望+豊崎由美『文学賞メッタ斬り!』(ちくま文庫)とか、丸谷才一ほか『文学全集を立ちあげる』(文春文庫)などが挙げられると思うが、本書もそうした楽しみ方の出来る本の一つである。
 東大の同僚で、それぞれ英文学(斎藤)と仏文学(野崎)の研究者である二人が、オースティン、スタンダールから、ナイポール、ウェルベックまで、英仏小説の名作12作品をとりあげて紹介かたがた縦横に語り合ったもの。先の二冊が広く短く多くの作品を扱うのに比べると、対象を絞りこんだ本書は、もちろん数では見劣りするわけだし、読者も英仏文学に興味がないと読まないかもしれないが、その分、扱う作品の世界により深く入り込んでゆっくり浸れる魅力がある。
 ただし題から連想されるような丁々発止の議論の応酬があるわけではない。そもそもこういう本を出したくらいだから二人は仲がいいのだろうし、年齢も近く、掲載された写真でもともに優しそうで、雰囲気が似ている。だから『戦記』という題も、前書きで説明されているように、英仏からそれぞれこれはという作品を選んで面白さを比べる、という遊び感覚の設定によるものらしい。
 というわけで、もっと激しいぶつかり合いとか、刺激的な鋭い見かたが飛び交うことを期待する向きにはやや物足りないかもしれない。ペアで取り上げられる英仏作品にしても、この際もっと「勝負」に徹して、どっちがどういう点で優れているとか、名作と言われているがこの点は評価できない、などという展開もあり得るのかも思っていたが、実際には、比較対照のような話はあっても、あくまで穏やかなものだ。
 それでもあえてして、二人の批評対決とみると、斎藤さんはもともと文学プロパーの人ではないようで、そのせいもあるのかどうか、個人的にはやや野崎さんが優勢に見えた。
 いずれにしても楽しい本には違いない。とくに、作品のもつ批評的豊かさのゆえか『ボヴァリー夫人』と、野崎さんの思い入れがたっぷり感じられる『ナジャ』の章などがいいように思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/01/14 18:42

投稿元:ブクログ

最近、英仏文学に触れていないなあという反省を胸に読んだ本。
タイトルから、戦争文学を取り扱ったものかと思いましたが、読み終わってみると特にそういったわけではいませんでした。
イギリス文学翻訳者の斎藤兆史氏とフランス文学翻訳者の野崎歓氏の対談集となっており、それぞれの専門から名作を紹介しあうというやり方を「戦い」に見立てているのだろうと、おもしろく感じます。

イギリスとフランスは、ドーバー海峡を挟んで向かい合わせの隣国ですが、文化や風土は実はかなり違っており、そうした違いは、文学の中にも色濃く反映されています。

「フランス小説は、ヒロインは絶世の美女ばかり」と指摘するイギリス側。
イギリス小説は『ジェイン・エア』『高慢と偏見』など、ヒロインが不美人の小説が人気です。
イギリス側は「そこに地に足の着いた面白さがある」と言います。

もともと、美人小説がイギリスにないわけでも、不美人小説がフランスにないわけでもなく、これは読者の人気傾向だと思われます。
オースティンは、幸福というのは穏やかに長続きするというイメージだけれど、スタンダールは燃え尽きる一瞬の至福という表現。
やはり実質的なイギリス人と情熱的なフランス人というお国柄でしょうか。
もともと、アングロサクソン系とラテン系なので、民族的にも気質はかなり違うと思われます。

二人とも、互いの専門領域にも詳しいため、詳細で興味深い対話が続きます。
「パリの中心には女性の姿があるのがフランス的。年上の貴婦人の庇護を得ないとどうにもならないというのがある」という意見。
中世の騎士の時代から貴婦人への敬意は続き、それは『赤と黒』にも見られるものだと思い出します。

自分が仏文を学んだため、英文よりもつい仏文の解説を熱心に読んでしまい、気が付くと仏文の特徴ばかり印象に残りました。
英文学に見られない傾向としては、恋愛の駆け引きの巧みさ。
『ボヴァリー夫人』に登場する浮気男、ロドルフの誘惑法に、「これはフランス小説でなければ出てこない」とイギリス側は驚いていました。

