サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. ゆるく、自由に、そして有意義に ストレスフリー・ツイッター術

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゆるく、自由に、そして有意義に ストレスフリー・ツイッター術

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/10/01
  • 出版社: 朝日出版社
  • サイズ:19cm/290,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-255-00553-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ゆるく、自由に、そして有意義に ストレスフリー・ツイッター術

著者 渡辺 由佳里 (著)

「フォローしてくれる人がいなくて、何をしてよいのか分からない」と悩む普通の人のために、ローテクの一般人の立場から、ストレスなしにツイッターと付き合うための方法を紹介する。...

もっと見る

ゆるく、自由に、そして有意義に ストレスフリー・ツイッター術

1,620(税込)

ゆるく、自由に、そして有意義に ──ストレスフリー・ツイッター術

926 (税込)

ゆるく、自由に、そして有意義に ──ストレスフリー・ツイッター術

ポイント :8pt / 紙の本より694おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「フォローしてくれる人がいなくて、何をしてよいのか分からない」と悩む普通の人のために、ローテクの一般人の立場から、ストレスなしにツイッターと付き合うための方法を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

渡辺 由佳里

略歴
〈渡辺由佳里〉兵庫県生まれ。京都大学医学部付属病院勤務などを経て、2001年「ノーティアーズ」で小説新潮長篇新人賞受賞。ほかの著書に「神たちの誤算」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/12/31 08:21

投稿元:ブクログ

北米在住の実力派作家によるツイッター文化論。
ツイッター本は数あれど、これだけ上品にエチケットと「品格」を教えてくれる本は少ないでしょう。ツイッターをやる人みんなに読んでもらいたい本です。

2012/03/08 14:16

投稿元:ブクログ

ツイッターについて、初心者にも分かりやすく解説。
「まずプロフィールとして、20ツイートしてみよう」とか、ツイッターの機能など。

さらにツイッターのすばらしい点、注意すべき点、ひいてはSNSを介してつきあう人との距離感についてや、ツイッターはあくまでも生活を豊かにする非常に有効なツールのひとつであることなどなどが、淡々と率直に述べられている。

まずは、人生ありき。SNSを介した人間関係のみならず、実生活での人との付き合い方、大人として生きるということについて、考えさせてくれた本だった。装丁もよく、良書。

2010/10/31 15:44

投稿元:ブクログ

ツイッターが場として成熟してきたことがわかる一冊。
黎明期に出た数々の入門書を踏まえた上で、「今」のツイッターを自分の生活でどのように使っていくかを解説してある。
ツイッターに限らず、ネット上で「困ったときには」の対処法も書かれている。温かい口調で語られていて、読むとほっとする。(「そうめん流し」は絶品!テク。)

とがったハウツーの代わりに、日常のひとこまとしての取り入れ方があり、既にツイッターをやっている身にも役立つ情報がある。

2011/04/30 11:30

投稿元:ブクログ

どちらかというとローテクな感じの著者が、「フォローされない!」「ネガコメこわい」などのストレスをさけてTwitterをするための心得を教えてくれます。

どっぷりTwitterにはまらず、少し離れたスタンスは、「相互フォロー」や、「Twitterでマーケティング!」などの声高のTwitter推進ではなく、自然なコミュニケーションの選択肢の一つとしてTwitterをとらえたい方向け。
フォロー数、フォロワー数を増やしたい!Twitter有名人になりたい!というガツガツした方には視点を変える一冊となるかも。

Twitterだけでなく、インターネットでのコミュニケーションを考える上でよい本だと思います。

批判コメントに対しての対応は参考になります。
1:反射的に「怒り」で対応しない
2:相手の視点をまず受け入れる
(「あなたは誤解している」ではなく、「そういう誤解を受ける可能性はありますね。」)
3:その視点が誤解から生じていることを、相手に発見させる
(「そういうとらえられ方は想定外でした。」「ご指摘ありがとうございます。」)
4:相手が謝ったら、高圧的ではなく、自分の学びの場として謙虚に対応する

