サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 二年四組交換日記 腐ったリンゴはくさらない

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

二年四組交換日記 腐ったリンゴはくさらない(集英社スーパーダッシュ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2010.10
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社スーパーダッシュ文庫
  • サイズ:15cm/276p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-08-630573-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

二年四組交換日記 腐ったリンゴはくさらない (集英社スーパーダッシュ文庫)

著者 朝田 雅康 (著)

私立伯東高校。問題児ばかりで構成されたクラス、それが二年四組だ。クラスのボスである委員長は強権を発動し「皆の心をひとつにする」ために交換日記を開始する。日記は誰が書いてい...

もっと見る

二年四組交換日記 腐ったリンゴはくさらない (集英社スーパーダッシュ文庫)

576(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

二年四組 交換日記 腐ったリンゴはくさらない

410(税込)

二年四組 交換日記 腐ったリンゴはくさらない

ポイント :3pt / 紙の本より166おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私立伯東高校。問題児ばかりで構成されたクラス、それが二年四組だ。クラスのボスである委員長は強権を発動し「皆の心をひとつにする」ために交換日記を開始する。日記は誰が書いているのかわからないようにされ、登場するクラスメイトも属性に基づく異名や派閥で表現される。日記には予想外の事件や恋が描かれて…?第9回SD小説新人賞佳作受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【スーパーダッシュ小説新人賞佳作(第9回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.0

評価内訳

面倒だけれど深まる理解

2010/10/31 00:51

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 久しぶりにメモをとりながら本を読んでしまった。本文中、登場する二年四組の生徒35名の異名と本名の対比が秘匿されていて、各章で小出しにされる情報を突き合せなければ、その対比が明らかにならないという、一種のパズル要素を含んでいるのだ。このため、情報をメモしつつ、対比表を完成させていった。
 しかし、第6章までには、消去法も含めて、全ての登場人物の対比表が完成するので、そこからは普通の物語として楽しめる。そして、物語が怒涛の展開に突入するのも大体それ以降なので、全体構成としても、パズルパートと騒動パートに分かれていると言って良いかも知れない。

 私立伯東高校の新人教師の愛川奈美は、先輩教師たちの陰謀によって、非常に個性的なメンバーばかりが集められた隔離クラスの担任を任される事になる。ありきたりな不良や不登校生徒は当然として、クラッキングや機械工作で犯罪スレスレのことをやる生徒、政治家や金持ちの娘とメイド、成績優秀だが性格が捻じ曲がっているヤツ、親から虐待されていた生徒などもいる。こんなバラバラになりそうなクラスを統率しているのが、委員長と裏ボスだ。前者は知恵と人脈によって、後者は実力によってクラスに一体感を醸成している。
 そんな委員長が新学期早々クラスメイトに課したのが、交換日記だ。一冊のノートを誰かに配布し、その人物がその一日の出来事を書いて誰かに渡す。誰が書いたのか分からない様、匿名性を重視して、基本的に人物は異名で書き表わされるのだ。

 そんな交換日記が始まって数日すると、クラスメイトが各々、ちょっとした出来事に巻き込まれているのが分かる。それはバラバラだとよく分からないのだけれど、日記の記述が進むにつれ、事態はつながっていき、最後は結構な大事になってしまうのだ。
 そしてそんな大事件の影で、高校生らしくと言おうか、様々な恋愛事情、人間模様も明らかになっていく。

 パズルとして数学的な厳密さがあるわけではないと思うし、余詰めのある詰め将棋みたいな印象も受けるが、ストーリー展開を補助する一要素として考えた場合には、大勢のキャラクターを把握するために読者はそれなりに手間をかけなければならないため、それぞれに対する理解が深まり、物語への移入を容易にするツールとして十分機能している気がする。
 一ヶ月だけでこの怒涛の展開だったので、彼らに周りには今後も事件は起きるだろう。それをこれからどう描いていくかに、作者の技量が問われてくる気がする。次回は同様の手法は使えないだろうから。

 今回の表紙のイラストは普通にキャラが並んでいるだけの様で、人間関係をよく表現していると思った。

 ネット上に異名と本名の対比表を置いてみたので、もし興味があれば探してみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/29 17:34