イギリス文学は、淡々とした世界の中に時折小さなドラマが生まれるため、その動きが小さくても印象的なのですが、フランス文学は、元々がドラマチックであり、その中に逆に倦怠が生まれるというパターン。
『ボヴァリー夫人』が恐ろしいほど的確に、ドラマの後の倦怠を書き表しています。
こう考えると、フランス文学のドラマチック旗手というのは、熱いスタンダールとクールなフローベールが代表となるようです。

ユゴーも広い意味でドラマチックですが、もっと安定感がある感じでしょうか。
個人的にはあまり好みではないバルザックについても採り上げられました。
人間が踏み潰されずに生きていくためには、エネルギーとパッションが必要で、それで運命を切り開くのがバルザックの書く人物像だとのこと。

優しいだけでは生きていけない、を文章化させた作家で、彼の世界はエネルギー論的だと表現されていました。

翻訳者の二人らしく、���語とフランス語の翻訳の差異も語られます。
ウイリアム(William)が、フランスに行くとギヨーム(Guillaume)になるというのは、いまだに慣れません。
スコットランドの作家サー・ウォルター・スコットの『アイヴァンホー』は、フランス読みだと『イヴァノエ』になるのだとか。
もうさっぱり見当がつきません。

読み終えてみると、仏文の情報ばかり印象に残り、英文側はあまり残らなかったので、次に読みなおすときには、こころがけて英文側作品の言及の方に注目してみようと思いました。

2011/02/12 10:01

投稿元:ブクログ

ざっと読了。イギリス文学翻訳者の斎藤兆史とフランス文学翻訳者の野崎歓の対談 。20年前くらいからずっと、図書館や書店の「フランス文学」棚から現代文学を順番に読んでいくと、多くの本が野崎歓訳なので馴染みのある名前。
それにし対して自分はぜんぜんイギリス文学って読んできてなかったんだなあと改めて思う。読んだ本の話は面白いんだけれども、読んだことがない本の語りはいまいちピンと来ず、ふたりがこの本で楽しそうに盛り上がっているのを読むのは、なんだかくやしいのであった。でもやはり自分の嗜好はフランス寄りで、野崎氏の語りに「そーそーそこなんですよ!」膝を打ちたくなる箇所が多く、あんまりイギリス文学は食指が動かないみたいなのだ。
そういえば、なんでこの本を買ったかっていうと、野崎氏が最後に紹介している本がウェルベックの『素粒子』だからであった。これを斎藤氏が「これはすごい本だ!」と吃驚しているのが小気味良く、「(フランス文学を)褒められると嬉しい」という野崎氏の言葉についても、自分まで微笑んでしまう。

2011/04/22 23:43

投稿元:ブクログ

 英文学者と仏文学がこれぞと思われる名作を選び、面白さをぶつけあった。

 オースティンやスタンダールなど一九世紀文学の定番から、現代の居場所のなさに毒を吐き続け、「八つ当たり状態」(斎藤)のナイポール、果ては、性欲剥きだしで、授業で「訳読はしたくない」(野崎)ヴェルベックまで。文学を語る楽しさにたっぷり浸れる。

(週刊朝日 2010/10/01)

2011/12/21 10:00

投稿元:ブクログ

2011年12月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。展示期間終了後の配架場所は、開架図書(2階) 請求記号:930.26//Sa25

2011/11/13 01:14

投稿元:ブクログ

イギリス文学vs.フランス文学、両サイドの名作をぶつけ合う対談。『戦記』と銘打ってあるものの内容は至って平和的なのでご心配なく(笑)むしろ英仏異なる視点から互いの文学を批評しているので、新たな発見があって楽しい。

全体としては、倫理を描く生真面目なイギリスと背徳の美の追求が魅力のフランスという構図になるだろうか。言われてみればそんな感じ、するかも。私はどちらかというと仏文学のほうを多く読んでいるかな。
既読の本も多かったが、対談者二人が生き生きと作品を語る中で次々と提示される解釈はどれも新鮮で面白い。(つまり自分の読み方は浅かったのかしら?と思わないでもないが)作品単体の読解にとどまらない、文学史の中でどう位置づけられるかなどの分析はさすが。

読んだことのない作品は読んでみたくなる。
読んだことのある作品もまた読んでみたくなる。
そんな本。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む