サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. クロノ×セクス×コンプレックス 3

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クロノ×セクス×コンプレックス 3(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2010.11
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/227p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-870045-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

クロノ×セクス×コンプレックス 3 (電撃文庫)

著者 壁井 ユカコ (著)

念願の現代日本への帰還をはたしたミムラは、どこか違和感のある故郷で、ついに三村の体を持つミムラ・S・オールドマンに出会った。そしてわかった事実—それは、故郷は三村の知って...

もっと見る

クロノ×セクス×コンプレックス 3 (電撃文庫)

594(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

念願の現代日本への帰還をはたしたミムラは、どこか違和感のある故郷で、ついに三村の体を持つミムラ・S・オールドマンに出会った。そしてわかった事実—それは、故郷は三村の知っているものと大きく変わっており、幼なじみの小町が存在ごと消えているということ。意気消沈して学園に戻ったミムラのために、オリンピアは新たな時間魔法を使う。そのおかげで学園に起こる大パニック。そしてミムラは、時間の改変がもたらす恐ろしい結果と、「小町を忘れるな」という司書の言葉の意味を知ることになる。司書の正体とは—。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.2

評価内訳

小町の真実

2010/11/21 00:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自分の故郷の街にもどった三村朔太郎inミムラ・S・オールドマンは、半年ほど成長したミムラ・S・オールドマンin三村朔太郎に会い、自分の周囲の環境が記憶と全く違っていること、そして何より幼なじみの小町梅の存在が消えてしまっていることを知る。
 失意の中でクロックバード魔法学校に戻った朔太郎inミムラは自分に何もできないことで落ち込んでしまうのだが、いつの間にかそのことも忘れ、オリンピア・スノ・メッシニとの関係修復に没頭してしまう。
 しかし、エマ先輩の実験を見学させてもらった際に、白亜紀の地球で県立北原高校のブレザーを発見することで、再び小町の問題を思い出す。そんなミムラを見たオリンピアは、自分を認めさせるため、またまた暴走してしまうのだが…。

 ついに永久時間剥奪者の正体が明らかになる。一気にマイナス方向への道を突っ走り始める朔太郎に対し、果たしてオリンピアはそれを引き戻すことが出来るのか?新しい流れへと進めるかの転換点が訪れそうです。
 今回も、攻められる朔太郎inミムラとオリンピアは異常に可愛らしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/05 17:20

投稿元:ブクログ

オリンピアと三村が今回の物語の中心。オリンピアがほんの少しだけど成長した姿が素敵でした。きっと彼女の決意が最後に幸せを運んでくれるはず。時間SFとしても様々な要素を絡めつつも一本筋が通った理論を展開し、かつあとがきで触れている通り様々なオマージュをしてくれるので面白く読めました。物語の展開の仕方も見事。次巻も期待です。以下ネタバレ雑記。

2010/11/28 19:28

投稿元:ブクログ

“そして、かつての自分とは別物になりつつある自分。
故郷に帰ってきたのだという喜びはこの時点で完全に摘み取られた。完膚無きまでに掃討された。絶望の荒野に最後に残ったひと筋の希望は――。
小町。ほっこりと微笑んだ幼馴染みの白い顔が浮かんだとき、今にも濁流に呑まれて沈みかかっているところに浮き輪を放たれたような気分で喘ぎながらそれにしがみついた。
小町なら自分の帰還を待っていてくれたはずだ。自分をわかってくれるはずだ。
立ちあがろうとしたが、知らずに緊張していた全身がその形ですっかり凝り固まっていたため膝のバネがきかずに前のめりに転んで床に膝をぶつけた。「どうしたの、いきなり」ミムラがさすがにぎょっとして椅子から腰を浮かせた。三村は脇目もふらずよろめきながら立ちあがり、半ば激突しつつドアを叩きあけて部屋を飛びだした。”

急展開すぎた。
本当のミムラの実際の目的と性格とか。
司書の正体とか。
まだ少し、ややこしくて分かりきってないけど。
読み直そう。
小町がどうなっちゃったかに関してはこれで終わり?
解決策はまだあるの?
三村のこれからは?
うあー、続編が待ち遠しい。

“「お前はもう俺の正体を察しているだろう」
低い声が湿ったぼた雪のように重みをともなってしんと降る。
この声を最近も別のどこかで聞いた。肉と皮の薄い頬に幾筋かの皺が刻まれる皮肉げな笑い方を最近も別のどこかで見た。この囚人はこの図書館塔からでることはできないから、外で出会うことなどないはずなのに――。
一週間前、故郷の町に帰ったときに。
「<単一時間管理局<モノ・クロスポラリス>>の意に沿わぬ歴史改変を引き起こし、世界を破滅に導いた大罪人として幽閉された、<永久時間剥奪者>とは誰なのか……」”

2011/06/25 22:25

投稿元:ブクログ

念願の現代日本への帰還をはたしたミムラは、どこか違和感のある故郷で、ついに三村の体を持つミムラ・S・オールドマンに出会った。そしてわかった事実―それは、故郷は三村の知っているものと大きく変わっており、幼なじみの小町が存在ごと消えているということ。
意気消沈して学園に戻ったミムラのために、オリンピアは新たな時間魔法を使う。そのおかげで学園に起こる大パニック。
そしてミムラは、時間の改変がもたらす恐ろしい結果と、「小町を忘れるな」という司書の言葉の意味を知ることになる。司書の正体とは―。