投稿元:ブクログ

良くも悪くも「問題児」ばかりが揃った2年4組35名。
絶対的権力を発動させた委員長命令によって、クラスで「交換日記」をすることになるが……。

35名・クラス内の派閥の書き分けがとても上手い。
日記のトップバッターがあだ名で書き始めたため、皆もそれに倣っていくので、パズル的要素が面白い。
ただ、そっちばかりが気になって、肝心のストーリーが頭に入ってこなかった(笑)。ちなみに、35人中28人正解でした。

作者さんは、この作品しか書かれていないらしい。残念。

2011/02/12 08:35

投稿元:ブクログ

“これは『二年四組 交換日記』だ。
やりたくもねぇし書きたくもねぇが、こうして手元にノートがある以上書かねばならぬ。書かないなどという選択をしてしまえば、我がクラスのボスは怒りもせずに俺を海の底に沈めるに違いない。
さて、愚痴はここまでにして話を進めよう。そして、正直にいおう。
掃き溜めだ。
二年全体の中から腐ったリンゴばかりを集めたクラスとしかいいようがない。それを説明するかのように俺らのクラスだけ、なぜか校舎が違う。いや、なぜか……なんていう必要もない。明らかに隔離されている。何にしろ、二年四組だけ部室棟にポツンと存在しているのだから。
そりゃ確かに学園で一、二を争う美形のモデルとマドンナが同じクラスなのは嬉しいことだが、隔離するのが当然だろうクソもいる。三馬鹿不良どもは、さっそく生粋のいじめられっ子を標的にいじめを楽しもうとしたのだが、制裁男の拳の前に吹き飛ばされてノックダウン。秀才野郎は授業中に他人の質問を横取りしまくり。アナウンサーと解説者は他人の行動を監視しまくり。ちなみに登校拒否児童は三人が三人共このクラスだ。もっとも登校拒否児童三は通算三日ほど、登校拒否児童二は新学期初日にはきていたが……。
とにかく二年四組にはこの上ない連中がそろっているわけで、そういう俺もクソの一員という自覚がある。
そんなクラスの委員長だ。普通の人間に務まるわけもないのだが、これ以上はないだろう女がこのクラスにはいた。”

すごいわ、これ。
表を用意してそれを埋めながら読まないと、少ししんどいかもしれないけど、別にそこまで難解なパズルではない。
前半部分で全員の名前はわかるから、後半部分は思いっきり話の中身に専念できる。
誰が誰なのかわかってから序章を読むのも結構楽しい。
何より、容姿・異名・本名がとてもぴったりすぎ。あと、そのため呑み込み易い。
全三十五人+αβ…を見事に操りきってる。

“本当にこのクラスの面々はどうかしている。”

いやはやまったくそのとおり。
面白かったー。
すごいよこのクラス。

“放課後。
佐倉澪さんが一冊のノートを持ってきてくれた。何かしら?と思ったら、『交換日記』と書かれている。
今日はそれを一日かけて読んだわけなのだけど……、あの子達は、一体何をしていたのだろう……。
暴走族?サギ集団?ロシアの諜報機関の内紛?
信じられない言葉が並んでいる。
生徒の生の言葉を聞けるのはすごく嬉しいし、あぁ、そういう関係なんだ、そういう関係になったんだ……と思う部分もあるけれど、問題点のほうがはるかに多い。
どうして、私はこのクラスの担任なのだろう。
誰か代わって欲しい。”

2011/04/25 19:52

投稿元:ブクログ

読み終わって思うのは、
この小説のメインのパズル要素は
35人の名前当てじゃなくて
最終章に入る前に最後の黒塗りの中身に
気づけるかなんじゃないかと。

読んでる最中は半分もいかないうちに
全員の名前が分かっちゃうし、
後半は面白いけど超展開だしで
いろいろ突っ込みどころ多いなーとか思ってたけど、
ラストで、そう来るかって感じで
自分のほうが甘かったなと。

一言付け加えるなら、
たまに主語が誰なのか2行先くらいまで読まないと
分かりにくい記述があるのが少々残念。

2011/02/20 09:24

投稿元:ブクログ

私立伯東高校。問題児ばかりで構成されたクラス、それが二年四組だ。
クラスのボスである委員長は強権を発動し「皆の心をひとつにする」ために交換日記を開始する。日記は誰が書いているのかわからないようにされ、登場するクラスメイトも属性に基づく異名や派閥で表現される。
日記には予想外の事件や恋が描かれて…?

