サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

鋼の錬金術師 27(ガンガンコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 247件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)

著者 荒川 弘 (著)

【手塚治虫文化賞新生賞(第15回)】【星雲賞コミック部門(第42回)】【「TRC MARC」の商品解説】

鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)

463(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

鋼の錬金術師27巻

463(税込)

鋼の錬金術師27巻

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「鋼の錬金術師 27」が含まれるセット商品

鋼の錬金術師(ガンガンコミックス) 27巻セット(ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師(ガンガンコミックス) 27巻セット

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店千日前店

お薦めするまでもなく...

ジュンク堂書店千日前店さん

お薦めするまでもなく売れているのですが……。

亡くなった母を錬金術で「創り、甦らせよう」とした幼き兄弟。
結果、兄は片手片足を、弟は肉体を失った。
年月が経ち、機械の片手片足を持った兄と、空洞の身体を持った弟は、自らの失ったものを取り戻す方法を求めて家を出た……。

兄弟や人の絆。
出会いと別れ。
渦巻く陰謀。
様々なものを飲み込んで描かれた大人気ダークファンタジー『鋼の錬金術師』最終巻です。

個性的なキャラクターや軽快なギャグとで彩られながらも、大人が読むに耐え得る重厚さも持ったこの作品。

時には軽く時には重くと、まるで重力を自在に操るかのごとく展開した物語は、最後にはしっかりと纏め上げ、地に足を着けて立つ納得のゆくものでした。

同著者のエッセイコミック『百姓貴族』を読んでいたというのもあるのですが……「地に足着けて立つ」ことの大切さを知っている方だからこそのこのラストで、知っているからこそ出せた説得力、なのかも知れません。

ゼロ年代の漫画を語る上では外せない作品のひとつ。
まだ読んだことがないという方は是非。

(卯)

みんなのレビュー247件

みんなの評価4.7

評価内訳

紙の本

エピローグが見せる作品のエッセンス

2010/12/18 00:06

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いやあ、すごく良いラストだった。誘惑に負けてアニメの最後の方の回だけ見てしまったので、コミックスもそれをなぞる形になるのかなと思っていて、あまり期待をしていなかった分、それを良い意味で裏切られたので、感慨はひとしお。確かに、アニメのストーリーをなぞった部分もたくさんあるのだけれど、コミックスにはそこを越えているところがあった。
 偶然の産物なのか意図したものなのかは分からないが、このコミックスのエピローグは3部構成になっている。そしてこのストーリーが、まさに鋼の錬金術師という作品のエッセンスを凝縮したものであるといって良いと思う。

 生物として活動を行うにはエネルギーが必要だ。そのエネルギーは、別の生物を食べることで体内に取り込まれる。他の命を奪わない限り、生き続けることはできない。そして、奪ったからにはそれを無駄にしてはならない。賢者の石の顛末には、このような思想が通底していると感じた。
 更に人間的な特性として、歴史を紡ぐという点があると思う。この歴史は紙に書かれた記録、という意味ではなく、世代間で積み重ねられていく情報や経験のことを指している。人間が生物である限りいつかは死ぬ。だが、その人の生きた証は何らかの形となって受け継がれていく。それが進歩というものだろう。仲間の犠牲は無駄にはならない。
 無機物だって壊れたら終わりというわけではない。道具は大切に修繕しながら使い、壊れたら鋳潰して再生させる。そう、再生させるのだ。再生したものは新たな歴史の流れに組み込まれ、新しい物語を紡ぐ。この世界にはそういった循環があるのだ。

 この1巻だけを読んでも、ボクが感じた面白さを感じることはできないと思う。ここまでのストーリーの積み重ねがあるし、作者の荒川弘氏の実家の家業が酪農であると知っていることも関係しているかもしれない。
 ひとつの作品にも、それなりの歴史がある。次回作もそういった歴史が積み重ねられるものになることを祈りたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鋼の錬金術師よ永遠に

2015/02/07 12:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凄まじき戦士 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメ版第2作とほぼ同時期に終了した鋼の錬金術師最終話が収録された本巻ですが、作品としては伏線も全て回収して終わった作品です。
最終刊に向けて単行本のタイトルも豪華なものに変わっていきましたが、本巻ではダイヤモンド色になっています。すごく豪華ですね。
最後のフィナーレも大団円なので非常にすがすがしい終わり方です。一つの偉大な作品の終幕をぜひ読者の皆さんに味わって欲しい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

