サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 丘ルトロジック 1 沈丁花桜のカンタータ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

丘ルトロジック 1 沈丁花桜のカンタータ(角川スニーカー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2010.11
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川スニーカー文庫角川文庫
  • サイズ:15cm/313p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-04-474824-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

丘ルトロジック 1 沈丁花桜のカンタータ (角川文庫 角川スニーカー文庫)

著者 耳目口 司 (著)

神楽咲高校に入学した咲丘は、「丘研」の入部案内を見て直感した。これこそ“風景”を愛する俺のための部活だと!部室に向かった咲丘は、代表・沈丁花桜と意気投合、早速入部。だが、...

もっと見る

丘ルトロジック 1 沈丁花桜のカンタータ (角川文庫 角川スニーカー文庫)

617(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

丘ルトロジック 沈丁花桜のカンタータ

605(税込)

丘ルトロジック 沈丁花桜のカンタータ

ポイント :5pt / 紙の本より12おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

神楽咲高校に入学した咲丘は、「丘研」の入部案内を見て直感した。これこそ“風景”を愛する俺のための部活だと!部室に向かった咲丘は、代表・沈丁花桜と意気投合、早速入部。だが、丘研の正体は「オカルト研究会」、沈丁花の世界征服の野望のために日々活動していたのだ。「君は完膚無きまでに自分を知られたことはあるかい?」知ること=支配すること。世界を知るための戦いが始まる!第15回スニーカー大賞“優秀賞”。【「BOOK」データベースの商品解説】

【スニーカー大賞優秀賞(第15回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

強烈に類は友を呼ぶ

2010/11/10 08:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 神楽咲高校に入学した風景を溺愛する男、咲丘は、丘研とだけ書かれたポスターを見て丘を研究する部活だと思って入部する。しかしそこにいたのは沈丁花桜という世界征服をたくらむ少女であり、彼女が代表を務めるオカルト研究会があった。
 当初はボードゲームばかりをして全く本来の活動を行わなかったオカルト研究会だが、一旦始動すれば留まるところを知らない。自殺しても死なない男の都市伝説を探求したり、ツチノコ探しに邁進したりする。そして最後は神楽咲町の中心部にある歓楽街オアシスで起きる連続殺人事件の解決に挑むことになる。

 オカルト研究会のメンバーたちは誰も大きな問題を抱え、一般的な見方から言うと常軌を逸した価値観を持っている。知識・努力・活力・協力・暴力を従えて世界を支配しようとする代表の沈丁花桜、ひたすら前に進むことしかできない長身の男である出島進、いつもヘッドフォンをつけている小柄な少女の女郎花萩、そして咲丘と同期の残念な美少女である江西陀梔と、誰を取ってもちょっと引いてしまうくらいの背景と異常性を持っている。
 そして最後に起こすのは明確な犯罪活動であり、ここだけを見るとあまり褒められたものではないだろう。しかし、そこにたどり着くまでの過程で組み上げられる各キャラクター像は異常ではあるけれど面白いし、彼らの動機となる原風景については納得できるところも多い。こういった点を考慮すると、個人的には許容範囲に収まる作品となってしまう。

 確実に拒否反応を起こす人もいるとは思うが、各キャラクターを積み上げていくことによって構成される風景は、一見の価値があるものだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/21 21:05

投稿元:ブクログ

第15回スニーカー大賞優秀賞受賞作品。

「涼宮ハルヒ」みたいな高校部活動モノ(このジャンル分けが適当かどうかはわからないけど)の小説です。
風景が好きな主人公は、「丘研」と書かれたビラで入部するが、そこはオカルト研究部だった、という導入。

結論から言うととてもパワーがあって面白かったです。
引っ張る力としては同賞大賞の「子ひつじは迷わない」よりもあったと思う。
けど、これはジュブナイルノベルとしてはあまり前に出し過ぎるのは難しい作品だと思います。

