サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 1週間熟睡法 「いつも結果を出せる人」になる もう仕事中にウトウトしない!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

1週間熟睡法 「いつも結果を出せる人」になる もう仕事中にウトウトしない!
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.8
  • 出版社: 中経出版
  • サイズ:19cm/208p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8061-3792-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

1週間熟睡法 「いつも結果を出せる人」になる もう仕事中にウトウトしない!

著者 さかもと はるゆき (著)

朝、スッキリ目を覚ましたい。日中の眠気を吹き飛ばしたい…。そんな人に必要なのは短時間睡眠の技術ではなく、熟睡する技術です! 誰でも身につく1週間の睡眠改善プログラムを紹介...

もっと見る

1週間熟睡法 「いつも結果を出せる人」になる もう仕事中にウトウトしない!

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

1週間熟睡法

1,404(税込)

1週間熟睡法

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

朝、スッキリ目を覚ましたい。日中の眠気を吹き飛ばしたい…。そんな人に必要なのは短時間睡眠の技術ではなく、熟睡する技術です! 誰でも身につく1週間の睡眠改善プログラムを紹介。折込み式のスペシャルエクササイズ付き。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

さかもと はるゆき

略歴
〈さかもとはるゆき〉株式会社プレゼンシングインスティテュートジャパン代表。著書に「アクションブレーク術」「鏡の魔法で自分まるごと好きになる」「イメージだけで「らくな体」をつくる本」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/05/30 00:09

投稿元:ブクログ

睡眠に関する本。2010年。第一日目の簡単なトレーニングから始まり7日目で理想の睡眠がとれるようになる。睡眠時の姿勢や呼吸、体温の正しいキープ方法など参考になるところがある。最高の睡眠を作ってくれる専用の枕などのツールもお勧めしている。
寝具のコマーシャルをかねた本であり、商売っ気が大いに感じられる為星3つ。まあ、良い睡眠がとれれば良いのですけれど。

2010/09/14 06:16

投稿元:ブクログ

"■睡眠
①本来枕は必要ないんです。
②起きたら、深呼吸と、全身のストレッチ。いきなり走り出さない。"

2010/08/30 23:35

投稿元:ブクログ

マインドマップ&フォトリーディング・インストラクターの玉川一郎先生のメルマガで知る。

熟睡のために必要なものとは?
熟睡のコツは?
どのようにすれば、習慣化できるのか?
を知りたい。

2010/09/18 00:09

投稿元:ブクログ

 読みやすく分かりやすく実用的。
 なにせ読むのに20分かからなかったくらいだ。図も多く非常にわかりやすい。

 しかし、なんだろうこの物足りなさは。
 ページ下部に文章が集中していて、上部が開いているからだろうか。

 この本を読んで「よし! これで眠るぜ!」というイキオイが足りない。ありとあらゆるツールは提供されるんだけど、ツールが多すぎて筋道が見えないというか、この著者の作品はすべて読んでいるんだけど、いつもこんな感じの印象を受けてしまう。

 以下は内容にあまり関係のない雑感。
 にしても、なんで本文のカラーバランスが緑とグレーなんだろ。素人目にもダサいし、緑の男の人って印象が悪い。
 前作の「一瞬でやる気のスイッチを入れる アクションブレーク術」から、ビジネスマン向けになっているからだと思うんだけど、だとしたら、著者名がひらがななのはよろしくないと思う。
 それまでの著作のように、女性向けの癒し系なら分からないでもないんだけど、ビジネスマン向けの説得力はひらがなの著者名からは読み取れない。

 この本の中身、デザイン、名前から、あまり「他人にどう見られるか? どういう印象を与えるのか? 読んだ結果どう受け取られるのか?」という意識が薄いんだろうかとも考えてしまう。

 著者紹介に書いてあるとおりに「独自のボディコーディネーション法」を持っているとしたら、それで何を伝えたいんだろう? それを売りたい、広めたいなら、もっとギラギラアピールすればいいのに、と感じる。
 率直に言って、こぎれいにまとまった作品より、熱い思いがこもったものを読んでみたい。

2010/10/21 22:54

投稿元:ブクログ

寝るときの姿勢って考えたこともなかった。
人の背骨はS字じゃない?!(|| ゚Д゚)知らなかった。

早速実践!マクラをなくして早3日。
肩こりや日中の睡魔はどこへやら!
なんだかとっても体が軽い。なんだこりゃ(・∀・)
なんとなくちょっと眠い気がするのだけど、目が覚めてるのね。
不思議。

