サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか 擬態するニッポンの小説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか 擬態するニッポンの小説(幻冬舎新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.7
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎新書
  • サイズ:18cm/310p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-98174-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか 擬態するニッポンの小説 (幻冬舎新書)

著者 市川 真人 (著)

日本でもっとも有名な新人文学賞・芥川賞が、今や世界的作家となった村上春樹に授賞しなかったのはなぜなのか。いったい選考会で何があったのか。気鋭の文芸評論家が、日本の文学の内...

もっと見る

芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか 擬態するニッポンの小説 (幻冬舎新書)

950(税込)

芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか

903 (税込)

芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか

ポイント :8pt / 紙の本より47おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本でもっとも有名な新人文学賞・芥川賞が、今や世界的作家となった村上春樹に授賞しなかったのはなぜなのか。いったい選考会で何があったのか。気鋭の文芸評論家が、日本の文学の内実と未来を描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

市川 真人

略歴
〈市川真人〉1971年東京都生まれ。近畿大学大学院文芸学研究科日本文学専攻創作・批評コース修了。雑誌『早稲田大学』プランナー/ディレクター、早稲田大学文化構想学部ほか兼任講師など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.5

評価内訳

2012/05/05 23:34

投稿元:ブクログ

父親になることへの葛藤が
根底にある物語。
父親というのをどう読むのか、
血の繋がりという遺伝とか
日本という文化とか
いろいろあるけれど、
そこを受け入れることで待っているのは安穏かも知れない。
もしかしたらそうなってしまうと小説として成立しなくなるのかもしれない。
太宰の持つ苦悩と芥川への憧れ。
『坊っちゃん』を純愛小説と読む切り口。
面白かった。
だけど、一番しっくりきたのは『風の歌を聴け』に対する言葉だった。
それなら説明はいらない。

2014/08/07 11:11

投稿元:ブクログ

買ってからしばらく放置していたけど、札幌で半分くらい読んで、そこから一気に読み終える。

基本的に春樹について書かれているところ(芥川賞での実際の選評も、大江健三郎の春樹への評価の推移とかも)は面白かった。芥川賞の選考風景とか、賞をとりまく時代変化とかも。文中の加藤典洋の『アメリカの影』からの引用文とかも、久しぶりにこういった「批評」めいたことに触れたら、新鮮だった。

坊ちゃんとメロスについては、ふ〜ん程度。

P67 …日本文学の枠組みにアメリカを充填することにおいて村上春樹は、「アメリカに依存し模倣する日本と日本人」を、自分自身の姿と作品とで再現したことになる……という、何重にも模倣を重ねてしかしそのことで同時代の(ポップな)アメリカ的であるような、きわめて複雑で倒錯めいた試みが完成することになります。それはほとんど、〝アメリカン・ポップアートとしての日本〟を発見することであり、それを引き受けた日本人として、アメリカを「擬態」することでした。それは結局、無意識のうちにアメリカ的な日本、に対する批評的な作業をすることでもありました。

P97 だから、とりあえずはこう言っておきましょう。芥川賞が村上春樹に与えられなかったのは、一義的には、村上春樹の携えるアメリカとの距離感が彼らにとって受け入れがたかったからであるけれど、つまるところそれは、彼らとアメリカ=父との関係の問題であり、村上春樹と「父」との距離の問題なのだ、と。
もしも村上春樹が「父」を描くことができていたら、「父」になる姿を描けていたら、とっくにその賞は彼のものになっていたはずです。逆に言えば、それができなかった/しなかったところに、村上春樹の倫理があった、と言ってもいいでしょう。

2012/05/17 19:07

投稿元:ブクログ

村上が芥川賞を受賞できなかったのは、村上の作品がアメリカ的だからなのか?
村上の作品にはたしかに父を感じることはない。
村上春樹の思考の道程は夏目漱石と似ている。

2010/08/11 17:21

投稿元:ブクログ

芥川賞、父親、1Q84(あるいは村上春樹)に関心のある人は、きっと興味深く読める本。キャッチーなタイトルに比して、内容の広がりは相当のもの、小説の読み方が、少し増える本です。

