サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. フィボナッチ 自然の中にかくれた数を見つけた人

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

フィボナッチ 自然の中にかくれた数を見つけた人
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2010.9
  • 出版社: さ・え・ら書房
  • サイズ:29cm/40p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-378-04126-1
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

フィボナッチ 自然の中にかくれた数を見つけた人

著者 ジョセフ・ダグニーズ (文),ジョン・オブライエン (絵),渋谷 弘子 (訳)

1、1、2、3、5、8、13、21、…。この数のならびは、13世紀、イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチが世に広めた数列で、「フィボナッチ数列」と呼ばれています。この...

もっと見る

フィボナッチ 自然の中にかくれた数を見つけた人

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1、1、2、3、5、8、13、21、…。この数のならびは、13世紀、イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチが世に広めた数列で、「フィボナッチ数列」と呼ばれています。この数列は、いったいどういう数のならびなのでしょう?この数列の数は、花びらの数や葉っぱの生えかた、植物のつるの”うずまき”などにあらわれます。それは偶然ではなく、数が自然に愛されている証でもありました。【「BOOK」データベースの商品解説】

花びらの数や葉っぱの生えかた、植物のつるのうずまきなどにあらわれるフィボナッチ数列。この数列を発見し、現在はうさぎの繁殖に関する簡単な文章問題でその名を知られる優れた数学者レオナルド・フィボナッチの物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジョセフ・ダグニーズ

略歴
〈ジョセフ・ダグニーズ〉作家。ジャーナリスト。
〈ジョン・オブライエン〉雑誌『ザ・ニューヨーカー』への寄稿多数。人気の高い児童書に数多くのイラストを描いている。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.7

評価内訳

2012/05/11 06:37

投稿元:ブクログ

「算数」が好きのなる本を紹介しようと思って。
でもこれは、小学生にはちょっと難しいな・・・
自然の中の不思議な数列があるってことをなんとなく分からせるのには
イイのかもしれませんが。
第一、私自身理解できない(ーー;)

2011/01/15 22:42

投稿元:ブクログ

数学者レオナルド・フィボナッチの生涯とフィボナッチ数列のふしぎ

1、1、2、3、5、8、13、21、34、55‥

花びらや種を数えてみたくなります

2010/12/12 23:20

投稿元:ブクログ

イトルで図書館予約したら、伝記ではなくて絵本だった本。

それでも、フィボナッチがどんな人だったのか(想像ですが。。。)、フィボナッチ数列がどんな数なのかといったところがわかる素晴らしい絵本でした。


ブログはこちら。
http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/3144950.html

2011/09/01 20:30

投稿元:ブクログ

中世のイタリア。レオナルド・フィボナッチはいつも数の事ばかり考えていたため、「能なし」と呼ばれていました。商人であった父について、アフリカを訪れたフィボナッチは、インド・アラビア数字に魅せられる。その後も父についてゆく先々の国で数学を学んでゆく。父の仕事の相棒であるアルフレードは、他人に能なし呼ばわれされるフィボナッチをいつも励まし、一緒に花びらやヒトデの指を数を数えてくれる。
現在では、偉大な数学者として知られるレオナルド・フィボナッチの伝記絵本。

2010/11/09 14:21

投稿元:ブクログ

原題:Blockhead

学習漫画で読んだ平賀源内の子どもの頃のことを思い出しました(汗)。
平賀源内も勉強そっちのけで物が動く仕組みとか仕掛けにばかり興味を持って「のうなし」と呼ばれたのでした。

フィボナッチ数列についてなら、「たくさんのふしぎ」の中に面白く説明された本があったような気がするけど、なんて本だったかなぁ・・・。

ごめんんささ、絵が好きじゃありません。

2012/02/13 23:29

投稿元:ブクログ

中世のイタリアでフィナボッチ数列と呼ばれることになる数列を発見したレオナルド・フィナボッチの物語。数を数えるのが好きだった少年はのうなしと呼ばれてながらも、数について商人や自然界から学び、隠された素晴らしい法則を見つける。そして、花や海の波、松ぼっくりなどはみなフィナボッチ数列でできていた…。フィクションだけど、現実を元にした夢のある物語。数って美しい。

