サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 断罪のイクシード 白き魔女は放課後とともに

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

断罪のイクシード 白き魔女は放課後とともに(GA文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.10
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: GA文庫
  • サイズ:15cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-6227-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

断罪のイクシード 白き魔女は放課後とともに (GA文庫)

著者 海空 りく (著)

巷を騒がせている連続殺人に巻き込まれ殺されかけた藤間大和は、転校生の東雲静馬に魔術で命を救われて、彼女の家で意識を取り戻す。「って、なんでお前、裸!?せめて隠すとかしろよ...

もっと見る

断罪のイクシード 白き魔女は放課後とともに (GA文庫)

670(税込)

断罪のイクシード ―白き魔女は放課後とともに―

648(税込)

断罪のイクシード ―白き魔女は放課後とともに―

ポイント :6pt / 紙の本より22おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「断罪のイクシード 白き魔女は放課後とともに」が含まれるセット商品

断罪のイクシード (GA文庫) 全5巻完結セット(GA文庫)

断罪のイクシード (GA文庫) 全5巻完結セット

商品説明

巷を騒がせている連続殺人に巻き込まれ殺されかけた藤間大和は、転校生の東雲静馬に魔術で命を救われて、彼女の家で意識を取り戻す。「って、なんでお前、裸!?せめて隠すとかしろよっ!?」「どうしてこの私が、貴方に気を使わなければならないのよ。貴方こそ気を使って自分の眼を潰しなさい」「おかしくないソレっ!?」化け物によって起こされている連続殺人を止めるべく、この町に来たという静馬に大和は協力を申し出るが、返ってきたのは冷たい拒絶。それでも大和は静馬を追いかけて超常の夜へ赴くのだが—第2回GA文庫大賞優秀賞作品。【「BOOK」データベースの商品解説】

【GA文庫大賞優秀賞(第2回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

自分を追い込む少女と、彼女に手を伸ばす少年

2011/01/07 22:24

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高校生の藤間大和は悪夢を見た。自分が黒犬に食い千切られ殺されるリアルな夢を。友人の雨森穂波にそんな話を話しながら行った教室で、人形の様に美しい転校生・東雲静馬に出会う。だが彼女は、他人とのコミュニケーションを真っ向から拒絶していた。
 彼女と再会したのは夜。日課のトレーニングを行っていた大和は、本当に黒犬に殺されかけてしまう。絶体絶命の彼を助けたのが東雲静馬だった。彼女は魔術を使い、悪魔と一人戦っているらしい。悪魔という存在は、大和の古い記憶を刺激する。彼の剣の師匠である神原天童が戦った存在と、彼が残した一振りの日本刀、式刀・破錠、そして塞ぎ込んだ自分の姿を。
 心中から突き動かされるものがあり、静馬に協力を申し出る大和なのだが、すげなく断られてしまう。一体彼女が抱えるものとは何なのか、そして大和は彼女を救うことが出来るのか?

 第2回GA文庫大賞優秀賞受賞作とのことなのだが、応募作品としては異例だと思われることに、作中に登場する伏線が多く回収されないままに残される。大概、応募作品は一巻完結で構成するものだと思い込んでいたので、意外だった。もともと続巻を予定して書かれているのだろうか?もしそうではないならば、印象ベースで半数以上の伏線が残されたままというのは、いかにも不親切という気がする。
 主人公を取り巻くクラスメイトたちも多く登場するのだが、静馬から突き放されたところから始まるので、心理的に近づくまでのプロセスが必要だったり、静馬の事情を描写したりするのに紙幅を割かれるので、クラスメイトにまでは手が回らなかった様に思われる。イラストにも登場しているのに、本文中での扱いが軽いというギャップが物足りなかった。

 全体的に色々と裏設定を盛り込み、設定が複雑になっている様なので、紙幅との関係で消化不良の感が否めない。今回でメインキャラの関係は出来上がったので、2巻以降ではスッキリとストーリーを展開させられると思うので、そこに期待したいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/23 23:45

投稿元:ブクログ

巷を騒がせている連続殺人に巻き込まれ殺されかけた藤間大和は、転校生の東雲静馬に魔術で命を救われて、彼女の家で意識を取り戻す。
「って、なんでお前、裸!?せめて隠すとかしろよっ!?」「どうしてこの私が、貴方に気を使わなければならないのよ。貴方こそ気を使って自分の眼を潰しなさい」「おかしくないソレっ!?」
化け物によって起こされている連続殺人を止めるべく、この町に来たという静馬に大和は協力を申し出るが、返ってきたのは冷たい拒絶。それでも大和は静馬を追いかけて超常の夜へ赴くのだが―

(読了:2010/12/23)

2010/10/26 19:34

投稿元:ブクログ

某上条さん好きなら楽しめると聞いて。真っ直ぐでアツい主人公はやっぱり好きです。特に最後の大和のアゲ方はいいなぁ。会話もテンポがよくてグッド。今回はあまり前に出てないサブキャラもそれぞれに濃かったし。次が楽しみ。

2010/10/19 12:50

投稿元:ブクログ

王道というか、なんというか。
読み終わった時に感じたのは「つまらなかった」という気持ちだけだった。

2012/01/29 19:12

投稿元:ブクログ

BOOKWalkerでGA文庫のキャンペーンをしていたため購入。
電子書籍は表紙で躊躇しなくていいので良い。

内容は普通。
続刊は買わない。

でも、だんだんこの手のラノベのテンションについていけなくなる自分を感じる。狙いはわかるけど。歳かなぁ。。。

2010/10/17 01:57

投稿元:ブクログ

王道学園ファンタジー。
印象としては、月姫と灼眼のシャナを足して2で割った感じ。

主人公と妹、ヒロインと兄の関係を微妙に重ねて描いてるのはなかなか上手いと思った。

全体的に、狙った感満載の中二病描写が逆にアリだった。
術式とかマナとかの描写はちょっとやりすぎた感もあったけど。

日常の会話やギャグシーンはよくかけてたと思う。
テンポのいいギャグはところどころ素でフイタ。

主人公が謎のパワーアップを果たしてラスボスを倒す、みたいな超展開もなかったし、違和感なく収まった感じがした。
ただ2巻を続かせるための終わり方な印象は受けた。

続刊が楽しみー。

2012/08/09 07:40

投稿元:ブクログ

巷を騒がせている連続殺人に巻き込まれ殺されかけた主人公と、解決のためにきた転校生との若干異能のバトル学園もの。
第2回GA文庫大賞優秀賞作品。

日常パートは主人公のフツーの友達とのやりとりは軽快で面白いんだけど、バトルシーンちょっと・・・
異能ものなんである程度解説が必要だけど、その解説ではあんまり情景が浮かばないし、「戦う」でなく「会話」がメインことが進んでいっているようなイメージなんで・・・。

2012/01/14 03:11

投稿元:ブクログ

いろいろ、どこかで見たような設定、言い回しはあったけど、展開がスムーズで楽しかった。主人公が活躍するのは次から?

GA文庫 ランキング

GA文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む