2011/06/05 13:17

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
『1Q84』にもその名が登場する日本でもっとも有名な新人文学賞・芥川賞が、今や世界的作家となった村上春樹に授賞しなかったのはなぜなのか。
一九七九年『風の歌を聴け』、八〇年『一九七三年のピンボール』で候補になったものの、その評価は「外国翻訳小説の読み過ぎ」など散々な有様。
群像新人文学賞を春樹に与えた吉行淳之介も、芥川賞では「もう一作読まないと、心細い」と弱腰の姿勢を見せている。
いったい選考会で何があったのか。
そもそも芥川賞とは何なのか。
気鋭の文芸評論家が描き出す日本の文学の内実と未来。

[ 目次 ]
「でかいこと」としての芥川賞
『風の歌を聴け』がアメリカ的であるのはなぜ?
「戦争花嫁」としての戦後ニッポン
芥川賞と「父の喪失」とニッポンの小説
そもそも芥川賞が「でかく」なった理由
夕暮れのマジック
メロスはなんで「走る」のか
「明治」から考える
社会の一部としての「小説」
『坊っちゃん』のヒロインって?
もういちど、芥川賞と「父の喪失」
ニッポンの小説―おわりに

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2011/06/10 02:09

投稿元:ブクログ

村上春樹がなぜ芥川賞をもらえなかったのか。そこから日本文学の流れを紐解いていく。そこにスリルがあった。春樹の小説がよくわかる(わかった気になれる)のがいい。

2015/01/04 19:06

投稿元:ブクログ

村上龍
村上春樹
山田詠美

作者ごとのアメリカ文化の受け入れ方の違い、その作品の日本(選考委員)側の受け入れ方の変遷が面白かった。

2014/07/27 22:09

投稿元:ブクログ

タイトルになっている「芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったのか」という問いのほか、「夏目漱石の『坊っちゃん』のヒロインは誰か」「多くの人が、太宰治の『走れメロス』に感動した記憶を持っているのはどうしてなのか」という問いを追いかけ、日本における「文学」のあり方を論じています。

芥川賞の候補になった村上春樹の『風の歌を聴け』と『一九七三年のピンボール』は、「アメリカ的なもの」をキッチュかつフェイクな形で描いていると著者は指摘します。そして、村上龍の『限りなく透明に近いブルー』のようにアメリカへの「屈辱」をモティーフにするのでもなく、また田中康夫の『なんとなく、クリスタル』のようにアメリカへの「依存」をぎりぎりの批評性とともに表明したのでもなく、「アメリカの影」にある私たちの「根っこ」をあけすけに描き出したことが、春樹に芥川賞が授賞されなかった理由だという見方が語られます。

一方『坊っちゃん』については、老年の下女である清が、坊っちゃんのヒロインだという主張が展開されています。漱石は、文明の幕開けである明治の時代を生きた「近代小説」の「根っこ」に、それまで彼ら自身が属していた「江戸」の終焉という出来事があったということを、清を愛惜する『坊っちゃん』という物語の中で示していたのだと、著者は考えます。

太宰治の『走れメロス』は、私たちのノスタルジーを喚起する「夕陽」という仕掛けが効果的に用いられています。そして著者は、「夕陽」を通じてノスタルジアに浸るという私たちの感情が、近代の中で作られてきたということを抉り出しています。

こうして著者は、3つの問いを通じて、近代以降の日本文学の「根っこ」を掘り出すという作業をおこなっています。ただ、そうしたテーマ設定は興味深いと思いましたが、一冊の本として読むとき、すこしまとまりに欠ける印象を抱いてしまったのも事実です。

2016/03/02 20:45

投稿元:ブクログ

日本の近代文学に通底する視点を脱構築した村上春樹は、いわば「親殺し」で殺される親の側からしたら受け入れられるはずがないね。しかし子の立場の現代作家たちは徐々に力を増して乗り越えていく。