2011/01/06 12:28

投稿元:ブクログ

 洋書ニュースの渡辺由佳里さんが書いたツイッター本。
 入門書とか指南書という位置づけではなくて、市井のいちユーザーがどういうふうにツイッターと関わってきたか教えてくれる。ちょっとしたコツとか、ある程度のマナーなんかは必要だけど、基本的に「~しなければならない」とは対極にあるのがツイッターというメディアなんだということを、自身の体験などを例に出しながらやさしく解説してくれるので、すらすらと読み進められる。なかには「あるある」な体験なんかもあったりして。

  第5章「ストレスなしのツイッター」は、実際にツイッターを活用している人がおちいりやすい(かもしれない)悩みを取り上げて解決策や考え方のヒントを示してあるので、ツイッター疲れの方によいかも。ツイッター中毒のチェック項目もあって一読の価値あり。

 RTで流れてくるいろんな人の立派な発言を読んでいると「自分はなんて中身のないツイートをしていることか」としょんぼりすることもあるけれど、まあそれはそれでいいのかな、と気楽に構えられるようになったかな。

2012/01/22 23:48

投稿元:ブクログ

最近、Twitterを始めてみたので読んだ本、その2。1年以上前の内容だけど、Twitter関連のへんな技術書、ビジネス書より、断然すーっと入ってきました。最初にやること、迷信と真実、ストレスの実例とかを紹介した上で、ひととしてのマナーを守りながら、時間をかけて自分なりの使い方を自由に見つけていくという視点は、なるほどなぁと勉強になりました。

2011/08/17 08:30

投稿元:ブクログ

twitterのマナーについて詳しく書いている。
「コーピング」という言葉が分かりにくい。
「対処」でよいのではないだろうか。

twitterの負の面も丁寧に記述している。
 アカウント乗っ取り
 twitter中毒
など、気をつけることを書いているのがよい。

課題としては、
インタネットがネットワークの相互接続であることなど、
基本的な原理について説明していないことだろう。
原理がわかっていないと、作法(マナー)や、負の面への対応も
表面的なものになるか、人間固有の問題になるかのどちらかに振れてしまう可能性がないだろうか。

インタネット固有の問題への対応にも目を向けるようにするとよかったかもしれない。

2011/07/14 22:36

投稿元:ブクログ

一昔前はインターネットの世界はバーチャル、ハンドルネームで
2チャンネルで炎上したり、虚構のステージでもあった。
ところが近年はfacebookでの実名登録のせいか
Twitterでも実名の方多くなりました。有名人もたくさんいるせいもあり?
そんなこともあってか指南本はたくさんありながらもこの本のように
心のことを書いて本はあまりないのでは?
フォローは、RTは。。とそんなハウツーものでは人と人とのつながりで
おこることに焦点をあてた一冊。twitterやSNSの関わり合いでちょっと嫌な気持ちになったとき、役に立ってくれる。
人それぞれ、自分流に楽しめればいいという当たり前のことを再確認できる。

2011/07/17 22:59

投稿元:ブクログ

洋書ファンクラブや洋書ニュースを主催している渡辺由佳里さんが、どうやって気楽に、楽しく、ツイッターを活用しているかが紹介されていた。インターネットの世界に素人(ちょっと失礼かな?)彼女だからこその庶民的感覚(?)のツイッター文化論はとても参考になった。タイトルの「ゆるく、自由に、そして有意義に」がぴったりで、ほかの固めのツイッター論とは異なる視点の本で、楽しく読めた。ただ、中間以降、著者のかなり細かい個別体験事例が事実の羅列式という感じで書かれた部分があり、中だるみしてしまいそうだったのが欠点かも。

2011/10/13 19:08

投稿元:ブクログ

ネットの世界のちょっと気にかかるところを、分かりやすく解説してくれる。アナログ人間も安心して読める。

2014/12/02 08:31

投稿元:ブクログ

p237
相手がだれであれ対等に敬意をもって接する
目的が何であれ、相手に押し付けない
異論や反論は私を主語に
中傷誹謗と取られる可能性がある表現を避ける
相手の視点をまず認める
正しくてもしつこく相手を論破説得しようとしない
他人の話に耳を傾ける
自分なりのコーピングを用意しておく
ツイターをする理由を自問する

退場するのもあり

SNS・ツイッター・フェイスブック・ブログ ランキング

SNS・ツイッター・フェイスブック・ブログのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む