キャラクターや内容がアングラ、ビザール、変態的、インモラル。
多種多様な、ダークサイドで彩られた小説で、興味の引かせ方としてはいいけれど、好意を持って読めるかというと難しい。
ましてや、中高生をターゲットに狙っているレーベルでこう書いていいのかというと唸らざるを得ない。

けど、面白いは面白いです。
同じように異常や異能を描こうとしていた(と思う)西尾維新氏よりも直接的で容赦がない。
「変ゼミ」ではこういうものを描いていて欲しかった、という思いが読んでて沸き起こりました。
変態をきちんと描くのは難しいと思うのです。その対象が複数人の事なる変態となると尚更。
でもそれをかなりきちんと書いている。

あんまり大っぴらにお薦めはできないですが、でも面白いです。
ビザールもイケるという人は読むといいと思います。
日本語が時々読みづらくて、自分はそちらの方が辛かったです。

2011/02/22 01:16

投稿元:ブクログ

時々文脈を見失ったり、主人公一人称ツッコミ体質だったり、同じ新入部員がお前は駿河かと言わんばかりのエロ娘だったりで西尾維新(というか化物語)を彷彿とさせる辺りがちょっとアレなのだが、まあ面白い…と思う。
これまた最近多い「変な部活モノ」で、登場人物全員変態です。
細かいことを気にしなければ大丈夫。

2011/03/28 10:47

投稿元:ブクログ

K-Books 210円

2巻の表紙の子が”エロい”という話なので
どれだけえろいのか気になって購入。

さすが賞をとるだけのことはあり、話のまとまりもよく
展開・各キャラのからみ・キャラの設定の暴露もすんなりきめて
タイトルをもじってるくらいにはオカルトに意識させずに
ちょっとダークなライトノベルって感じでサックリ読めた。

まー、所々某人気作家の作品とキャラ設定がかぶるところがあったけど
この作家さんの個性あるキャラがたまたま同じような設定だっただけで
そこら辺の香りはわりと無視して読めたし、マイナスではないかなと。

2巻目が楽しみな所。あのキャラが暴露するのか、新キャラがでてくるのか…うーむ楽しみ。

2011/02/20 08:28

投稿元:ブクログ

“「俺は風景が好きなんです」
唖然としたように口を開けて全員が見守る中、俺は続ける。
「田舎の町並みとか都会のビル群とか、あんまり好みに偏りは無いんですけど。あ、どちらかと言うと山が好きですよ。森がある、川がある、そこに生態系がある。まぁ、海も捨てがたいですし都市はやっぱり人間が作ったものとはいえそれはそれで風情があるんですけど。――でも、『丘研』って文字を見たときにハッとしたんです。俺はこの街で、少なくとも『丘』と呼べるものに出会っていない!それなのに丘の研究って、もしかしたら俺の見たことが無い風景画まだまだこの世にはあるんじゃないかって感動したんです!」
中々クサい台詞を口に出してみた。それでもまったく誇張の入ってない俺の率直な理由である。まぁ、これをそこまで一般的な趣味だと声高に主張するほど俺は身勝手ではない。これだけ風景について語れば、相手の反応は大体が二種類、避けるか逃げるかだ。
だが、相手の反応は俺の予想を大きく外れる。
この代表、目尻に涙を浮かべていた。
「――素晴らしい!」
「おおお、よく分からんがいいこと言ったぞ新入生!」
出島先輩がガッツポーズをしながら立ち上がる。沈丁花先輩は俺の両手を勢いよくとると、緩やかに力を込めて握った。
「これほどまでに熱意のある新入生がかつていただろうか!?いや、私以外にない!そうとも、ここではきっと君にしか出来ない活動がある。我々は君のような人材をまさに必要としていたんだ。……そうか、うん。嬉しい、私は嬉しいぞ新入生!君のような人材を手元に配下として置くことが出来ることを私は感謝する。私自身の幸運に対して!」
俺に向けられた沈丁花先輩のそれは、なんとも輝きに満ちた顔だった。お世辞や打算であるとか、そういったものを一切含まないで、純粋に俺を必要としてくれている人間のその視線。
それを一身に受けて入部を取り消す奴がいるんだろうか、――そんなことは想像もできない。”

