サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. フランケンシュタイン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

フランケンシュタイン(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 37件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.10
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/423p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75216-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

フランケンシュタイン (光文社古典新訳文庫)

著者 シェリー (著),小林 章夫 (訳)

天才科学者フランケンシュタインは生命の秘密を探り当て、ついに人造人間を生み出すことに成功する。しかし誕生した生物は、その醜悪な姿のためフランケンシュタインに見捨てられる。...

もっと見る

フランケンシュタイン (光文社古典新訳文庫)

864(税込)

フランケンシュタイン

799(税込)

フランケンシュタイン

ポイント :7pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

天才科学者フランケンシュタインは生命の秘密を探り当て、ついに人造人間を生み出すことに成功する。しかし誕生した生物は、その醜悪な姿のためフランケンシュタインに見捨てられる。やがて知性と感情を獲得した「怪物」は、人間の理解と愛を求めるが、拒絶され疎外されて…。若き女性作家が書いた最も哀切な“怪奇小説”。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー37件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

人間の尊厳を切り取ってみせた意欲作。

2016/05/15 01:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

フランケンシュタインの名前を知らない人を探すのは難しいが、
原作を読んだ人を探すのは同じくらい難しいかもしれない。
光文社古典新訳ありがとう。
初版出版から195年たった今、目に触れさせてくれたことに心から感謝する。

光文社版は1831年出版の改訂第三版を元にしている。
初版は1818年。当時から人気があったことが伺える。
この書評をお読みの方の中には、フランケンシュタインとは大男の
人造人間ではなく、作った博士の名前という知識をお持ちの方も多いだろう。
恐怖小説という分類もご存知かもしれない。
さらに、博士は少々マッドサイエンティストなイメージがあるかもしれない。

わたしの事前情報はこの程度だったが、読了後の衝撃は計りしれない
ものとなった。
この本が江戸時代に書かれていたとは、まさに想像を絶するレベルである。

この著作は、三段階の作中話で成り立っている。
外堀は書簡体小説だ。
科学に並々ならぬ興味を持つ男が船長となり、北極を目指している。
男にとって北極とは永遠の光の国であり、磁石の針を引きつける驚くべき
力を持った場所なのである。

ところが北極に迫る途中で氷に閉ざされ、不思議な男と出会うことになる。
男は何者なのか。なぜこんな氷の世界を犬ぞりで一人で渡っているのか。
男の生い立ちから始まる、長い長い告白がひも解かれる。
これが二段階目の作中話。

そして男の話の中で、恐ろしい怪物との語らいがある。
その怪物の話が三段階目の作中話である。

もうお気づきとは思うが、この男こそがヴィクター・フランケンシュタイン、
人造人間の生みの親である。
現在フランケンシュタインと誤解されているものは、怪物とか悪魔とか
呼ばれるだけで、名前はついていない。
しかしそれが何だというのだろう。そう思わせる力がこの物語にはある。

光文社古典新訳の素晴らしさは、読みやすさに徹底的に配慮してあることだ。
訳文はもちろんのこと、脚注は必ず同じ見開きページに掲載されているし、
初版の序文と第三版のまえがきの両方とも併録されている。
巻末には解釈と著者の年表というまさに至れり尽くせりである。

まえがきによると、著者は仲間とともの幽霊小説を書き合うつもりで
話を作ったらしい。
しかし出来た作品は、サスペンスベースではあるものの、深みと示唆に
富んだ物語であった。
漫画などで怪物が心優しく描かれるイメージはないだろうか。
怪物は人殺しをする残忍性と心優しさを併せ持つものであり、恐怖小説と
分類するのは違和感がある。

そしてこれはわたし個人の解釈なのだが、生みの親のフランケンシュタインの
醜さと尊さを兼ね備えているからこそ、怪物はいつの間にか
フランケンシュタインと呼ばれるようになったのかもしれない。
分身的要素を感じるのである。

産業革命による科学の発展と功罪を心配する著者のこころがこの物語を
生み出し、人間の尊厳に迫る小説に仕上がっている。
科学的な部分や、こころの精製に関するSF的要素が不完全なのも、
この小説の愛らしい部分である。

不完全だがメッセージ性は極めて強い。
フランケンシュタインが世紀を超えて愛される理由を体感した。

苦悩するフランケンシュタインと、苦悩する怪物。
アダムとイヴが美しいなんて、いったい誰が決めたんだ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真に恐ろしいのは人間と怪物、果たして一体どちらなのか

