サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

棺姫のチャイカ 1(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

棺姫のチャイカ 1 (富士見ファンタジア文庫)

著者 榊 一郎 (著)

目覚めればそこに義妹アカリの美しい顔があった。「兄様。おはよう」彼女は四つん這いで、俺—トール・アキュラの上に跨っていた。枕には、アカリ愛用の鉄槌が深々と突き刺さっている...

もっと見る

棺姫のチャイカ 1 (富士見ファンタジア文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

目覚めればそこに義妹アカリの美しい顔があった。「兄様。おはよう」彼女は四つん這いで、俺—トール・アキュラの上に跨っていた。枕には、アカリ愛用の鉄槌が深々と突き刺さっている。戦乱の後フェルビスト大陸を兄妹で放浪し、その日暮らしをしてきたが、とうとう食い詰めてアカリは俺に業を煮やしたのだ。「働いたら負けだ」とひとりごちながら、食料を探しに山林へ入ると、何かが草むらに潜んで動いている。凶暴な棄獣かと構えたが、現れたのは小柄な少女だった。「お…襲う?」黒い衣装をまとい、棺を背負った不思議な少女は、大きな紫の瞳で俺を見つめる。彼女—チャイカと俺はこうして出会い、世界は再び動き出した。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

出だしからシリーズのラストが気になる。

2013/04/13 14:57

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とある図書便り編集長 - この投稿者のレビュー一覧を見る

あの「ストレイトジャケット」などで有名な榊さんの作品。

 あるサイトでもこの方の文章は綺麗、参考になるとの声が多かったので、まずは手始めにと購入。

 世界観は中世の欧州辺り(ヨーロッパかも)。主人公は戦争を心待ちにしていたのに終戦のせいで気力を失った少年。そしてヒロインが棺を背負って旅をしているという設定。
 話自体は典型的な「集め物」のシリーズ構成らしく、上手く読者の期待を煽っている感じがよかったです。さらにその期待を裏切らないのが流石というべきでしょうか。
 恐らくは編集さんのせいでちょっと無難な方向に持ってかれてしまって、本来の魅力が十分に発揮されていないんだと踏みましたが、普通に面白いし、シリーズのラストが気になるので一冊買ったら二巻三巻と手を伸ばしてしまいそうです(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/20 08:27

投稿元:ブクログ

“少女は機杖<ガンド>の機関部に備わる装填桿<ボルト>を引き下ろす様にして引いて、戻した。
がしゃん――と音を立てて蓄念筒<カートリッジ>が装填される。同時にバネ仕掛けの増幅術式筒<スペル・ドラム>がちらりと涼やかな音を立てて回転を始めた。
「ん……」
最後に少女は自分の長い髪の間に右手を差し込んでうなじを探る。
正確には――そこに刺青された紋章を。
それが変わらずある事を指先の微妙な感触で確認すると、少女は機杖から引き出した接続索をまるで首輪の様にかちりと自分の首に巻いて留めた。
接続索の紋章と自分の首の紋章が合わさって自分の意識が機杖に繋がるのを感じる。
「……<切り裂くもの<ザ・リッパー>>」
選択呪文を自らに確認するかの様に少女は呟いた。
最も単純な魔法の一つだが、それだけに詠唱も早く応用も利く。
深呼吸を一つ――そして少女は呪文詠唱を開始した。”

設定とかいいなー。
チャイカ可愛い。
結末がどうくるのか少し予想できそうな気もするけど。
これからの展開に期待。

“敵の類という訳でもないだろう。それならわざわざ棺に入れて弔う意味が無い。
では親しい誰かかというと――それも考えにくい。親しい誰かなら生きていて欲しいと思うのが人情だろうし、既に死んでいるなら死んでいる出……そうと分かっているのなら、今現在、空っぽである意味がない。遠方で知人の訃報を聞いて、という可能性もあり得るが、わざわざ棺をこんな少女が運んで持っていく理由が分からない。
それとも――これは『いずれ死すべき者』の為の棺か。
例えばこのチャイカ自身の?
「誰が入るんだ?誰が死ぬんだ?あるいは誰が死んだんだ?」
「…………」
チャイカは曖昧に首を振る。
言えないという意味か。分からないという意味か。
問い詰める事は出来たが――
「やるべき事。私の」
チャイカはきっぱりとそう言った。
「やるべき事……」
「やる。義務。使命。目的。絶対。一生――かけても」
チャイカはにっこり微笑んで言った。
「頑張る」”

2010/12/30 00:00

投稿元:ブクログ

王女に護衛二人と言うまさに棄てプリライクな設定、、、と言うことにあとがき読むまで気がつかなかった!続きも楽しみです。確かに小柄なチャイカがデカイ機杖を扱う様は格好よくて可愛いですねー。

2011/01/30 23:11

投稿元:ブクログ

面白かった(´ー`)  原点回帰らしいが、該当の作品を読んでないので特に問題なし。

緩い主人公だけど、ヒロインを守って世界を敵に回して行く王道(´ー`)

2010/12/19 08:11

投稿元:ブクログ

“兄貴は、いわゆるニート。でも、やれば出来る子なんです。by義妹”