狂ってる。
狂気的愉快犯。
内容がすごいのなんの。
無茶苦茶で強引で陰湿で面白くて。
荒唐無稽ではなくて、ちゃんと筋が通ってて。
『普通』って何?当たり前って何?
色々と考えさせられもする。
一転二転して新たな一面を覘かせたり。
そして登場人物がまた揃いも揃って個性的にして破壊的。
青色君が結構気に入った。
丘研さいこー。
シリーズ刊行ぜひとも。

“「ほほぅ……」江西陀の目が怪しく輝く。「まぁ、篠塚さんも一応は生物ッスからね。咲丘のような風景にしか欲情できない変態よりは、健全でいいんじゃないッスか?」
「待て、激しい語弊があるぞ、それは。俺は風景に興奮しても欲情はしねぇ」
江西陀は如何なる手段を講じても、俺を変態にしたいらしい。
「なるほどなるほど。ちなみに、咲丘は雄大な山脈と広大な平原ではどちらが興奮するんスか?」
「馬鹿野郎!どれも等しく美しい風景じゃないか!」
「つまり、代表でも萩先輩でもアリということッスね。ふむふむ、見境も無いとはいやはや」
「――誘導尋��、だと!?」
これまで知らなかった、江西陀の恐るべき知性に愕然とする。
「おのれ、江西陀のくせに生意気な……。畜生!今まで隠していたのに、これじゃ俺がどんなおっぱいでも興奮できるとカミングアウトしてしまったようなもんじゃないか!」
部室の空気が凍りつく音がした。
「なぁ、もしかしてそれって胸の話だったのか?」出島先輩が首を傾げる。
「いやいや、風景の話ッスよ。どこをどう解釈したのか、咲丘が勝手に自爆しただけッス」
「……なんだと!?俺を嵌めたな江西陀!」
俺は辺りを見回す。
代表が冷ややかな視線を送り、萩先輩が顔を真っ赤にして俯いていた。
なんてこった、これじゃまるでセクハラ発言を堂々と口にする変態野郎みたいじゃないか。”

2010/12/05 23:33

投稿元:ブクログ

神楽咲高校に入学した咲丘は、「丘研」の入部案内を見て直感した。これこそ“風景”を愛する俺のための部活だと!
部室に向かった咲丘は、代表・沈丁花桜と意気投合、早速入部。だが、丘研の正体は「オカルト研究会」、沈丁花の世界征服の野望のために日々活動していたのだ。
「君は完膚無きまでに自分を知られたことはあるかい?」知ること=支配すること。世界を知るための戦いが始まる!

(読了:2010/12/05)

2010/11/26 23:14

投稿元:ブクログ

自分がライトノベルに求めてるものはコレくらいの
無茶苦茶なものかもしれない。その無茶苦茶なものを
エンターテイメント性たっぷりかつキャラものとしても
充分最後まで一気読みさせてくれる爆発力と全体の
バランス。正直言って...面白かった。これも、少しづつ
ラノベに歩み寄っていったからこそだとは思いますがw。

きっと様々な作品のつまみ食いやパロディ、オマージュ
なんかあったりして好きな人は好きな世界だとい思います。
一人を除いて登場人物が全員狂人だし、その狂人達も
なんだかんだと苦悩を抱えつつも、何とか繋がっていようと
足掻いている(方法的にはやはり間違ってるけど)様も
切なく見える瞬間があって、人物として説得力があるなーと。

恐らくシリーズにしてしまったら続編以降は
微妙になりそうな予感が...。今作で完結してるし
これ以上自由には書けなくなってしまうのでは? と
危惧するくらいに綺麗に狂ってる作品です。

