サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

喰−kuu− 1(MF文庫J)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.11
  • 出版社: メディアファクトリー
  • レーベル: MF文庫J
  • サイズ:15cm/292p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8401-3586-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

喰−kuu− 1 (MF文庫J)

著者 内田 俊 (著)

すぐれた戦士には例外なく、賞賛と敬意をこめて二つ名が送られる。ある者は“氷山に咲く花”と、またある者は“四つの胃袋を持つ男”と、そして彼女はかつて、こう呼ばれた戦士だった...

もっと見る

喰−kuu− 1 (MF文庫J)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

喰 -kuu-

626(税込)

喰 -kuu-

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

すぐれた戦士には例外なく、賞賛と敬意をこめて二つ名が送られる。ある者は“氷山に咲く花”と、またある者は“四つの胃袋を持つ男”と、そして彼女はかつて、こう呼ばれた戦士だった—“極大引力”。突然バイト先に現れた大食い少女・井ノ原みのりの勇姿に魅せられた主人公・ハチは「俺と付き合ってくれ」といきなりの告白に打って出る。そんなハチに対しみのりは「これを食べきることができたらお付き合いします」と、三十人前の超巨大ラーメン『食神』を指さすのだった—。大食いに身を捧げた者達の熱きドラマが今始まる。【「BOOK」データベースの商品解説】

【MF文庫Jライトノベル新人賞優秀賞(第6回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大食いに本気で打ち込む小さな少女

2010/12/11 17:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高校入学前の春休み。叔父のラーメン店でバイト中の戌井八千代は、中二の時の同級生、井ノ原みのりに再会する。見た目は美人だが性格が壊れている仙石舞と来店した小柄なその少女は、ラフレシアと呼ばれる8人前の巨大ラーメンを注文し、吸い込む様に食いきってしまう。
 みのりの食べる姿に本気さを感じた八千代は、心を突き動かされるものがあって、彼女に告白してしまうのだが、付き合う条件として出されたのが、街の代表的な大食いメニュー、30人前の巨大ラーメン食神を完食する事だった。

 最初の挑戦に失敗したハチだったが、ようやく見つけた本気になれそうなことを諦められず、大食いに本気で取り組むために、高校の暴食部という部活に入部することにする。そこにいたのは、クアッドコアという二つ名を持つ部長・牛米満や、フリージア・仙石舞、そしてかつてはブラックホールと称された井ノ原みのりだった。

 中学時代は野球に打ち込んできたものの、肘の故障でそれを諦めざるを得なくなったハチ。そんな彼を見ていられない幼なじみの町田真白は、何とかもう一度本気になってもらいたいと思っている。
 そんなときに見つけた大食いという種目は、誰もが納得してくれる打ち込めるものというわけではない。しかし、それに一生懸命挑む人たちを見て、ハチは誇りを持って大食いに取り組めるようになる。

 テレビの大食い番組を見ても、何故か小柄な女の人が大食いだったりすることも多いわけで、見た目とは全く違う凄まじき食いっぷりには敬意を表さざるを得ない。
 そんな大食いを扱ったこの作品。明らかにアサウラ「ベン・トー」の影響を受けた部分があると思うが、題材的にはマイナーっぽいにも拘らず熱くなれそうな所が良い。ただ、今のところ、熱量というか密度的な点で、そこまで大食いに入れ込んでいる様でもない印象を受ける文章なので、今後は是非とも本気で大食いの世界の魅力を伝える作品にしていって欲しいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/22 00:17

投稿元:ブクログ

カラーページのみのりのイラストがもう少しちびっこく描かれていたら完璧だったと思うんだ。食事のシーンが多すぎて、愛がちょっと足りない。餃子がおいしそう。

2010/12/23 01:47

投稿元:ブクログ

うん、青春しとるなぁ〜。
なかなかおもしろかったですよ(^O^)
ただ、コレ読む前にベン・トー読んじゃったから、ちょっと比べちゃうかな。食事に対する表現とか。
これを見ても、あ、これ食べたいとは思わなかった。
つか、主人公…成長早すぎっすよ。

でも、読みだしたら止まんないすね。
いい意味で裏切られました。
大食いという『スポーツ』に真剣に取り組む姿はほかの部活よりもかっこ良く見えました。
これ、続編でるかな?
できたら主人公以外にももっとスポットあててほしいな。
とりあえずは続編に期待ってとこですね('-^*)/
青春って、やっぱいいなぁ!!!