2011/09/21 09:38

投稿元:ブクログ

天才であるがゆえに理解されない苦しみ。一方で理解ある人に出会えたことに安堵した。数学のことはよくわかりません。

2011/10/08 09:44

投稿元:ブクログ

数学者レオナルド・フィボナッチを描いた絵本。
自然界にひそむ不思議な数列。
お話の中で、うさぎの繁殖問題にトライでき、
最後のページには数学のクイズが載っています。
レオナルドは“のうなし”と呼ばれますが、
愚直なまでに好きなことに打ち込む、っていいな。

2013/01/16 23:35

投稿元:ブクログ

フィボナッチというとフィボナッチ数列の?程度しか知らなかったけれど、むしろ最大の功績はインド・アラビア数字をヨーロッパに持ち込んだこと。
フィボナッチ数とそれによって作られるうずまきの美しさと不思議さに
感動する。

2012/03/08 10:49

投稿元:ブクログ

1、1、2、3、5、8、13、21、…。このフィボナッチ数(列)というものを発見した歴史的な数学者のお話。フィボナッチ数列というのは、まず最初に正方形を一つ描きます。(辺の長さ:1)その隣に同じ大きさの正方形をもう一つ。(辺の長さ:1)今度は並べた2つの正方形の辺の合計を一辺の長さとする正方形を隣に描く。(辺の長さ:1+1=2)次にその並べた正方形の辺の長さの合計となる正方形を描く(辺の長さ:1+2=3)と、どんどん大きくしていって、その頂点を結ぶ弧をつないでいくと綺麗な渦巻きになっていく……。この数列が面白いのは、自然の中にたくさん存在していて、松ぼっくりやひまわりの種の並び、オウムガイの渦巻きなど、自然界にある「美しい」と感じる渦巻きはほぼこの数列に則しているのだとか…読み聞かせる側がそうとう厳しい絵本ですが、こういう絵本もあるのだなぁ……と、熟読してしまいましたwでも、自然の中の法則性を教える…という発想は面白いかも…と思って見たりして。<やはり理系養成ギブス的な親だw

2012/08/23 23:03

投稿元:ブクログ

科学未来館で手に取りました。胸の痛くなるような、でも信じるものを持つ人の美しいお話。数学に興味のない人にもおすすめしたいです。

2016/06/04 16:33

投稿元:ブクログ

6年生の読み聞かせに。数学好きな人にはフィボナッチ数列が好きな人も多いと思うので、関心をもってもらえれば、と思います。ただ、15分の持ち時間では厳しいので、フィボナッチ数列の辺りまでで後はざっくり紹介。「わかるでしょう」(P.26)と言われても、数学音痴の私にはよく分からなかったので、「翌月増える組数=今月の大人の組数=先月の全組数」が分かるように説明図を作成、そのほかいくつか説明図を作って使用しました。

2012/09/19 15:33

投稿元:ブクログ

フィボナッチさんの伝記です。ずっと数字のことを考えていて、楽しかったんだろうな。父が商人だったり、各国を回ったり環境にも恵まれた部分もあったことでしょう。赤ちゃんうさぎの話は知らなかった。アラビア数字って画期的だったんですね。

2015/04/11 22:48

投稿元:ブクログ

子ども向けの絵本です。数学が苦手だったので縁のなかったフィボナッチ。だけどなんとなくどういう点がすごいのかわかった気がする。あと、天才は凡人達には理解されずらいという話ね。

2015/12/12 22:38

投稿元:ブクログ

小学校高学年に読み聞かせできるかも、と思って図書館で借りてみました。
読み聞かせするには、ちょっと時間的にボリュームがあるのと、渦巻きの絵など細かいところを見せたいと思うので、教室でクラス相手に読むのは諦めました。

数字好き、算数好きの子にはとても興味深い本だと思います。
特に数に興味のない子に対して、この本をきっかけに数に興味を持たせるには、内容的にちょっと難しいかも。

算数好きの大人である私にはとっても面白かったです。
フィボナッチ数列は知っていましたが、それが自然界に色々存在していることは全く知らず、自分でも確認してみたくなりました。

理科・自然科学 ランキング

理科・自然科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む