2011/11/14 12:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BH惺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 サブタイトルが「あるいは現代のプロメテウス」。
 個人的に好きなんです。ブラム・ストーカーの「ドラキュラ」とか、ナボコフの「ロリータ」とか今作とか。後世に曲解・キワモノ扱いされて伝わってしまった作品てかなりの確率で名作である率が高いです。この「フランケンシュタイン」も感動の名作でした。

 自分は過去読了した澁澤作品中で初めて知ったんですが、フランケンシュタインというのは怪物の名前ではなくてそれを生み出した科学者の名前だそうで。
 自然科学に傾倒していた彼はとうとう人造人間を造り上げてしまうのだけれど──。
 そのあまりの醜悪さに恐れをなして怪物をおきざりにして逃げ出してしまう。その無責任さに少し腹立たしい思いが。

 何も知らずにこの世に生み出された怪物は、創造主であるフランケンシュタインに見捨てられ、何も知らずに人間社会に放りだされてしまう。出逢う人毎にその醜悪さを恐れられ虐待され傷つく心。孤独を友に、たった独り身を隠して生き延びる日々。
 唯一の救いは逃げ延びた隠れ家の隣人である善良な親子。父親と息子と娘・3人で暮らすその生活を見ながら、彼は言葉と知識と愛情と優しさを学び得てゆく。
 けれどその親子にも存在を拒絶され、彼の心は人間に対する、ひいては自分を造り出したフランケンシュタインへの憎悪と復讐へと向かってゆく。

 読んでいて恐ろしいのは人間と怪物、果たして一体どちらなのだろうとものすごく疑問に思った。
 怪物の心は純真で常に愛情を求めている生まれたての赤子そのもの。その彼の心を憎悪で満たし歪ませてしまった物は一体何なのか?
 中盤、怪物の独白によって痛烈に批判されている、うわべで人や物を判断してしまう人間の愚かさの描写が白眉。

 3人による書簡形式と独白という凝った3重構成がまた効果的。
 望んで生まれたわけではなかった怪物の、誰にもその存在を認められない悲痛な心の叫びが心に染みる。
 一般的には映画などで有名ですが、あまりにもキワモノ扱いされていて、原作の真のメッセージが伝わっていないような気が……。上質なゴシックホラーとして読みましたが、フランケンシュタインを身勝手な親に置き換え、怪物を愛情に飢えた子供として置き換えると、充分現代にも通じるテーマになるなと思ってしまいました。
 作者がこの作品を書いたのが若干19歳の頃。ビックリですね。サブタイトルの「あるいは現代のプロメテウス」というのは、土から人間をつくったという、古代ローマ時代の話に由来するそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/22 12:30

投稿元:ブクログ

数多のメディアに露出しているフランケンシュタインですが固有名詞が先走り、きちんとお話を読んだことが無かったので図書館で借りて読みました。フランケンシュタインって怪物を作った博士(?)の名前だったのか!!と初めて知りました。そうしたら解説にこの頃の人は怪物の方をフランケンシュタインと思っている人が多いとお小言があり、恥ずかしく思いましたが…まあ仕方ないですね。

個人的にはフランケンシュタイン氏に終始腹を立てていたので彼の生み出した生命にはあまり恐怖も憎しみも感じませんでした。大体、造っておいて怖くなったから放置するって…だったら責任持ってきちんと命を奪う所まで行え、と言いたい。そして創造物に周囲の愛する人を奪ったからあれは悪魔だと説明されてもそもそも創造するだけで居場所も存在価値も与えなかった彼の方に全ての非はあるだろうとしか思えない。まあどちらかと言えば他の人よりは創造主を手にかけて頂きたかったですがまあそこは複雑な感情があるんだろうと理解しました。まったくもって創造物の方が話すことも理路整然としているし、感情も理解できるなあと読んでいて思いました。

2011/01/17 00:41

投稿元:ブクログ

(2011/01/13 購入)(2011/01/17読了)

古典が読みたくなったので購入。
映画(デニーロが怪物を演ったやつ)のキャッチコピー「愛もなく、なぜ造った」が切なくて好きで、原作も気になっていた(映画はあまり好きではない)。

主人公フランケンシュタインや怪物の心情を非常に丁寧に描いていて、感情移入しやすかった。怪物の苦悩・憎悪が切なすぎる。

創元推理文庫の怖いイラストが表紙のヤツが欲しかったが、手に入らなかった。残念。
怖い表紙→http://www.tsogen.co.jp/wadai/2009_limited.html

