サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

お嬢様のメイドくん(一迅社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.1
  • 出版社: 一迅社
  • レーベル: 一迅社文庫
  • サイズ:15cm/315p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7580-4196-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

お嬢様のメイドくん (一迅社文庫)

著者 大樹 連司 (著)

「雪風、あなた、女の子になりなさい」主人である咲夜お嬢様の命令で、全寮制の名門女子校・鳳翔女学院に通うことになった従者の少年・雪風。女子寮・咲夜荘で女装した彼を待っていた...

もっと見る

お嬢様のメイドくん (一迅社文庫)

689(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

お嬢様のメイドくん

540 (税込)

お嬢様のメイドくん

ポイント :5pt / 紙の本より149おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「雪風、あなた、女の子になりなさい」主人である咲夜お嬢様の命令で、全寮制の名門女子校・鳳翔女学院に通うことになった従者の少年・雪風。女子寮・咲夜荘で女装した彼を待っていたのは、強烈な個性の生徒会メンバーだった!メイド服を身にまとった雪風の、波乱の学園生活の幕が開ける!!時代のナナメ上を行くオトコの娘ラブコメ誕生。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

メイドくんの心の奥は

2011/02/05 14:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 瑞鶴咲夜が鳳翔女学院に転校するため、少年従僕の媛代雪風は女装して一緒に転校することを命じられる。山奥の古風な女子高にお嬢様と二人で転校する。困惑と共に喜びも感じる雪風だったが、転校寸前で咲夜は父親にヨーロッパへ連れ去られ、雪風はただ一人で、女子高に先行して転校することになってしまう。
 そして訪れた鳳翔女学院は、事前に調べた校風とは全く異なり、縦ロールの宍戸來華が率いる救世軍という集団と、革命生徒評議会という生徒会が対立して妙な闘争を繰り広げていたり、瑞鶴家の所有である別邸・咲夜は、革命生徒評議会の寮として占拠されていた。

 革命生徒評議会議長の鞍馬九葉や、副議長にしてヴァレリー女公爵・ヘイゼルベル王女殿下、書記の漆羽奇那という個性の強い面々に流され、彼女たちと同居することになる雪風は、その後の流れ上、何故か中等部生徒会長選挙に立候補することになってしまう。男の子なのに。。

 咲夜と雪風の幼少期にあった出来事の後遺症で、主人と従僕という関係性に当てはめてしか生きられなくなったという現状があり、成長に伴ってそれが破綻しようとする中で、新たな関係性の中に希望が生まれていく、という様な物語になっている。
 前半はかわいい男の子が女装をさせられ、メイドさんになり、女の園で翻弄されるという属性重視の展開になりながら、後半では主人公二人の過去のエピソードをひも解くことで、現在に至るまでの心理的呪縛をつまびらかにしていくという、暗さも含んでいる。
 この、若干性格の悪いヒロインを採用しながら、そこに面白さを見出していくところは、作者らしいストーリーだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/29 19:36

投稿元:ブクログ

お嬢様、執事、メイド、女装、と軽くてありがちにも思えるところから始まっているこの本は、けっこうな小ネタをちりばめつつもマニアックに陥ることなく、その上そういう調子と乖離することなくきっちりと物語を作り上げている。重いテーマについてはうまく言えないが、その重さに頼るでもなく、ちゃんとカタルシスもあって単純に面白かった。続きが想定されているのかどうかは分からないが、この人々のその後も読んでみたいなと思ってしまう。

2011/01/30 15:12

投稿元:ブクログ

男の娘ラブコメ+@。男の娘もねじれた主従も好きなのでちょっとお得感w 今後のおはなしも気になります。

2012/01/11 22:25

投稿元:ブクログ

男の娘と聞いてワクワクしながら読み始め、中盤までは明るく楽しいドタバタコメディ展開で面白かったのが、終盤で一気に急転直下、シリアス展開に発展し・・・。
でも、最後はかなりのバカをやりつつのラブコメ展開に驚嘆。
いろいろ楽しめてお得感満載だった。

2011/01/02 01:21

投稿元:ブクログ

お嬢様咲夜の命令で付き従うため女装して全寮制の鳳翔女学院に転校することになった従者の雪風。主人に先立って女子寮に入ると全裸でカリスマな生徒会長、王子様の副会長、ロリな書記という個性的なメンバーと出合う。メイド服で女子として学園生活が始まる。


主人公と咲夜の過去、校内紛争の歴史、個性的な生徒会と対立するドリル夫人など序盤中盤と面白く読めました。しかし、咲夜が帰ってくるとシリアスに・・・。

2011/01/06 14:39

投稿元:ブクログ

最初はただの男の娘メイドかと思ったのに、後半からの怒涛の展開がやばい。色々な要素がひとつに収束していく様はとても心地よかったです

2011/06/15 20:58

投稿元:ブクログ

女装男子の女子寮生活、寮仲間は全裸だったりロリで緊縛だったりと変人揃い、レーベルは一迅社文庫というところから、萌え系ラノベだと正直なめてました。前半は、女装メイド男子の女装に対する恥じらいや戸惑い、女子校ならではのぱふぱふなイベントが出てきてこんなもんかなという感じだったが、お嬢様が学園に戻ってきたところからガンガン盛り上がる。お嬢様の容赦のないご主人っぷりや、雪風とお嬢様の過去話が出てきたところから、燃えてきた。起承転結ってこういう展開をいうのかしら。タイトルの割には3分の2くらいはお嬢様が登場せず、女装メイド男子・雪風の学園生活模様なのだけれど、最後まで読むと確かにお嬢様とメイドくんの話だった。
一迅社文庫の新刊案内を見るとパンツが見えるようなラブコメばかりだけど、ちゃんと燃えもあるんだね。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む