サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ぐいぐいジョーはもういない

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぐいぐいジョーはもういない(講談社BOX)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.9
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社BOX
  • サイズ:19cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-283755-2
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ぐいぐいジョーはもういない (講談社BOX)

著者 樺 薫 (著)

完全試合達成目前の全国大会決勝戦、ピッチャー城生羽紅衣は小駒鶫子に、なぜか不敵に不吉に微笑んだ。これが豪腕・羽紅衣の見納めか?バッテリーの愛のゆくえは?許婚がいる長身美人...

もっと見る

ぐいぐいジョーはもういない (講談社BOX)

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

完全試合達成目前の全国大会決勝戦、ピッチャー城生羽紅衣は小駒鶫子に、なぜか不敵に不吉に微笑んだ。これが豪腕・羽紅衣の見納めか?バッテリーの愛のゆくえは?許婚がいる長身美人投手“ぐいぐいジョー”、高校最後の夏。【「BOOK」データベースの商品解説】

完全試合達成目前の全国大会決勝戦、ピッチャーの羽紅衣は鶫子になぜか不敵に不吉に微笑んだ…。これが豪腕・羽紅衣の見納めか? バッテリーの愛のゆくえは? 女子野球部の汗と涙の青春物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

樺 薫

略歴
〈樺薫〉1980年生まれ。著書に「めいたん」「藤井寺さんと平野くん」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/02/19 02:29

投稿元:ブクログ

ピッチャーの城生羽紅衣とキャッチャーの小駒鶫子。このバッテリーでの最後の試合と、入学前の出会いからの軌跡が交互に進んでいきます。
野球に詳しくないのでなんですが、しっかりと試合の様子が書かれていると思います。百合描写はポイント程度にあり、それがまた良し。

2011/09/10 15:20

投稿元:ブクログ

舞台は女子硬式高校野球全国大会決勝戦。物語の始まりは9回裏2死。リードは1点、ここまでヒット、エラー、四死球はゼロ。
3年生のエースはこの大会で野球は最後……。

試合が完璧ならストーリーも完璧に終わる。そんな野球小説。言葉で語れるこのスポーツ、好きとか嫌い以前に精神の最奥に刻まれてるのだな、と読後に腑に落ちてしまう一冊でした。

2011/10/15 18:24

投稿元:ブクログ

百合女子野球もの。ぎりぎりまで減量を重ねたって感じの文章。きちんとした日常シーンは6章でやっと描かれるくらいだし、一言も喋らないチームメイトがいるくらい。ミニ四駆のボディだったらコーナリングで折れちゃうよってくらいの軽量化。そこがクール。

ここまでして浮かせた文字数をじゃあ何につぎ込むのかっていうと、それはもちろん試合シーン。9回まで試合を丁寧に描けば、日常描写がなくても一言も喋ってないキャラがいても好きになれるはず! っていう作者の自信を感じたし、実際そうだった。すごいけど、相当な賭けだったろうなと。

女子校で、バッテリーが好き合ってたらいくらでも脂っこくできたのに。食い足りなさは正直ちょっとあるけど、クールでかっちょよかった。

2012/02/10 03:47

投稿元:ブクログ

女子野球の全国を目指すお話、でしょうか?
青春以上、百合未満?かと思いきや、最初と最後はキッチリ百合でした(汗
現在を回想で補っていく構成は、個人的にはあまり好きではないのですが、物語の起点が現在となっていて、回想が実際の物語……な印象を受けました。そう言う意味では青春モノなのかな。
 感想としては、可もなく不可もなく……。
 イベント事が山あり谷ありというわけでもなかったので、球種の読み合いとヒロイン二人の友情みたいなところだけが印象に残った感じで、伏線はあれど、素直なストーリー。読みやすかったとは思います。
 秋など季節の良い時、暇をもてあました際にゆったりとした時間で軽く読むのに良いかな。