━━ 泣くがいい、不幸なものたちよ。しかしその涙は最後のものではない!再び葬列の嘆きがあがり、悲しみに満ちた声が何度も何度も聞かれることになる!フランケンシュタインよ、あなたたちの息子、肉親にして、長きにわたって愛されてきた友よ。あなた方のためとあれば、血を流すこともいとわぬ男。あなた方の愛しい顔に映るもの以外には、何一つ考えることも、喜びもない男。空に祝福を満たし、生涯をあなた方のために捧げる男。その男が泣けと、数知れぬ涙を流せと言うのだ。容赦ない運命がそれで満足し、静謐な墓があなたたちの苦しみの後に訪れる前に、破壊がやむというのなら、この男にとってはそれが望むべくもない幸福なのだ!(166頁)

2010/11/08 20:36

投稿元:ブクログ

フランケンシュタインて、実は人造人間の名前じゃなくて、怪物を作った博士の名前ってしってた??
怪物くんとかでフランケンて呼んでたから、すっかり騙されてた!
これはホラーじゃなく、悲しい物語と思う…

2010/12/01 00:05

投稿元:ブクログ

青年科学者のフランケンシュタインは自己顕示欲、挑戦のために、人間を創り出す。しかし、完成した人間は、人間と呼ぶにはあまりに醜悪な怪物だった。フランケンシュタインは結果に失望し、研究に興味を失う。しかし、怪物は知識を身につけ、フランケンシュタインへ自分を創ったことの責任を果たすように迫る。

あまりにも有名すぎて読まれることが少ない名作の一つだ。

著者が20歳の女性ということ。「フランケンシュタイン」は怪物の名前ではなく、怪物を作った青年学者の名前であること。などの意外な発見。

さらに、人間が自分で創り出したものに支配されるという設定やクローン技術の想像。この作品があまりに時代を先取りしていることに驚いた。

2011/06/30 23:43

投稿元:ブクログ

古典名作ホラーですね。名前は有名ですがちゃんとお話を読むのは初めてです。フランケンシュタイン博士が勝手すぎです。作った以上責任取りなさい、と言いたい。知性と素直な感性を持っていた「怪物」を受け入れるには人間は未熟すぎたのか。可能性を追求する姿勢は悪ではないですが…。

2015/06/30 01:32

投稿元:ブクログ

モンスターの代名詞ともいえるフランケンシュタイン。実はフランケンシュタインは怪物の名前ではなく、怪物を作り上げた博士の名前。怪物には名前はない・・・。200年も昔に現代の人間の猛威を予見させるこの話を書き上げたのは若干19歳の女性だった。というプレゼンを聞いて興味が沸いた本。 読んでみたらとてつもない悲劇。でもきっといい影響を得られると思いました。

2015/02/20 18:27

投稿元:ブクログ

「フランケンシュタイン」といえば、四角い頭に半月型の眼が不気味に輝き、縫い目のある肌は青白く、首元にはごっついボルトが突き刺さった巨躯の怪物…おおよそそんなイメージを抱くでしょう。しかし、正確にはそれは誤り。フランケンシュタインとは、そんな怪物を生み出した博士の名前であり、怪物自体に名はないのである。
さて、本書は1818年(今からおよそ200年も前!!)に発表され、ブライアン・W・オールディス曰く「SFの起源」とも評される小説です。

天才科学者フランケンシュタインによって生み出された人造人間。しかし、その姿が醜悪に満ちていたため、創造主のフランケンシュタインを含めた人間から忌み嫌われてしまう。やがて知性と感情を獲得した怪物は、人間の愛情を求めるが…

とてもとっても悲しい物語です。
誰が悪いのかと問われると、読んだ人によって答えが異なりそうなところですが、個人的にはフランケンシュタインがただの無責任糞野郎に思えてなりませんでした。物語の大半がこの創造主による開陳で占めるのですが、その思いの吐露がどうも自己弁護の固まりのように感じられて、最後には聞き手であるウォルトンに仇討ちをお願いする始末。醜悪なのはお前の心の方じゃないかと、非難を浴びせたくなるほどでした。
一方、いわば敵である怪物の心情を垣間見れる場面も多々あり。このため、物語をフランケンシュタイン側から一方的に見ることができなくなります。この怪物の心情を察する限りは、可哀想としかいえません。もちろん、だからといって暴力が認められることはないのですが…

さてさて、本書を読み終えて驚きがひとつ。この歴史的にも価値のある一作を生み出したのが、弱冠19歳の少女であったということ。まじか!

