サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 記者ハンドブック 新聞用字用語集 第12版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

記者ハンドブック 新聞用字用語集 第12版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.10
  • 出版社: 共同通信社
  • サイズ:18cm/740p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7641-0619-2
  • 国内送料無料

紙の本

記者ハンドブック 新聞用字用語集 第12版

著者 共同通信社 (編著)

報道関連の用字用語の決まりや表記の基準を示したハンドブック。日本新聞協会用語懇談会の基準を参考にして「漢字表」「用字用語集」を見直し、洋数字表記も拡大した第12版。【「T...

もっと見る

記者ハンドブック 新聞用字用語集 第12版

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

報道関連の用字用語の決まりや表記の基準を示したハンドブック。日本新聞協会用語懇談会の基準を参考にして「漢字表」「用字用語集」を見直し、洋数字表記も拡大した第12版。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

プロ仕様

2015/09/10 12:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みっく - この投稿者のレビュー一覧を見る

ライティング業務を行うすべての方必携の本。業界人として、この書籍を基準に記事がかかれているとされるぐらい著名な本。以前、同版を購入したが、紛失したため、再購入。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よく使われています。

2016/03/21 04:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:writer - この投稿者のレビュー一覧を見る

編集プロダクションで仕事をしていた時も、現在の仕事も、表記の基準は記ハンです。表記に迷った時に、背中を押してくれる大先生です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新聞記者じゃないけれど、活用してます

2015/12/19 20:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マリア・ゴメス - この投稿者のレビュー一覧を見る

プロの物書きというわけではありませんが、仕事で文章を書く機会が多いので、このハンドブックはとても役立っています。たとえば、「空く」と「開く」、「利く」と「効く」、「収める」と「納める」のように、「あれ? この場合どっちを使うんだっけ?」と、わからなくなってしまうことは意外と多いもの。そんなとき、この「用字用語集」があればすぐに解決します。出版関係の仕事をしていなくても、正しい日本語で人に伝わる文章を書きたいと思う人は、持っていて損はないですよ。ただ、「外来語の用例集」は、やや感覚が古いかな?という気がします(「バイオリン」「アールヌーボー」「ヌーベルバーグ」など)。12版発行から5年経っているので、そろそろ改訂版を期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/20 21:42

投稿元:ブクログ

複数人での執筆活動時に、表記揺れを防ぐ目的で購入。
どっちでもいいけどどちらかに統一したい、というときにひとまずこれを見て決定、必要があれば例外を設けて採用、と言った使い方をした。

無駄なやり取りを減らせてかなり満足。

2011/06/16 19:36

投稿元:ブクログ

コンパクトな中にも、様々な知識が詰まっている。
ぱらぱらと眺めるだけでも、新たな発見があり、とてもおもしろい。
間違って覚えていることが案外あることに気づかされた。
常に手元に置いて調べられるようにしておくので、とりあえず「読み終わった」ということにしておく。

2011/04/03 18:55

投稿元:ブクログ

”「」”でくくられた文章に対して”。(句点)”はどのように付けるかとか、言葉を対等な関係で並べる時、”、”と”・”のどちらがいいかとか、より正しい文章を勉強するために買いました。
新聞などに何気なく書いてある文章も、こういう規則に裏付けされているんだと驚きます。文章を洗練させるために、お勧めの一冊です。

2011/02/14 13:12

投稿元:ブクログ

新聞好きや、わかりやすい文章を書きたい人はとりあえず入手しておきたい一冊。

新聞記事の書き方がわかってきたり。

2012/03/17 23:40

投稿元:ブクログ

今月の日経WOMANのオススメにあった。
自分の仕事には直接関係ないけど、文章や言葉が綺麗なのはやっぱり憧れる。
…立ち読みしてから買うか決めたい(笑)

2012/12/23 17:09

投稿元:ブクログ

広報の先輩に「迷った時はすぐにひくといい」と薦めていただき購入。
通読するというよりは、手元に置いておいてよく使う、という感じ。

メディア・ジャーナリズム ランキング

メディア・ジャーナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む