(読了:2011/02/20)

2010/11/26 20:03

投稿元:ブクログ

これは新鮮。読むパズルですね。難点は特質上メモがないと読みづらいところか。三馬鹿以外は中盤でどうにか予想はついたけど、何度も読み返す必要があるからなかなか進まない(笑)まぁそれがこの作品の楽しいところですけどね。

2011/07/15 22:24

投稿元:ブクログ

問題児ばかりが集まった二年四組。
そして何故か始まる交換日記。
中身は、本名とあだ名の入り乱れ。
一体、誰がどのあだ名なのか、が本題?w

気にならないからいいや、で読み始めても
徐々に誰が誰なのか、気になってきます。
35人分のヒントがあちらこちらにちらばっていて
あれがこれで…と、脳内がパンクしてきて
結局メモ取りが始まりますので…。
逆らわず、メモを片手に読み進めた方がいいかと思います。

結局かなり最後まで、いい具合に全員の名前が埋まりません。
埋まった瞬間、物語そっちのけで、やった! と思う事かと。
話としては単純(?)かと思われますが。
ちょこっとラブあり(笑)

2015/03/02 15:06

投稿元:ブクログ

ゲーム的な部分は面白かったが、一部生徒のキャラ付けが中途半端なまま終わってしまったのが消化不良。
さすがに一冊でクラス全員のキャラを立たせるのは不可能に近いか。

続編が出ていたらその辺りも深まっていくんだろうけど、望み薄かな。

2012/04/09 06:56

投稿元:ブクログ

三十五人の腐ったりんごが集められたクラスで始まった交換日記.
最初の記入者がクラスメイトを記号化したんで
その流れに乗って記号で書かれるクラスメイトたち.
時々出てくる名前から誰がどれなのかを考えながら読むと楽しい.
パズル的な物語ですね.
なかなか良かったよ.

2011/03/06 04:52

投稿元:ブクログ

楽しかった!こんな感じの作品に出会いたいなとか思ってたから、本当に嬉しい!好き嫌い別れるだろうけど、自分は好きな作品展でした。

2011/04/23 21:02

投稿元:ブクログ

けっこう楽しめました。でもパズル要素は簡単だしあんまりなくてもよかったかな
話自体はクラスのそれぞれがいいキャラしてておもしろかった

2011/06/28 22:28

投稿元:ブクログ

個性溢れすぎる総勢35名のクラスメイトの本名を探す、パズルのような変わったライトノベル。たまにはこんなのあってもいいとは思うが、パズルとして楽しむにはハツラツ娘の存在が胸に刺さった。眩しい程の明るさ故に、普通のクラスだと「ウザイ」と思われ、生きる場所を選ばねばならない。悪気があるわけじゃないのに、本人に落ち度はないのに、等身大で普通に生きられる場所が限られるというのは、辛い。ギャグとして楽しむにはハツラツ娘に身を入れすぎた。

2012/12/23 21:31

投稿元:ブクログ

パズル感覚で楽しく読めました。
クラスメイト一人一人のキャラが立ってて
良かったです。
表紙もよかったし、、、

続編とかも読みたいです。

2011/06/09 22:55

投稿元:ブクログ

タイトル通り、交換日記という形で展開していく物語です
クラスメイトの名前とあだ名を繋げるという
パズル要素を含んでいて珍しい作品と言えるでしょう
 
ギミックの秀逸さに目がいってしまいますが、
読み物としても平均以上の面白さがあり
ゆるっとした感じで最後まで楽しむ事ができます
 
まずはさらっと読んで物語を味わった後、
時間が余ればギミックのパズルに挑戦する
というのが正しい楽しみ方のような気がします

2011/08/30 20:57

投稿元:ブクログ

ひとつ後悔したのは、ちょっとずつ読むんじゃなくて一気に読んでしまうべきだったなということです。
これに関しては、やっぱりメモしながら読むのが適切ですね。記憶力の弱い私では案の定、誰が誰だっけなとなってしまいました。

生徒はどいつもこいつもぶっとんでいて、いつのまにやら規模のデカい騒動に巻き込まれ(巻き込んで、でしょうか)といった感じです。
この荒唐無稽っぷりは、なんともラノベらしくていいんじゃないでしょうか。
個人的な推しメンはやはりお嬢です。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む