サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. かべ 鉄のカーテンのむこうに育って

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

かべ 鉄のカーテンのむこうに育って
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2010.11
  • 出版社: BL出版
  • サイズ:31cm/48p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-7764-0434-7
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

かべ 鉄のカーテンのむこうに育って

著者 ピーター・シス (作),福本 友美子 (訳)

家では、なんでもすきなものをかいたが、学校では、かきなさい、といわれたものをかいた。戦車をかいた。戦争をかいた。教わったことに何の疑問ももたなかった。やがて、教わらないこ...

もっと見る

かべ 鉄のカーテンのむこうに育って

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ジュンク堂書店仙台TR店

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

家では、なんでもすきなものをかいたが、学校では、かきなさい、といわれたものをかいた。戦車をかいた。戦争をかいた。教わったことに何の疑問ももたなかった。やがて、教わらないこともあると知った。第二次世界大戦後、冷戦時代のチェコスロバキア。「鉄のカーテン」に閉ざされたきびしい支配のもとで、悩み、成長し、夢を追いかけたピーター・シスの自伝的絵本。2008年コールデコット・オナーブック受賞。【「BOOK」データベースの商品解説】

第二次大戦後、冷戦時代のチェコスロバキア。「鉄のカーテン」に閉ざされたきびしい支配のもとで、悩み、成長し、夢を追いかけたピーター・シスの自伝的絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ピーター・シス

略歴
〈ピーター・シス〉1949年旧チェコスロバキア生まれ。プラハの美術工芸学校と、ロンドンの王立美術大学で絵画と映画制作を学ぶ。「生命の樹」でボローニャ国際児童図書展ノンフィクション大賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/05/11 21:27

投稿元:ブクログ

烏兎の庭 第五部 書評 4.5.15
http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto05/bunsho/kabe.html

2011/04/19 16:29

投稿元:ブクログ

冷戦時代のチェコスロバキア。「鉄のカーテン」に閉ざされた支配下で絵を描き夢を追い続けた著者の、自伝的絵本。独特の細かい描写により歴史的事実、当時を生きた若者の気持や夢などが、わかりやすくしかも雰囲気を伝える形で表現されている。ピーター・シスの絵は本当に「格好いい」が、この本はそれだけではない。思想統制、そして疑問を持たないということの怖さを実感できる。

2011/10/13 07:38

投稿元:ブクログ

第二次世界大戦後、冷戦時代のチェコスロバキア。色々な強制、支配のもとで絵を描き、夢を追い続けたピーター・シスの自伝的絵本。絵本とはいっても中高生や大人向けのYA絵本。読みごたえがあります。彼が幼いころからどんな強制を受け、世界が変わっていったのか、コマ割りの絵と日記で紹介されます。白黒の絵の中にいつも赤い旗が。そして次第に彼の絵の色が鮮やかに増えていく・・・。どんなことがあったかという説明文は多いですが、彼自身の思いは詩のように短い文章でつづられていきます。けれど、絵と彼の言葉を見ていくと、彼や彼の仲間たちがどんな思いでいたか伝わってきます。最後に色とりどりのキャンバスが羽となり、飛んでいく絵が印象的です。「鉄のカーテン」「ベルリンの壁」「冷戦」「共産主義」こういう言葉を習った学生に読んでほしい一冊です。

2011/09/25 19:58

投稿元:ブクログ

『星の使者』『生命の樹』などで知られる絵本作家ピーター・シスの自伝絵本。
冷戦下のチェコスロバキアに生まれたシスは、共産主義の抑圧された環境に育った。
やがて、「鉄のカーテン」の向こうの世界を知り、自由に憧れるシス。
暗い時代にあっても、夢だけは持ち続けた。

そして言う―生きているかぎり、絵をかきつづける―と。
中学生くらいからかな。

2016/11/02 08:53

投稿元:ブクログ

絵本の体裁ではあるが、大人向け。共産主義の社会が実際どのようなものだったかを、子ども(から青年)自身の立場で描いている。描いている現在はアメリカ在住の大人であるから、もちろんその視点も加わっている。
「チェブラーシカ」で、ピオネールが赤いスカーフを首に巻いて奉仕活動し、それを見たチェブラーシカが「ぼくもピオネールに入りたい」と憧れるシーンがあったが、実際にはピオネール参加も奉仕活動も強制であったこと(しかしジプシーの少年は入れてもらえなかった、つまりあからさまな差別があった)などが描かれる。密告を奨励し、資本主義は腐敗しているとの洗脳を幼いころから教育として受けるので、疑う気持ちなど微塵もない。『スターリンの鼻が落っこちた』と合わせて読むといいと思う。
この本ではさらに、どんなに政府が規制してもビートルズやストーンズやギンズバーグといった自由な資本主義文化が入ってきて、敏感な若者たちはそれを求めずにはいられない様子が生き生きと伝わってくる。
ジーンズは、初めは労働者の作業服という理由で許されていたが、欧米に憧れる若者が着るようになったら、西側諸国の退廃のしるしだと禁止されたとか、吹き流しの絵を描いたら、風はどっちから吹いているのか(西から東に吹いていたら西側のイデオロギーの侵入を認めたことになる)、政府に確認され、「君の風は正しい方向に吹いていた」と言われた、など、笑い話としか思えないようなことが実際にあったというのは、歴史の証言として貴重だ。
シス自身の幼いころからの写真や、作品、日記がふんだんに使われており、中身のぎっしりつまった大判のこの本が1600円なら安いと思う。

2015/03/22 21:51

投稿元:ブクログ

大人が読む絵本

戦争のために奪われていったものが
とてもシンプルに描かれいる。
しかし、そのシンプルに表されている言葉一つ一つが
大変重く感じられた。
それも、モノトーンを基調に描かれている絵の力も大きいんだろう。
「戦争」の恐ろしさ、個人に与える辛さを想像できる良い絵本だと思う。

ノンフィクション絵本 ランキング

ノンフィクション絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む