仕事中に眠かったり、肩が凝って仕方がない人は
ぜひ試してみるといいよ!
何日かラク~に試してみて、良さそうだったらとても儲けものだね。

私的には、両端に少し高さがあって真ん中はほとんど高さがないけど、
首の辺りは少し2センチくらいになってる枕ならほしい。
やっぱり布団のタナカかしら。
自分マクラだったらいいんだろうなぁ。って思う。
寝返りを打ったときは、マクラがほしくなるのよ。

そして、本の中にもたびたびでてくるのだけど、太極拳って体にいいのかな。
ちょっと気になります。

2010/10/26 23:00

投稿元:ブクログ

寝る・眠るの相違の解説、具体的な睡眠姿勢・環境の説明、入眠・起床・日中のメソッドと、具体事例を持って詳細を解説しているので、即実行できる内容で読みやすかった。

入眠に全く問題がないが。ボディスキャニング(ヨガのポーズのように手のひらを上に向けて身体を意識すること)で緊張を解きほぐす方法は取り入れたい。

起床メソッドのグーパー体操はやはり有効!ガバッと起きずにゆっくり横を向いて起きることに注意せねば。

日中メソッドにあるように、インナーマッスルを鍛えることが眠りの質を高める。電車の中でも体を意識するだけで鍛えられる。
会社で眠くなったら、立ったまま体を揺ら揺らさせると疲労物質が排出されるらしい。もうひとつ、眠くならない椅子の座り方は、クッションを入れて正しい姿勢になること。これは共にチャレンジ。また、昼寝はやはり良いらしい。

2012/09/24 21:38

投稿元:ブクログ

「枕は要らない」って説の解説を探して読んでみた。もっと寝具だとかそう言う話が多いのかと思ったが、太極拳や東洋医学をベースにした、身体と心の扱い方に多くのページがさかれている。
少し太極拳をかじった私にとっては分かりやすく、また直ぐに実行出来る内容だった。
枕?
使わない方が楽なのは実感済み。

2010/09/05 16:47

投稿元:ブクログ

いつも同じパフォーマンスを出すために大切なことは、仕事からの切り替えである。寝る30分前はリラックスタイムを作り、緊張をほぐす。体を温める為には掛けより敷き布団にこだわることが大事。もし、昼間眠くなったら、手足を動かしたり、15分程度の昼寝をするのが効果的。

2012/11/10 11:39

投稿元:ブクログ

熟睡をするために非常に参考になった。
体の緊張を解いてから寝た方が良いというのは、確かにそのとおりだよなーとか思うなど。

2010/09/25 00:22

投稿元:ブクログ

ベッドを買った、枕も変えたのに腰の痛みが取れない・・・・しかも寝れば寝るほど腰が痛くなるってどういうこと???という長年の悩みが解消できた。

仕事のパフォーマンスを上げるために、「睡眠」の質を向上したい、と切に願っていたので、いい本にめぐり合えたと思う。

明日から実行すること:
・ボディスキャニング
・サポートツールの活用

2012/11/02 22:47

投稿元:ブクログ

自分は寝てもすぐに目が覚めるので、読んでみました。
枕はなくても良い、と書いてあるので、すぐに実践してみました。
呼吸しやすいせいか、起きたとき頭が軽いような気がしました。もう少し試してみます。

2013/11/04 05:04

投稿元:ブクログ

眠りについて書かれてると思いきや、どちらかというと眠りの工夫について書かれている本です。

寝方や寝具についての豆知識にこれでもかというくらい語りかけた後、
眠りをやわらげるための体操の紹介で半分のページを占めています。

眠りの工夫だけでも、たくさんあり、非常に勉強になりました。
眠りの悩みがある方は一読をオススメします。
色々気付ける部分がありました。

2014/08/04 09:22

投稿元:ブクログ

自分の眠りについて意識したことはありますか?
日中のパフォーマンスを向上させるには、朝スッキリと目覚めることが大切です。
毎朝だらだらと、中々ベッドから出ることができないのは、眠りに原因があるのかもしれません。
本書では、自分自身の眠りの課題発見から、身体に合った寝具、寝る姿勢、
入眠法、起床法、日中を利用した熟睡しやすい体質の作り方まで、
「熟睡する技術」を一週間で学ぶことができます。
本書の特徴は、「熟睡するためにマクラは必要ではない」と主張しているところ。
(マクラの使用を完全に否定しているわけではない)
私は本書の内容を実践することにより、以前よりはスムーズに入眠できるようになりました。
効果は人によって異なりますが、眠りに困っていたら、オススメの一冊です。

健康・家庭医学 ランキング

健康・家庭医学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む