サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 二年四組交換日記 腐ったリンゴはくさらない

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

二年四組交換日記 腐ったリンゴはくさらない(集英社スーパーダッシュ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2010.10
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社スーパーダッシュ文庫
  • サイズ:15cm/276p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-08-630573-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

二年四組交換日記 腐ったリンゴはくさらない (集英社スーパーダッシュ文庫)

著者 朝田 雅康 (著)

私立伯東高校。問題児ばかりで構成されたクラス、それが二年四組だ。クラスのボスである委員長は強権を発動し「皆の心をひとつにする」ために交換日記を開始する。日記は誰が書いてい...

もっと見る

二年四組交換日記 腐ったリンゴはくさらない (集英社スーパーダッシュ文庫)

576(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

二年四組 交換日記 腐ったリンゴはくさらない

410 (税込)

二年四組 交換日記 腐ったリンゴはくさらない

ポイント :3pt / 紙の本より166おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私立伯東高校。問題児ばかりで構成されたクラス、それが二年四組だ。クラスのボスである委員長は強権を発動し「皆の心をひとつにする」ために交換日記を開始する。日記は誰が書いているのかわからないようにされ、登場するクラスメイトも属性に基づく異名や派閥で表現される。日記には予想外の事件や恋が描かれて…?第9回SD小説新人賞佳作受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【スーパーダッシュ小説新人賞佳作(第9回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.0

評価内訳

面倒だけれど深まる理解

2010/10/31 00:51

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 久しぶりにメモをとりながら本を読んでしまった。本文中、登場する二年四組の生徒35名の異名と本名の対比が秘匿されていて、各章で小出しにされる情報を突き合せなければ、その対比が明らかにならないという、一種のパズル要素を含んでいるのだ。このため、情報をメモしつつ、対比表を完成させていった。
 しかし、第6章までには、消去法も含めて、全ての登場人物の対比表が完成するので、そこからは普通の物語として楽しめる。そして、物語が怒涛の展開に突入するのも大体それ以降なので、全体構成としても、パズルパートと騒動パートに分かれていると言って良いかも知れない。

 私立伯東高校の新人教師の愛川奈美は、先輩教師たちの陰謀によって、非常に個性的なメンバーばかりが集められた隔離クラスの担任を任される事になる。ありきたりな不良や不登校生徒は当然として、クラッキングや機械工作で犯罪スレスレのことをやる生徒、政治家や金持ちの娘とメイド、成績優秀だが性格が捻じ曲がっているヤツ、親から虐待されていた生徒などもいる。こんなバラバラになりそうなクラスを統率しているのが、委員長と裏ボスだ。前者は知恵と人脈によって、後者は実力によってクラスに一体感を醸成している。
 そんな委員長が新学期早々クラスメイトに課したのが、交換日記だ。一冊のノートを誰かに配布し、その人物がその一日の出来事を書いて誰かに渡す。誰が書いたのか分からない様、匿名性を重視して、基本的に人物は異名で書き表わされるのだ。

 そんな交換日記が始まって数日すると、クラスメイトが各々、ちょっとした出来事に巻き込まれているのが分かる。それはバラバラだとよく分からないのだけれど、日記の記述が進むにつれ、事態はつながっていき、最後は結構な大事になってしまうのだ。
 そしてそんな大事件の影で、高校生らしくと言おうか、様々な恋愛事情、人間模様も明らかになっていく。

 パズルとして数学的な厳密さがあるわけではないと思うし、余詰めのある詰め将棋みたいな印象も受けるが、ストーリー展開を補助する一要素として考えた場合には、大勢のキャラクターを把握するために読者はそれなりに手間をかけなければならないため、それぞれに対する理解が深まり、物語への移入を容易にするツールとして十分機能している気がする。
 一ヶ月だけでこの怒涛の展開だったので、彼らに周りには今後も事件は起きるだろう。それをこれからどう描いていくかに、作者の技量が問われてくる気がする。次回は同様の手法は使えないだろうから。

 今回の表紙のイラストは普通にキャラが並んでいるだけの様で、人間関係をよく表現していると思った。

 ネット上に異名と本名の対比表を置いてみたので、もし興味があれば探してみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/29 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/12 08:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/25 19:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/20 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/26 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/15 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/02 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/09 06:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/06 04:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/23 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/28 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/23 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/09 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/30 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

集英社スーパーダッシュ文庫 ランキング

集英社スーパーダッシュ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る