サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

惑星のさみだれ 10
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日:2010/11/30
  • 出版社: 少年画報社
  • ISBN:978-4-7859-3518-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

惑星のさみだれ 10 (YKコミックス)

著者 水上悟志 (著)

惑星のさみだれ 10 (YKコミックス)

617(税込)

惑星のさみだれ(160)

43 (税込)

惑星のさみだれ(160)

ポイント :0pt / 紙の本より574おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

惑星のさみだれ(159)

43 (税込)

惑星のさみだれ(159)

ポイント :0pt / 紙の本より574おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

惑星のさみだれ(158)

43 (税込)

惑星のさみだれ(158)

ポイント :0pt / 紙の本より574おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS BS Reader 無制限
Android BS Reader 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

惑星のさみだれ(少年画報コミックス) 10巻セット

  • 税込価格:6,12856pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店岡山店

 星を守るご近所スト...

ジュンク堂書店岡山店さん

 星を守るご近所ストーリー、ついに完結!
 物語は2人の兄妹から星を砕く魔王へと引き継がれ、最後の戦いが始まる。
 まさかの展開に呆然とする獣の騎士団。自分に課した使命を全うしようとする夕日。そしてこれまで語られることのなかった、さみだれの深い深い思い。
 大人は子供を守り、子供はその背中を目指す。子供の背を押す力は「誰かから思われている」という信頼。その手を取り導いてくれる人がいるなら、きっと明日は信じられる。そしてみんなで一緒に歩いていける。
 ページをめくるたびにビシビシ伝わってきたのは、そんな熱い熱い思い。
 40がらみのおっさんから小学生まで、バラバラの世代が終結していたからこそ描ききれた、本当に正しいジュブナイルストーリーだったように思う。
 感動のラストまで涙を乾かすことはきっと無理。
 大団円と言う言葉は、正にこの物語のために!

 自然科学担当 加藤

みんなのレビュー43件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (30件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

空を見上げると

2011/01/19 00:15

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:abikko - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白いマンガを探していて、評価が高いことを知り購入しました。試しのまず3巻、あっというまに読みきってしまう。続巻を急ぎ購入、一気に10巻読了しました。通勤電車の中で読んでいて、涙がこみ上げ、鼻水が出てくるのを感じていても、頁をめくる手は止まらないし、熱い気持ち(又は清々しい気持ち)なので見られて恥ずかしいなんてささいなこと。むしろ、「皆さんもこのマンガ読んでみて」って訴えたいぐらい。

大雑把にいうと、強力な魔法使いに狙われた地球を守るため、地球の守護者である姫と選ばれた騎士団が戦う話です。
騎士の一人だけでは、敵方の泥人形に対抗することが難しいのが面白さをつくっているように思います。
騎士団のメンバーがそろったときは、「全10巻なのに皆に活躍の場があるんかいな」と余計なお世話の心配をしたものでしたが、きっちり全員が(敵キャラクターも)いいところを見せてくれます。

作品のなかでは、繰り返し、大人は子供に未来を見せる責任と役割を担っていて、それを果たす。子供は大人を見て未来を切り開いていく。大人自身も子供とともに成長する。というメッセージが語られているように思いました。下手な文章だと伝わらないですね。ぜひ読んでみてください。大人も子供も男性も女性もかっこいいです。

この作品を読んで、僕は空がより青く見えるようになり、子供にとってかっこいいお父さんになろうという気持ちになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新しい未来へ向けた第一歩

2011/01/07 22:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アニマとアニムスのビスケットハンマーを巡る物語はついに完結。そして、朝比奈さみだれと雨宮夕日を中心とするエピローグが始まる。
 1巻から明らかになっていたさみだれの野望、地球を自分のこぶしでぶっ壊す、を果たすため、夕日と幻獣の騎士二人、南雲宗一郎・白道八宵の対決が始まる。彼らの戦いの結末は、そして地球とさみだれの運命はどうなるのか?

 32世紀から、現在から見て未来の地球を壊して時間を遡ってきたアニマとアニムスの旅も、ようやく終着点へとたどり着いた。この終着点は、夕日たちが生きるこれからの時間軸の出発点にもなる。
 アニマが去り、超能力を失った獣の騎士団はどの様な未来を築いたのか?エピローグとして、獣の騎士団の10年後の姿が描かれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最終巻

2015/09/08 00:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:setsua - この投稿者のレビュー一覧を見る

これにて完結です。成長物語、王道ファンタジー、ラブコメ、バトル、どれをとっても高いレベルでまとまっていた良作でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かったわ~

2014/08/20 21:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:meru - この投稿者のレビュー一覧を見る

好みによると思いますが、最後まで楽しく読ませていただきました。水上先生のピヨピヨが読みたくなりました。新刊として出ないかな~?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

年甲斐もなく何度も泣いた。

2013/07/13 11:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶな - この投稿者のレビュー一覧を見る

1巻を読んだとき、妙な設定の話だなあと思った。2巻でこれはギャグ路線ではないと知った。
それからは巻を重ねるごとに続きが待ち遠しかった。
奇妙な設定、狭い人間関係、たくさんの伏線。よくできているなと思うところもあれば、強引すぎじゃないかなと思うところもあったけれど、最終巻までぶれることなくよそ見させることなく一気に突き進んでいくストーリー展開、作者の力量は見事。
この作品はマイベストと言っても過言ではなく、決して手放すことはしない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/28 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/12 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/20 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/05 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/18 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/21 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/19 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/17 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/25 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/01 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む