2016/12/31 17:50

投稿元:ブクログ

様々な物語の原点ともなる作品。
誰からも望まれず、誰からも愛されない。醜悪な容貌をした怪物。誰からも恐れられる怪物は幸せな家族を覗き見て知性を得る。最大の理解者となる人生の伴侶を求めるも、創造主フランケンシュタインの返答は…?
話くらい聞いてやれよ…とは思うがうまくいかないのがホラーというものだ。なぜなら登場人物は恐怖にとらわれているのだから。ままならぬ物語がホラーなのだ。
だからこそ、ifの作品が世界中に造り上げられたのかもしれない。そういえば、読んだことのあるオマージュ作品は花嫁がいることが多いなぁ。別の世界線で、愛を渇望する名無しの化物に愛の手をさしのべられている。

2012/05/23 22:26

投稿元:ブクログ

結局名づけられることさえなかった怪物の運命が哀しい。完成したその瞬間に生理的嫌悪感で見捨てるほどなら、作っている途中もう少し我に返れなかったのか…。

2015/04/23 21:32

投稿元:ブクログ

構成が凝っていて面白い。
ホラーと言えるところもあるけれど、それよりずっと悲しい話。
例えばクローン人間を作り出せるとして、クローンが完全に人間と同じであった場合、人権は認められるのか等は話題にもなることだけれど、それが不完全であったら、見るのも耐え難い醜い姿だったとしたら、失敗作として廃棄して良いのか。
「怪物」の嘆きは、現代でも、というよりまさに現代になされるべき問いかけだった。

2010/10/17 20:50

投稿元:ブクログ

 特に印象的だったのは、怪物(とここでは表記する)が最後まで罪悪の念を抱いていること。彼がやったことの是非は置いておくとして、彼のように虐げられた者が相手に復讐したくなる気持ちは分かる。
 しかし、彼はその場面場面で自分がとろうとしている行動を省みているのだ。相手の大切な人を奪うという、極めて残酷な手段を採ってなお抱く良心の呵責・・・いかに彼が善良な人間としての心を持っていたか、ひしひしと伝わってくる。

 解説では、「すでにクローンが次々とつくられている今日では、人間を人為的に生み出すことも夢ではなくなっている」というように、クローンに関する問題をこの小説と結び付け論じている。
 重要な問題であることは間違いないが、この小説に「造られた人間の話」としてだけのイメージを抱いてしまうのは避けたいところだ。
 ヴィクターはともかくとして、その先の登場人物たちが怪物を恐れたのは、必ずしも怪物が人造人間だったからではないだろう。怪物が残酷な行動をとったのも、怪物が人造人間だったからではないだろう。というか、人造人間だということを知らない人がほとんどだ。極端なことを言えば、彼の容貌が不気味だったからではないか?
 もしそうだとすると、怪物の容姿が一般人と同じであれば、彼はあんな行動に走ることも無かったのかもしれない。ということは・・・

 「あるいは現代のプロメテウス」という副題からも見られるように、この小説に人が人を作ることへの忌避や、行き過ぎた科学技術への批判が込められていることは疑いの余地が無い。確かに、怪物を生み出したのは間違いなく科学技術によるものだが、怪物が持つ残忍な心を生み出したのは、一体何だったのだろうか。

2011/01/10 08:35

投稿元:ブクログ

みんなが知っているフランケンシュタインですが、その小説は読んだ人は少ないかもしれません。天才科学者フランケンシュタインは、新たな生命を生み出した。ところが、生み出した生命のあまりの醜さに、彼はその生命を見捨ててします。新たな生物は、回りからの厳しい対応にされされながら生き延び、とある一家の納屋で隠れて生活を始める。言葉や文字を習い、その一家の優しさにひかれ、彼らなら自分を受け入れてくれると感じる。しかし、彼がその一家に勇気を出して会いに行くと、その姿に驚き受け入れてくれない。自分を醜良い姿に生み出した、フランケンシュタインを恨み、復讐が始まる。科学者フランケンシュタインや生み出された生命の心の動きが精密に記述された一冊。

2011/08/19 15:47

投稿元:ブクログ

たんに小説としておもしろいということなら★★くらい。江戸時代の作品なので、この作品が与えた影響も含めて読めないと、主人公フランケンシュタインの支離滅裂な行動ばかりが目立ってしまう。ただし、「積極的に読む機会」に恵まれ、人と感想を共有し合えるのなら、これほど読んで損をしない作品はないです。教養の一環として。

ホラー・怪談 ランキング

ホラー・怪談のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む