2013/05/06 21:09

投稿元:ブクログ

世界に多くのファンを持つ村上春樹に芥川賞が授けられなかったのは、選考委員の何人かが当時の作品に「アメリカ」を感じたからだと云う。新作が発売早々ミリオンセラーになっているが、感性に乏しい自分にとっては書棚が遠い。

2010/11/08 09:19

投稿元:ブクログ

面白く読みました。(*^_^*)なぜ春樹さんは芥川賞をもらってなかったか、あまり気にしたことはなかったのだけど、そっか、こういうわけだったんだろうな、と、市川真人さんが推測するあれこれに、とストンと納得できたのがよかったです。タイトル中の「与えられなかったか」は、受け身だけではなく可能の助動詞もかけている、というあたりが可笑しい。しかも、選考委員の見る目がなかった、という従来の言い方だけではなく、時代が求めていた「小説」が扱う内容(特に父性ね)と初期の二作がかけ離れていたせいで見送りとなったと。(また実際、春樹さん自身も「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」について自分としては出来がよろしくない、みたいに言われているし。)そして、「羊をめぐる冒険」は芥川賞が対象とする中編を越えた長編になってしまったし、その後「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」で谷崎潤一郎賞という中堅に与えられる賞をとってしまったことで、新人作家にための芥川賞とは縁がなくなったという、ある意味リーズナブル(*^_^*)な理由が淡々と語られていてこちらもなんか可笑しい。この本では、春樹さん以外に、「坊ちゃん」内の明治VS江戸的性格の対比とか、「走れメロス」の夕焼けの持つ力、とか、ふんふん、なるほどね(なんて偉そうだけど自分!)も面白く、また、日本の国語教育にまで話が進展して、明治以降の教育は、日本人が共同意識を持つためになされた、なんて言われると、うん、そうだよね、それって大きい!とか軽いノリで頷いてしまうところもよかった。春樹さんの話を読みたくて手に取ったら、意外なおまけがたくさんついてきた、というお得な一冊でした。

2012/04/30 21:05

投稿元:ブクログ

逗子図書館

村上春樹への批判ではなかったので安心しました。
時代が求めるものとのズレだったんですね。
アメリカと日本
97 父
120 自分の得意分野の発見と切り替え
191夕陽疑惑

2017/04/12 15:36

投稿元:ブクログ

メッタ斬りでも読んだように、芥川賞とか直木賞が、重要作品・人物に対して、往々にして授賞漏れしているのは、多分紛れもない事実。ま、人が人を評価する以上、絶対的な基準はない訳で、各人の立ち位置とかによっても当然違ってくる訳で。タイムリーなところでは、昨日発表になった本屋大賞が、直近の直木賞と一致したってのは珍しい例。プロの書き手目線と読者の目線も、大抵は一致しないし、選出作品に対して不平不満も出るだろうし。で、村上春樹。最近出た新作に対する意見が分かれているように、芥川賞授賞に関しても意見は分かれたんですね。芸術作品の評価が難しいのは当然として、それでもやっぱり、賞の性質を青田買いに求めている以上、授賞を逃したのは痛恨だと思ってしまいますが。

2012/01/22 00:15

投稿元:ブクログ

タイトルは本屋・図書館で手に取らせる、買わせるための「つかみ」。本当に語りたいことは新書じゃ足りないけどメジャー出版社ではなかなか単行本にならないのかな。でも斎藤美奈子さんとかトヨザキ社長はバンバン出してるぞ。リーダビリティとつっこみ話芸のみで評価すると私に教養がないせいか採点が伸びないのでした。残念。

2013/06/24 04:17

投稿元:ブクログ

基本的には日本の既成(当時の)文壇批判、つまり「近代文学批判」であり、作者は自覚しているかどうかしらないが、凡庸月並みな内容。春樹こそが「現代文学」の創造主であり、「近代文学」的芥川賞が取れないのは当たり前なのだが。それにしても、語り口が落研的でおおよそスベッテいる。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む