サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 雪姫 遠野おしらさま迷宮

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

雪姫 遠野おしらさま迷宮
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.9
  • 出版社: 兼六館出版
  • サイズ:20cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87462-067-0
  • 国内送料無料

紙の本

雪姫 遠野おしらさま迷宮

著者 寮 美千子 (著)

「オシラサマを相続してほしい」封印された百年の秘密とは?恐ろしくも懐かしい、美しき怪談。【「BOOK」データベースの商品解説】「おしらさまを相続してほしい」 封印された1...

もっと見る

雪姫 遠野おしらさま迷宮

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「オシラサマを相続してほしい」封印された百年の秘密とは?恐ろしくも懐かしい、美しき怪談。【「BOOK」データベースの商品解説】

「おしらさまを相続してほしい」 封印された100年の秘密が今、紐解かれる…。遠野を舞台に、恐ろしくも懐かしい異界と触れあうことの不安と喜悦を、繊麗な筆づかいで鮮やかに描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

寮 美千子

略歴
〈寮美千子〉1955年東京生まれ。中央大学文学部中退。外務省、広告制作会社勤務を経て、毎日童話新人賞を受賞。童話作家として活動をはじめる。「楽園の鳥」で泉鏡花文学賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/04/29 20:23

投稿元:ブクログ

遠野物語に出てくるお話を紡ぎ合わせたような、幻想的な昔話を読んでいる雰囲気。先に遠野物語を読んでいるとなお楽しめる。
2011/4/29

2014/05/27 13:29

投稿元:ブクログ

この物語全体に漂っている雰囲気ー湿度や暗さーが日本的でいい。遠野市に行ってみたくなった。

これって、不思議な話なのかな・・・と思っていたが、愛の話だった。雪姫と冬馬の長い長い話。

また時間をおいて再読したい。

2011/01/04 21:31

投稿元:ブクログ

いま、読めてよかった。
うまく言えないのだけど。
しんどいとこもあったのだけど。
本との出会い、
このセリフ、シーン、思い、
わたしにとって必要なものだったのではないか、と。

遠野、やはり行きたい。と思いました。

2011/04/06 23:09

投稿元:ブクログ

遠野のさまざまな伝承をまじえた幻想小説。ホラーっぽい雰囲気もときどきあるけれど、怖いよりも物悲しさを感じさせられる物語です。そしてロマンチックな要素もちょっとあるかな。
その都度歌詞の変わる数え歌が秀逸。巧いなあ。それぞれの状況に合っていて、怖かったり哀しかったりほんわかしたり。雰囲気に浸れました。出来れば冬の静かな夜に、ひっそりと読みたい一冊です。

2010/12/14 09:47

投稿元:ブクログ

「遠野物語」の様々な伝承を取り入れた幻想的なホラー。怖いというよりはクラクラする。雪姫と人外のものたちとの交流には心が温まる。

2011/08/01 13:13

投稿元:ブクログ

一人遠野の夕暮れに山の中自転車を走らせた時、まるで彼岸と此岸の淡いに迷い込んだようで、肌が泡立つあの感じを思い出しました。

2013/11/28 08:10

投稿元:ブクログ

キャラメルを一箱握らされ母に捨てられた雪姫は、教会の施設に預けられ、そこで育った。施設を出て一人暮らしを始めて五年目、突然、弁護士から遠野の五百坪余の古民家の相続権者である旨の手紙が届く。ここから雪姫のルーツを探る旅が始まる。遠野の民話などをうまく取り込んだ幻想的で少し哀しい作品に仕上がっている。

2010/12/05 23:03

投稿元:ブクログ

今秋発行された寮美千子さんの最新小説「雪姫 遠野おしらさま迷宮」を読んで以来、遠野地方の方言に敏感に反応するようになった自分を感じている。東北弁の一つなのだろうが、とても繊細で、極めて情緒豊かな言葉と感じるのだ。わかるわからないの違いを越えて、遠野の言葉はとても懐かしい響きを漂わせている。「おしらさま」の物語もこの遠野の言葉を背景にして、鮮やかな舞台として記憶に染み込んでいく。

この小説の舞台になるのが岩手県の遠野。これまでおいらも何度か訪れたことのある遠野の町は、今では岩手山間部の中核都市だが、都市とは云い難い特別な磁場を発している特別な町である。民俗学者・柳田國男の「遠野物語」、あるいは写真家・森山大道の「遠野物語」の舞台として有名なのだが、寮さんの新作小説は、さらに鮮やかな風を吹き込んでいくかのようだ。

「オシラサマを相続して欲しい」という依頼を受けて、主人公の雪姫が辿る迷宮の物語。詳細はネタバレにも繋がるので避けるが、この地方の妖艶でありながら懐かしい妖怪が色々に出没するドラマの展開を辿りながら、ある種のカタストロフィーの愉悦とでも云うような感慨を抱いたのでした。

またこの小説の中には「ひっつみ」「割り干し大根」等のおいらの大好きな岩手の料理たちが、ピリリと光る脇役として登場していて、さらに物語世界に引っ張り込まれてしまったのでありました。

2012/03/17 22:05

投稿元:ブクログ

【ネタばれします:注意!】

ちょっと前に読みおわった。

寮 美千子さんの小説。
手に取るまでは、「ゆきひめ」って読んでました、実は。

【ここから話の内容の記述あり】
民間伝承のメッカである、遠野を舞台にしているだけあって、主人公が昔話を聞いたり、昔ながらの暮らしをするところから、グイグイ引っ込まれた。
登場してくる異界の人たちが、あったかみがあっていいなぁ。

2011/03/29 19:01

投稿元:ブクログ

読んでいるうちに頭の中がくらくらとして、自分の意識がどこかに飛んで行くかのような不思議な幻惑感を味わいながらも、雪姫にまつわる秘密が知りたくて、次から次へと読み進めてしまいました。

元々が幻想的な作品が好きなものですから、この作品の醸し出す不思議な空気にどっぷりと浸りながら、久々に魅惑的な読書時間を過ごすことができました。

ラストのまとめ方にやや違和感を覚えましたが、それを差し引いても十分に素敵な小説でした。

2011/09/16 11:41

投稿元:ブクログ

マヨヒガにひたるようなお話。

はじめはホラーかな、と読んでいたものの、読みおわったあとは帯にあるように『怪談』と区分するのが良さそうだ。

オシラサマ、血筋、マヨヒガ、因縁、妖怪、フォルクローロ、捉え方を変えるとかなり陰欝なホラーにもなりかねないのだが不思議とふんわりと新雪のような読語感、遠野に旅にでたくなってしまった。

……もしかしたら呼ばれているのかもしれないなぁ。


遠野の地に震災の影響が少ないことを祈る。

2015/06/06 00:43

投稿元:ブクログ

遠野物語的なお話は好きなので読んでみた。
引き寄せられるように遠野に導かれ、不思議な人々に出会うことで、自分の出生の秘密が紐解かれていく…。
オシラ様や座敷童、覗いてはいけない奥座敷から聞こえてくる、時に懐かしく時に恐ろしい不思議な声。
じんわりとした丁度いい怖さで、グイグイと引き込まれた。ここまでは。
前世がなんちゃら辺りから雲行きが怪しくなり、ラストのこじつけたような恋愛ファンタジー化で、全て台無しになってしまった。
そんなのは求めてない。

ホラー・怪談 ランキング

ホラー・怪談のランキングをご紹介します一覧を見る