サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ゴーストハント 2 人形の檻

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゴーストハント 2 人形の檻(幽ブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 167件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2011/01/01
  • 出版社: メディアファクトリー
  • レーベル: 幽ブックス
  • サイズ:19cm/401p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8401-3688-4
  • 国内送料無料

紙の本

ゴーストハント 2 人形の檻 (幽BOOKS)

著者 小野 不由美 (著)

瀟洒な洋館に住む一家を襲うポルターガイスト現象。騒々しい物音、移動する家具、火を噴くコンロ。頻発する怪しい出来事の正体は地霊の仕業か、はたまた地縛霊か—。家族が疑心暗鬼に...

もっと見る

ゴーストハント 2 人形の檻 (幽BOOKS)

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ゴーストハントシリーズ 7巻セット

  • 税込価格:9,99092pt
  • 発送可能日:購入できません

ゴーストハントシリーズ 7巻セット

  • 税込価格:9,99092pt
  • 発送可能日:購入できません

ゴーストハントシリーズ 7巻セット

  • 税込価格:9,99092pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

瀟洒な洋館に住む一家を襲うポルターガイスト現象。騒々しい物音、移動する家具、火を噴くコンロ。頻発する怪しい出来事の正体は地霊の仕業か、はたまた地縛霊か—。家族が疑心暗鬼に陥る中、依頼者の姪・礼美が語る「悪い魔女」とは?ナルとともにSPRの一員として屋敷に赴いた麻衣は、礼美と彼女が大切にしている人形との会話を耳にする。—リライトを経て、恐怖を増した第2弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

瀟洒な洋館に住む一家を襲うポルターガイスト現象。悪意が渦巻く屋敷に向かったSPR一行を待ち受けていたのは、一人娘と会話を交わす人形だった…。全編にわたり入念なリライトを施した完全版。〔「悪霊がホントにいっぱい!」(講談社X文庫 1989年刊)の改題改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小野 不由美

略歴
〈小野不由美〉大分県生まれ。1988年講談社X文庫ティーンズハートからデビュー。著書に「十二国記」シリーズ、「屍鬼」「黒祠の島」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー167件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

ホラーと推理小説の両方の欲求を満たす作品

2011/03/06 10:00

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風鈴音 - この投稿者のレビュー一覧を見る

元々は、講談社X文庫ティーンズハート文庫で出版された本のリライトです。元々の本も全て読んだのですが、その時点で、ティーンズハートという文字数の少ない本当にライトノベルズの本にも関わらず、その内容のすごさに驚かされたものです。
このシリーズを読んだ後に、同じような本を読みたくなり、たくさんのホラーを読みました。
怖い本もたくさんありました。文章力や想像力に驚かされる本もありましたが、この本のように、すっきり!!するストーリーは他にありませんでした。
純粋にホラーのみをお好きな人には、物足りないかもしれませんが、きちんと怖くて、かつ現実的で、しかもしっかりした結論と解決がある!
こういうストーリーはなかなか無いと思います。
リライト前の作品も、多少詰めが甘いところはあったにしても、かなりの完成度だと思っていましたが、このリライトはすごい!
長くなったことで、内容的にも充実したし、理論も現実的な世界観もきちんと構築されています。
この後、5冊ほど続きが出るらしいのですが、今から楽しみで待ちきれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今回は真砂子に一票

2011/08/09 10:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ゴーストハント(悪霊)シリーズ』リライトバージョンvol.2。
サブタイトルは『人形の檻』。

前作の縁でゴーストハンター、ナルちゃんのもとでアルバイトをすることになった麻衣。
前の事件からおよそ3か月後の話になるのだけど、前作が序章。本書からがシリーズの幕開けだな、と読んでから気が付いた。

……ということで、前作より怖さ倍増。

今回、渋谷サイキックリサーチ(SPR)が依頼を受けたのは、古い洋館で起こる不思議な現象の調査。

最初、なんということのないポルターガイスト現象のようなものしか起こっていなかったのに、いざ調査を始めてみると、次から次へと恐怖が掘り起こされて、読むのを止められない。

なにせ場所が古い洋館。
裏には池がある。
いかにも因縁ありげだ。
そしてキーワードがビスクドール。
人形の怪談ものって怖いのよね。

しかも、これに関わってくるのが子供となるともう、恐怖の大波がやってくる。

今回は前作で登場した脇キャラたちも紹介の必要もなく、スムーズに活躍している。いやもう、ほとんど全員が大活躍だ。

調子が良くて口が悪くてほんとに霊能者なのか?と思ったぼーさんも、なんだか人が良い人なだけに見えたジョンも、前回は霊がいなかったために活躍の場がなかった真砂子も、ちゃんと力を見せてくれる。
綾子もまあ、それなりに。

楽しいメンバーでとっても怖い事件を解決した後は、打ち上げタイム。
今回も、すっきり和やかに締めくくられて、またしても読後感は上々だ。

しかし怪異現象の原因には、悲しい理由が多いものだな、としみじみ思う。

死してなお執着を残すほどの悲しみと苦しみが怪異の背景にあることを思うと、今回は真砂子に一票入れたくなってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/22 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/09 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/19 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/15 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/13 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/20 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/08 03:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/12 00:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/07 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/26 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/06 19:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/13 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/05 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ホラー・怪談 ランキング

ホラー・怪談のランキングをご紹介します一覧を見る