戦争が終わり、ひとつの時代が終わろうとしている。
そんな時代には、もう戦いは必要無い。
そして、戦う人も必要無い。
だから、ニートになっている。

それが主人公だったりするのが、この物語。

剣と魔法のファンタジーという感じですが、
魔法がそこまで万能では無いという感じかな。
制限というか、使用するのにかなりの制約かけてますから。

第一巻ということなので、物語はほとんど進まず、
謎も伏線も貼りまくりの状態なまま終わります。

話盛り込み過ぎな感じがしないでもないのだけど、
とりあえず、チャイカでは無く、アカリ派になろうかなと。

2011/01/12 19:25

投稿元:ブクログ

あとがきで愚痴っているように、すんげーデジャブな展開。
悪党にはなりきれないのだろうなぁ。やはり主人公としては。

なってくれるとそれはそれで面白いのだが。
・・・こんどこそ本当に世界の敵になってくれないかなぁ。
むりかなぁ。

2011/11/06 20:48

投稿元:ブクログ

とても面白かった!
良質な剣と魔法のファンタジー、キャラも良くできてるし、なまにくATKさんの挿絵も可愛くも達者。ここからどうなっていくのかとても楽しみ!
あとがきの榊さんと編集さん掛け合いの中のお言葉「変にひねらないでください」。これは、お話の作者さんだけでなく、読者の作品に対する姿勢においても同じようなことが言えるかもしれないw

2014/03/31 14:49

投稿元:ブクログ

「棺姫のチャイカ」
TOKYO MX 毎週水曜日 25:05~
キャスト:安済知佳、間島淳司、原優子、細谷佳正、野水伊織、
http://chaika-anime.jp/

2011/12/06 18:09

投稿元:ブクログ

良質の純正ファンタジー。
剣と魔法と戦いと…というオーソドックスな世界観に+αとしての独特な魔法システムが組み込まれ、物語の大きな筋にも合流している。文章の読み易さも相俟って非常に安心して読める一作。
シリーズ物の第一作品目に相応しく物語は主人公たちの旅立ちまでで終わるものの、主人公の心の中で無意識下に繰り返されてきた葛藤が現実の出来事と連動することによって克服されるという実に奇麗な筋立てが過不及なく完成されている。物語の雛形としては非常に模範的な作品ではないだろうか。

2011/02/03 16:49

投稿元:ブクログ

西洋ファンタジーに忍者を投入。

「すてプリ」ファンとしては、なるほど確かに、トールはシャノンっぽいですね。

ヒロイン名がクドリャフカとゆーのは、それはそれでアリだったかもしれませんが。残念(笑)。

2011/10/08 21:00

投稿元:ブクログ

ファンタジア文庫にての新シリーズ第1巻。

剣と魔法のファンタジーですね。

榊さんの魔法設定がほんと好きだなあ。

ストジャも大好きでしたが、このチャイカの魔法設定もおもしろい。

戦争が終わったことで働き口を失ってしまった主人公・トール。

以後、自堕落な――引きこもりなニート生活を満喫している彼に、義妹・アカリは「剥製にする」と鉄槌を振り回していて。

一応ヒーローなのに「働いたら負け」とかw

そんな彼らが出会ったのは身の丈以上の棺を背負った銀髪の少女・チャイカだった。

榊さんの文章は読みやすくて、すっと頭に入ってきて。

ほんとおもしろかったです。

トールもアカリもチャイカもすてきでした。

アカリの、本当に兄様を敬愛しているのかわかりづらい行動も楽しかった。

登場人物紹介のページ、おもしろいw

最後の方で戦った騎士ジレットさんは今後どのような展開になるんだろう。

さ、つづきも読もう。

2011/06/01 22:56

投稿元:ブクログ

タイトルから内容が全然推定できないんですが、面白かったです。

 まー、今は、「ドラゴンボールZ」って感じですかね。同著者のあるレーベルの「赤ポリ」とかは、魔法の元が特定の音響(電波とかも含むかな?)なんですが、コレは何。

 曖昧で良いとこは、そのままでいいんでないかと思います。何でもできる魔法一発もより、何かの苦労、または組合せ・タイミング・同調とか人間の五感以外のものを魔法の強化にするのがいいと思いました。

2011/08/15 21:44

投稿元:ブクログ

わりとオーソドックスな剣と魔法のファンタジー、榊一郎風味といった感じでしょうか。
あいかわらず読みやすくも読みごたえもある文章は流石です。
1巻目ということでお話もこれからといったところでしょう。

ヒロインがふたりとも抜けているところがあるので、主人公の行く末がどうなるか気になることろです。
せめて剥製にならずに済むようにがんばってもらいたいですね。

2012/07/10 11:09

投稿元:ブクログ

ステプリ以来、久々に榊一郎氏のラノベ。
さすが安定して読みやすい。

ストーリーとしては目的のものを探す冒険物といった感じ。

2012/11/07 20:10

投稿元:ブクログ

 ポリフォニカから流れて読んでます(笑) 今回は、落ちこぼれた主人公?目的を無くしたといったほうが適切かな?3人の旅物語で敵はバッサ、バッサ倒していきますw なかなか爽快で主人公強いです。ヒロインも守られてばかりではなくライフル使ってちゃんと戦ってます。 
 なかなかおもしろかったので、今後も読みたいです。

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む