サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 神明解ろーどぐらす 3

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神明解ろーどぐらす 3(MF文庫J)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.9
  • 出版社: メディアファクトリー
  • レーベル: MF文庫J
  • サイズ:15cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8401-3513-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

神明解ろーどぐらす 3 (MF文庫J)

著者 比嘉 智康 (著)

一学期最後の日。池田十勝は、丹下まりもに些細な嘘をついた。「ねえ、土曜とか日曜とか、昨日の月曜とかにキララと会ったりした?電話したりとかした?」会ったり、電話したりしてい...

もっと見る

神明解ろーどぐらす 3 (MF文庫J)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

神明解ろーどぐらす 3

626 (税込)

神明解ろーどぐらす 3

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一学期最後の日。池田十勝は、丹下まりもに些細な嘘をついた。「ねえ、土曜とか日曜とか、昨日の月曜とかにキララと会ったりした?電話したりとかした?」会ったり、電話したりしていないと答えたのだが、それは嘘だった。そんな嘘をつかなくてはいけなくなった日の前日までは千歳キララ、富良野咲との四人でただただ楽しく下校していた。夏休みまであと二日—。はやくも雲行きの怪しくなってきたパラダイス下校伝説、異変。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

シリーズ最初の山場到来か?

2010/10/10 23:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終えてから改めて見る表紙に何とも切ないホロ苦さが残る。本シリーズが長期化すれば「最初の山場」となり、そうでなければ「最大のクライマックス」と称されるであろう大きな出来事が起こる第3巻は、その舞台となり、全8話のうち5話を占めた夏祭りのために用意されたと言っても過言ではあるまい。最初の3話は、実質的には前振りである。

アハハでウフフ、もしかしたらちょっぴりムフフ?という、いろいろと楽しげなイベントではあるが、多少強引ながらもこれを下校に絡めつつ、ゆっくり時間をかけて夏祭りを綴っている。いつもの4人による、いつも風景の中に、ほんの少しだけまりもの思惑を滲ませた流れを“表の展開”とすれば、突発的に行われた千歳の行動を“裏の展開”とすることができよう。そして、そこに現れる千歳の“心の友”が驚きをさらに助長することになる。三石留萌。そう、本巻で初登場を遂げた留萌が本巻最大の見どころであり、同時に今後の行方を大いに悩ますのである。

登場の仕方も驚きなら、その後の言動も驚き。ここまでの作風からすると、かなり毛色の違うキャラだけに、読み手としては少々戸惑うところだが、「せっかく良い雰囲気だったのに不穏な空気が漂ったなぁ」になるか、「これまでがちょっとユルかったから、これはこれで面白くなりそう」になるかは、読み手の好みもさることながら、今後の展開をどのように運ぶかで大きく変わってこよう。人の話をあまり聞かず一人で思い込むタチのまりもには「まず、千歳や十勝の話を聞きなさいよ」という気がしないでもないが、これをどういう形で収束させるのかが不安でもあり楽しみでもある。この仲介役としてさきっぽが意外な活躍をするかもしれない。どちらにせよ、これまでの下校仲間から一歩進んだ関係に発展するのか、やはりお仲間同士の関係は維持しようとするのか。この波乱の行方に注目である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夏休みにも下校をする方法

2010/09/19 17:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夏休み前に池田十勝が丹下まりもについていた小さな嘘の内容とは。そして、夏休みも下校をするために十勝が繰り出した秘策とは何か?

 3巻目だからそろそろ出しても良いかなという感じで、千歳キララが抱えていた秘密が十勝に開示される。中盤ではそういうキャラで行くんだ、というくらいだったけれど、ラストはかなりエグい展開になっていた気がする。
 色々かき回されたけれど、次はどういう話になるのか。夏祭りに行くのは下校じゃないじゃん、という点はおいておいて、意外にシリアス要素のあるストーリーになってきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/22 20:27

投稿元:ブクログ

・千歳はどうして留萌の話を十勝にしかしないのか

携帯の予測変換で登場人物の名前の一部に都市名が入ってることに気づく

読了。
なるほど、2巻で留萌に進展が無かったのは、4角関係(?)という下地が必要だったからか。
コメディ期待してたけど、この展開はなかなか気になる。
今まで中立だったさきっぽの立場が気になるところ。
あと、留萌の過去も気になるところ。

なんとなく 令丈 ヒロ子著の『ダブルハート』(asin/4062105810)を連想した。

2010/09/26 17:14

投稿元:ブクログ

チキララのネガティヴぶりはもはや神業の域(笑)「幸せすぎて怖い」が口癖って素晴らしい生活だと思えるのに、そういかないあたりが流石です(笑)後半でガラッと話が動きましたね。個人的には今までどおり下校を楽しむだけでもよかったけど。円満解決への鍵を握るのはさきっぽに思えて仕方ない。

2010/09/22 17:56

投稿元:ブクログ

2010 9/22読了。WonderGooで購入。
・・・え、え、え、誰得? と思わず口にしてしまった超展開。
正直、その路線にはいかなくて良かったんじゃないかなー、とか、次巻以降を今までほどほっこりとは楽しみにできなくなったなあ、とか。

2011/08/01 20:45

投稿元:ブクログ

偉大なる下校家,十勝の下校人生録.その3巻ですよ.
今回は夏休み前半のお話.
夏休みを迎えて,2学期までもう下校が出来ないと思ってたけど
夏期講習に参加することによって夏休み中の下校を可能にした4人.
その最終日の夜にあった祭りの夜に甘酸っぱい出来事が盛り沢山.
ちきららが,さきっぽが,たんまりが,十勝が….
そして“例のあの人”が.

この青春ポイントの高いイベントでどうなってしまうのかー.
面白かったよ.

2010/11/23 23:37

投稿元:ブクログ

序盤から中盤まで、いつも通りの展開かと思ってたら、終盤で思わぬ展開に唖然・・・。 こんな展開予想してなかっただけに、次巻がかなり気になります。

2011/09/11 11:11

投稿元:ブクログ

メインヒロインじゃない子が、告白しようとあれこれ思い悩む展開で悶絶しながら背中掻きむしる回。どういう結果になるかプラス方向になる事はなかなか無いのでドキドキしながら読みすすめると……。
……これは想像してない方向の展開。びっくり、そしてやられました。

2013/03/05 09:57

投稿元:ブクログ

評価:☆4.5

下校系ラブコメ第3弾。

ギャグに関してはもはや説明不要。相変わらずのキレ。
夏休みを地獄と称し、下校がしたいがために有料の補講を自ら申し込むとかどんだけだよ(笑)

今巻に関してはさらにラブコメのラブ要素が重視されてきた感じ。
千歳とまりものドキドキがすげー伝わってきた。
特にまりも!普段のナルシストぶりと違ってピュアすぎる・・・何だこの可愛い生き物(´∀`*)

十勝と千歳が二人っきりになった瞬間、「これはまりもが見て泣くフラグや・・・」と思ってたら案の定。
可哀相すぎてもう見てられなかった(ノД`)
そしてそこで励ますさきっぽがイケメンすぎてうるってきたよ・・・。

謎が深まる留萌。
そして千歳とまりもの恋の行方はいかに!?
続刊も楽しみだ。

MF文庫J ランキング

MF文庫Jのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む