(読了:2011/06/25)

2010/11/15 12:43

投稿元:ブクログ

 ミムラin三村がエロい一冊。
 かと思えば後半はジュラシック。

 前巻から話を引きずって、ミムラとオリンピアの関係はぎくしゃくするばかり……。
 今回はオリンピアメインの話で、彼女が二人出てくるという、オリンピア好きにはたまらないエピソード。彼女の聡明で自信に溢れた面と、寂しがりやでネガティブな面が二人のオリンピアに分割されたような感じです。

 ただ、メインの話は某人物の正体が遠まわしに明らかになったくらいで、それほど進展はしていません。
 ストーリーも、前巻のひねりがものすごく面白かったので、今回はちょっと惜しい気がします。
 次巻から話が核心に触れてくるのかな、という前置き的な話なのでしょうか。

2011/01/05 15:26

投稿元:ブクログ

もう、あー、もう!
ミムラin三村がえろい。
んでもって怖かった。

・・・三村、それでいいのか?
あと、司書って、さ・・・。

2011/05/03 21:39

投稿元:ブクログ

ほのぼの感も漂う学園モノ。
と、思っていましたがドロドロとした登場人物たちの心の闇が溢れ出てくるような展開が畳みかかってくる。

元の世界に戻った三村の見た自分の知らない世界。
身体はミムラのままで目の当たりにする、
自分の知らない自分である三村の姿に衝撃。
自分の歩んだものと違う過去の出来事に衝撃。

事情を知らないオリンピアのミムラに対する友情が暖かい。
そして現実を見た彼のオリンピアに対する態度が切ない。

2011/03/19 18:05

投稿元:ブクログ

ついに三村とミムラが直接対面。そしてクロックバートでは、恐竜時代と接続して大パニック!
これまで謎だった三村・オールドマン・小町・オリンピア・永久時間剥奪者の関係性が微妙に解け始める、シリアス度UPの第3巻。
少し成長した自分と対面するところ、面白かった!
三村はなんて純粋なんだ(^O^)/
出てくる人物が限りなく黒な予感があっても、なんか誰も憎めない…んだよなぁ。

2011/05/03 00:14

投稿元:ブクログ

いや3巻で、動きがありましたよ
終盤で、思わせぶりな発言
まさか三村があいつになるなんて・・・
にわかには信じがたいです。
天才って生まれつきのものじゃないんですか、秀才でもがんばればいけるもんなのか、それとも三村は特殊な執念があるという異例な事態だから

2010/11/10 16:52

投稿元:ブクログ

おお、何と言うか、ようやくいろいろ明らかになってきた。
一巻の時点で、実はそうなんじゃないかなーと思っていたことがやっぱりそうだったので、にやにやしてみたり。やっぱり彼はそうなんだね。
これから先の展開が気になります。

2011/02/06 00:28

投稿元:ブクログ

あらすじどおり遂に司書とか司書とか司書の招待が明らかに!まぁ、わかってはいたけど。

三村inミムラが遂に出現。オリジナル三村と180度違う性格で本当に中の人は女性なのか疑いたくなるレベル。でも女だからこそああいう大胆な行動ができるのだろうけど。

オリンピアとミムラin三村は仲直りしたと思ったけど・・・今後司書とオリンピア本人次第ということかな?

さぁ、三村はダークサイドに引き込まれずに済むのか!?

2010/11/22 00:55

投稿元:ブクログ

この巻で壁井作品らしさが本領発揮された気がする。
司書の正体やら小町の行方やら、気になることは沢山あるけれども一番衝撃的だったのは、ミムラin三村でした。
相変わらず次の巻が待ち遠しいです。
今、一番続きが読みたいライトノベルだ!!><

2010/11/22 23:18

投稿元:ブクログ

続きが気になってしょうがない。もし続きが出てたら、残りの巻全部揃えて仕事有休とって読破したいレベル。できないけど。萌えと青春と鬱っぽさをいい感じにミックスして喉ごし良くしたようなたまらなく贅沢な味わい。そして私はもしかして、この物語の主人公を間違えているんじゃないかな、とかラストで考えてしまったのです。

2010/11/10 08:16

投稿元:ブクログ

手に取ったときこれまでの本の厚さから、今回は長くなりすぎて2分冊になったのかと思ったのは内緒。
急ぎ過ぎなのか、妙に情緒が薄く、キャラの描写不足を感じる。エピソードのひとつひとつが軽い。事件の背景が見えてくるので、冗長を嫌ったのかもしれないけれど逆に薄く感じさせている。
また、今回はオリンピアのターン。可愛かったり、ダメダメだったり扱われ方の変化が激しい娘だの。
Wヒロインどうするのだろうか。司書の正体は最初からの予想通り。

2010/11/17 21:27

投稿元:ブクログ

作中でも色々とオマージュを匂わせていたが、どうしても「タイム・リープ」を彷彿とさせる。
あとパラドックって何?の世界観のようなので、少し引いた。
パラドックスに立ち向かうのがタイムトラベル系のいいところだと思っているので。
無論、違う視点があるとも思ってるけどね。今回のケースだと平行世界じみてて時間ものとしては、ね。
平行世界は平行世界で好きなのでそれはそれでOKなのが節操ないというか。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む