サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. みちのく怪談名作選 vol.1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

みちのく怪談名作選 vol.1
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.11
  • 出版社: 荒蝦夷
  • サイズ:19cm/461p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-904863-07-7
  • 国内送料無料

紙の本

みちのく怪談名作選 vol.1 (叢書東北の声)

著者 東 雅夫 (編)

みちのくの豊饒なる伝承風土に育み培われた文豪たちによる「みちのく怪談」を精選。vol.1は、井上ひさし「鍋の中」、宮沢賢治「種山ケ原」などを収録。【「TRC MARC」の...

もっと見る

みちのく怪談名作選 vol.1 (叢書東北の声)

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

みちのくの豊饒なる伝承風土に育み培われた文豪たちによる「みちのく怪談」を精選。vol.1は、井上ひさし「鍋の中」、宮沢賢治「種山ケ原」などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

鍋の中 井上ひさし 著 7−35
魑魅魍魎 石上玄一郎 著 37−83
日照雨 佐々木鏡石 著 87−89

著者紹介

東 雅夫

略歴
〈東雅夫〉神奈川県生まれ。早稲田大学文学部卒。アンソロジスト・文芸評論家。怪談専門誌『幽』編集長。著書に「怪談文芸ハンドブック」「江戸東京怪談文学散歩」「遠野物語と怪談の時代」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

内容紹介・目次

2010/10/25 15:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ビーケーワン - この投稿者のレビュー一覧を見る

アンソロジスト・文芸評論家・『幽』編集長の東雅夫と〈荒蝦夷〉がタッグを組んでお送りする『みちのく怪談名作選vol.1』! 
東北が生んだ作家たちが夢想した〈みちのく怪談〉珠玉の名編がこの1冊に結晶!! 
加えて100枚を超える巻末解説「みちのく怪談の系譜」(東雅夫)も収録!!! 
ご期待ください!!!! 

【編者より】東雅夫
 2010年は、近代怪談文芸の一原点と呼ぶにふさわしい、柳田国男の名著『遠野物語』の刊行100周年にあたります。
 『遠野物語』そのものの偉大さもさることながら、その母胎となった「みちのく/東北地方」の豊穣なる伝承風土、そこに育み培われた怪談奇談幻想の文学的伝統もまた、現代にいたるまで尽きることなく、さまざまな作家と作品を生み出して参りました。
 然るに今日にいたるまで、そうした「みちのく怪談」の赫々たる系譜とその神髄を精選収録し一望のもとに展望するアンソロジーの試みが、かつて一度として実現されたことがないのは大いに遺憾とするところであります。
 そこで編者は、「東北学」の拠点としての出版活動に携わってきた荒蝦夷と相携え、ここに『みちのく怪談名作選』と題するアンソロジーの企画編纂を発意した次第です。
 只野真葛、平尾魯僊に始まり、佐々木喜善や宮澤賢治を経て、寺山修司、井上ひさし、高橋克彦にいたるまで、怪異と心霊の大いなる故郷・東北地方の文化と風土が育んだ怪談文芸の名作佳品を一巻に集成。巻末には、気鋭の現代語訳による古典篇を併載いたします。ご期待ください。

【収録作品】

井上ひさし「鍋の中」
石上玄一郎「魑魅魍魎」
佐々木鏡石(喜善)「日照雨/寺/念惑」
高橋克彦「星の塔」
野村胡堂「怪談享楽時代」
長部日出雄「死者に近い土地」
太宰治「魚服記」
宮沢賢治「種山ヶ原」
三浦哲郎「お菊」
島尾敏雄「冬の宿り」
斎藤茂吉「新道/仁兵衛。スペクトラ/金瓶村小吟(抄)」
寺山修司「きりすと和讃/恐山」
高木彬光「ミイラ志願」
杉村顕道「鳥海山物語」
山田野理夫「黒船/狐とり弥左衛門」
佐藤有文「骨なし村」
只野真葛『奥州ばなし』より(勝山海百合・現代語訳)
平尾魯僊『谷の響』より(黒木あるじ・現代語訳)

解説「みちのく怪談の系譜」(東雅夫)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ホラー・怪談 ランキング

ホラー・怪談のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む