大河小説のような

2015/11/17 23:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

電子書籍は書棚スペースや持ち運びに気を遣わなくて良いので、ついこういう長尺ものに手が出てしまいます。あれよあれよで最終巻まで一気に読み通しました。
連載当時やTV放映時はキャラの個性や色づかいの斬新さ目を奪われたものですが、久しぶりに読み返して感心したのは、ストーリーテリングの巧みさと、キャラ一人一人が自分だけの信念のために外連見なく生をまっとうする姿の描きこみ。アームストロング少将(強面の姉ぇちゃんの方)が宿敵の死体に背中を向けて座り込んで、犠牲になった部下のことを引き合いに「どうだ…私の部下は強かったろう」とつぶやくシーンなんか、泣くのこらえてるのが台詞だけで伝わってきて、たまらなく良いんですが、それまでの話の流れがあってこその名場面で、ストーリーテラーとしての技量がないとこうはいかない。
TVアニメの動きのリズムや、余韻を残したラストもそれなりに良かったですが、原作は、人の生き様を暖かく描ききった描写の厚みという一点において、凡百の小説が遠く及ばない域に達しています。
黄金時代の大河小説のように、落ち着いたら今度はもっとじっくり読み返してみよう、そんなふうに思える作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/25 09:49

投稿元:ブクログ

連載2話で1冊という連載ページの凄まじさに驚く。そして、無理矢理でなく計算された良いエンディングが素晴らしい。膨満が雑誌だと、ここから世界編で兄弟二人の新たな旅が世界全体を揺るがす大事件にという話になってまだまだ続くんだろうにと思ったり…復活新連載を青年誌で更にディープにやってくれると面白くなりそうな予感。でも、この物語はこれで良い一つの結末でした、大満足です。

2011/01/11 14:57

投稿元:ブクログ

最終巻。
ホムンクルスとの最後の戦い。アルフォンスが身を投げ出してエルリックの右腕を復活させるシーンは見ごたえがある。

2010/11/27 22:16

投稿元:ブクログ

最終巻。本編も、そしておまけの最後…泣けます…! エルリック兄弟も皆もお幸せに。でも彼らの旅はまだまだずっと続くんだろうな

2010/11/22 23:44

投稿元:ブクログ

これぞ少年漫画!
毎回、次の展開が待ち遠しくて仕方が無い作品でした。
心から楽しませて頂きました。ありがとう!

2010/11/23 22:11

投稿元:ブクログ

最終巻。


泣いた。ええ歳した大人で恥ずかしいですが結構ボロボロきました。

正に大円団!それぞれしっかりと前を見据えて成長しました。

帯にはダークファンタジーと紹介されていますが、個人的にはダークいらないよ!って思います。

リンのフィギュア欲しさに一番くじにお金突っ込んじゃいそう(笑)

2010/11/27 14:29

投稿元:ブクログ

遂に完結。
10年近く続いた作品であったが、最後まで筋がぶれることなく書き続けた作者のプロットの綿密さに脱帽。もう一度第1巻から読み直してみると、その伏線がよく分かる。
親子の愛、兄弟の愛、夫婦の愛、友人の愛…ぐっとくる作品だと思う。

2010/11/25 21:35

投稿元:ブクログ

荒川先生お疲れ様です、素晴らしい作品をありがとう!!第1話から追っていた鋼もついに完結。嬉しくも、そして寂しくもあり…でもとにかくもう好きです、大好きです。エドもアルもみんなよく頑張ったね…!!

2012/10/02 00:26

投稿元:ブクログ

近所のTSUTAYAで漫画レンタルして週に2巻ずつ読み進めて、ようやく読み終わりました。『ハガレン』は、TVアニメで存在を知ってアニメで途切れ途切れ観て楽しいなーと思っていたのですが、漫画でじっくり読んで、その完成度の高さに感動しました。バトル錬金ファンタジーものとして読み始めてもいいですが、お話がしっかりしていて引きこまれますぜ。オススメ!

2010/12/04 18:29

投稿元:ブクログ

みんなのおかげで最後を迎えられたってな感じがよかった。


だけど。

父親属性はやっぱり発揮されてしまった。

おおお親父いいいいいいいいい(泣

2010/11/23 08:51

投稿元:ブクログ

ホムンクルスとの最終決戦。
まぁ俺はアルの生身が戻ってきたのが一番良かったです。
やっぱりアルみたいな弟が欲しかったな。

2010/11/23 00:59

投稿元:ブクログ

最終巻。東方の煉丹術も実際はかなり背徳的なんだが、風水にされてるのが専門家としては残念だった。が、作品を楽しむ上では何ら瑕疵にならない。ただ世界征服系のラスボスはやはり難しく、造形が成功したとは言い難い。もっともそれを補って余りある少年マンガとしての力強いメッセージで締めくくられたので、堂々の大団円であった。

2010/11/26 01:27

投稿元:ブクログ

追いかけているうちはまったく予想できなかったラストだが、すべてが完結した今、これでよかったんだと思う。この10年のベスト5に入る傑作。荒川弘さん、ありがとう。

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む