2010/11/30 06:29

投稿元:ブクログ

アタリ。
早食いにかける青春、とわりと王道だったもの。題材が題材だけにちょっとアレだけど。

自分でも大食いのほうをやってみたくなるくらいには引き込まれた。

よいボーイミーツガールでした。

2010/11/24 10:30

投稿元:ブクログ

大食いをテーマにした小説で、「そこに山があるからだ」的無駄に命をかける系の話。まりお金田の挿絵は気迫不足で正直ミスマッチ? 食べる描写がぜんぜんちゃんとしてないのが残念すぎるけれど、あとはまずまず、かな。
 しかしウェルメイド過ぎる感もいなめない。二つ名は維新チルドレン的なところもあるのかしら。

2010/12/05 17:15

投稿元:ブクログ

咲みたいな表紙に釣られて購入.
内容はタイトルの通り普通に大食いモノでした.
食品や食事をテーマとして扱ったラノベは案外あるけど,読んでて食欲が湧くという不思議体験をしたのはベン・トーに次いでこれが二度目だった.無論,ベン・トーのあの天才的な味の描写には全然追い付いてないし比較の対象にすらならないんだけど,これは大食いモノで,その満腹に近付くにつれての苦痛,完食までの飽くなき闘志,そして何よりもバカだけど「本気」でやっているという事についてはいいと思った.バカをガチでやるのは好きです.

まあなんつうか,レビューのスコアは低いけど,個人的にはオススメ

2010/11/27 16:52

投稿元:ブクログ

 どこかで見たような表紙とタイトル。
 その実体は「大食い」を題材にしたスポ根モノ。
 主人公は偶然再会した元同級生が大食いに挑戦する姿に惹かれ、自らもその世界に飛び込んでいく。

 ラノベで大食いというと、『イリヤの空』の「鉄人定食」を思い出す。本筋とは関係ないただの挿話だが、餃子を手掴みで食べるところなど熱や脂の感触まで伝わってくる名シーン。未読の方は是非ブックオフにでも。

 それに比べると、どうにも軽い。…比べなくても軽い。
 ストーリーは、はっきり言って凡庸。
 大食いのつらさは伝わってこないし、完食までの道のりが単調。出てくる料理が美味しそうに見えない。各キャラの能力は説得力が弱い。サブカルネタが中心の日常会話は、それなりに面白いが、どうにも薄っぺらい。何より熱さに欠ける。
 本作のテーマは作中でも触れている「周りから理解を得られないことに全力で取り組む青春」ことだと思われる。ならばもっと熱さを見せて欲しい。「大食い」という珍しい題材で勝負を掛けたつもりかもしれないが、『学校の階段』や『ベン・トー』など、珍しいを通り越して本来競技ですら無い物に一生懸命になる昨今のラノベ界、それだけでは弱い。特に後者は同じ「食」こ関する内容なので、どうしても比較してしまう。

 小綺麗には書けているのだが、弱くて軽い。
 まだいくらでも伸びしろのある題材と思われるので、どうにか化けて欲しい。

2010/12/11 16:10

投稿元:ブクログ

某麻雀マンガっぽい表紙絵に魅かれて購入。
大食いが題材ってビミョーとか思いながら読み始めましたが
これはアリだなと言わざるをえない、面白い。
ヒロインを初めとした女性キャラが弱いかな?とも思いますが話はイイです。

2011/05/11 07:11

投稿元:ブクログ

熱い。
部活動の「大食い部」という食をテーマにした物語のはずなのに、思わず「アクションもの」の範疇に入れてしまうぐらい熱い本作。

新人賞受賞のデビュー作ということもあって、結構なキワモノを扱う作品ですが、読んでみると内容的にはかなり王道です。
部活動モノの王道を辿りすぎて、「そんなに早く大食いが上達するわけないだろ!」とか「大食い四番勝負なんてありえねえ!」とかいうツッコミが入る余地がふんだんにあったりしますが、そこはまあ眼を瞑るということで……^^;

おっ、と思ったポイントとしては、ヒロインが物を食べている時の描写が妙に色っぽい。まさかこんなところでラノベ的エロ要素をクリアしてくるとは思いもよらず、驚かされました。
逆に、食べ物の描写はもう少し頑張ってほしいですね。あわよくばアサウラ先生の「ベン・トー」シリーズぐらい。

今後に期待ということで、★3つです。

MF文庫J ランキング

MF文庫Jのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む