2010/12/11 22:46

投稿元:ブクログ

ミステリ風味を加えたエンターテイメント。正し非現実要素あり。でも素直に面白かった。各人の正体バラしからするともうちょっと尺があってもイイかとも思ったけど、映画と一緒でこの位の方がいいのかな。
異常者の扱いが案外ライトなのはちょっと気になるところ。あと江西蛇がもうちょっと暴走してくれる事を期待してたが物足りない。
次作を待つ。

2010/11/22 22:33

投稿元:ブクログ

細かいことはいろいろあるが、全部どうでもいい。

代表のキャラが最高にイカレてる。
歪んでいるのでもなく、狂っているのでもなく、素敵なまでに常軌を逸している。
それだけで褒めたたえるに十分な価値がある。

強く、圧倒的で、苛烈な半生を歩みながらも「世界は美しい」と言い切る彼女のセリフに心底惚れた。

次点江西陀。


全員狂ってる。そこが良い。

2010/11/18 22:27

投稿元:ブクログ

ストーリー展開としては音楽と絵画の話題で話の筋が進んでいって、登場人物のいわゆる「秘密の部分」が明かされていき、その悪い面を許容していく丘研に主人公がはまっていく(?)話。メインキャラクター達はほぼ何かしらの不運な側面があるというのがポイントなのかもしれない。
特に江西陀の絵についての感覚が他人の美意識とは違う側面から惹きつけられているという描写がこの一冊の中だと一番印象に残ってる。こういう倫理的な面でどうなの?と言う場面でしっかりと自分の主張が言えてるのがキャラクターとしては目立ってた。
その他にも主人公含め事件に対して特定の人物が何か強いこだわりのあることが書かれている場面のときに読んでる側がどう感じるかでこの本自体の評価も変わってくるのかと思う。わりと暗い感じの表現が多いのも特徴。

2011/05/28 08:34

投稿元:ブクログ

登場人物みんな変態というので読んでみたが、まさかラノベでテロリズムを書くとは思わなかった。こんなの十代に読ませるのは爆弾みたいなもんだ。

2010/11/22 23:08

投稿元:ブクログ

これも大賞同様、表紙見て「これなんかアレだな・・・」とか意味不明な事考えつつ避けてたが、それは大きな過ちだったようだ。

とにかく登場人物の性格が異常。
そんな彼らは変人でも狂人でもない、まさに「異人」と呼ぶにふさわしい。

これは絶対オススメ!・・・とか言いつつ☆5じゃないのはアレです、異人たちのキレっぷりに自分がついて行けなかっただけですw

2015/01/31 01:38

投稿元:ブクログ

死体に美を見出す人やら風景に魅入られた人やら、なにやら一般市民として生活してゆくには問題を抱えた人たちが集ったオカルト研究会。
けど、みんなで力を合わせれば成し遂げられることがある。というまっとうなお話でした。けど、続きはいいかな。
ReaderSoreの一巻無料を利用

2011/02/13 14:49

投稿元:ブクログ

人生2冊目のライトノベル。元ネタ的に尼崎脱線事故であったり、微妙にタイムリーなものをこれでもかと設定に詰め込んでいて、その時事ネタがもっと読んでいて気持ちのいいものなら良かったのですが、深刻な問題ばかりなので少し胸やけ。ひとつひとつの話題でもお話ができるような気もしますが、この1冊のスペースのなかにうまくこれだけの話題を詰めるものなんだなっていうこともできます。なぜこれがライトノベルというカテゴリなのか。という具合には充実していると思いますよ。なんとなく石田衣良さんのアキハバラ@DEEPを読んだ時に感じたものと近いものを感じました。沈丁花と世界大戦したい。

2014/02/11 19:43

投稿元:ブクログ

読む前はよくあるラノベものかと思っていたらそんなことはなかった。
主要人物はそれぞれ過去に色々あったりして…いい感じに狂っていて面白かった。

終盤の主人公の台詞で読み始めた時の主人公のイメージが変わった。

次巻も楽しみ。

角川スニーカー文庫 ランキング

角川スニーカー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む