サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. Strange Strange

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Strange Strange(HJ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.12
  • 出版社: ホビージャパン
  • レーベル: HJ文庫
  • サイズ:15cm/519p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7986-0157-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

Strange Strange (HJ文庫)

著者 浅井 ラボ (著)

「これが僕の真の力、なのか」秘められた力を使い、美少女たちと共に悪を滅ぼす少年、田尾君が直面したとてつもなく凄惨な事態とは?問題作「ぶひぶひ だらだら」をはじめ、彼と秘密...

もっと見る

Strange Strange (HJ文庫)

771(税込)

Strange Strange

617(税込)

Strange Strange

ポイント :5pt / 紙の本より154おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「これが僕の真の力、なのか」秘められた力を使い、美少女たちと共に悪を滅ぼす少年、田尾君が直面したとてつもなく凄惨な事態とは?問題作「ぶひぶひ だらだら」をはじめ、彼と秘密を持つ彼女の心温まる愛の物語「人でなしと恋」など全4篇で贈る、浅井ラボのハラハラドキドキの連作短編撰。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

ふくろおんな 4−87
ぶひぶひ♥だらだら 88−197
人でなしと恋 198−403

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/06/04 16:40

投稿元:ブクログ

人間の悪意満載の短篇集。ホラーとサイコホラー。
作者の別シリーズ、「されど罪人は竜と踊る」を読んでいるとニヤリと出来る部分あり。

2010/11/29 10:42

投稿元:ブクログ

2010/12/01
⇒まんだらけ 367円

色々なタイプのホラー?の短編が詰った作品。
いつもながら分厚すぎ。
スプラッタ・陵辱・殺人・怪異がメインなので
そこら辺が嫌いな人にはオススメしない。

個人的にブヒブヒと食人のは面白かったけど
袋女と最後のはどーなんだろう。
男主人公がダメすぎ、あとセックスセックス言い過ぎ。
らぼさん思春期ですか??

結構狂気じみた心理描写やら得体の知れないモノが
登場するんだけど、なんつーかぶっ飛んでるけど、突き抜けてない感じ?
全部の作品が適当に終わらせた感があって
”面白い展開”にできるのにしない、そんな感じがして微妙。
ラボさんの後味の悪いいつもの終わり方が足りなくて微妙。

読んでて終わらない夏休みとクチュクチュバーンを思い出した。

あー、あと、折角上手いイラストレータ捕まえたんだから
各話2~3枚挿絵あればよかったのに。カラーと各話1枚じゃ物足りない。

2011/04/04 13:57

投稿元:ブクログ

ふくろおんなは覚悟していたのでヒィヒィ言いながら読了。昼御飯食べながら読む話ではなかった。

ぶひだらは本気でラボたん爆発しろと思うレベル。
もし人に勧めるとしたら2話目は絶対読むなよ!という感じ。
不快すぎて清々しかった。さすがラボ。

人でなしと恋。
タイトルからして上手い。普通は「人でなしの恋」といきそうなのに、人でなし二人と恋という人間的な感情の対比が良かった。
最近の氏の女性キャラがあまり好きではなかったのだが、これで一気に移籍前のラボが帰ってきたと思えた。

最後で一気に畳み掛けたなぁという印象。
実にラボ。これはいいラボ。

2011/08/23 08:08

投稿元:ブクログ

グロとか怪異みたいな異常事態を除けば、こんなヤツいるよなぁと思ったのが2話目と4話目。短編のほうがスピーディに読めていいかも。でも人には勧めない。読んだことも知られたくないかも。

2011/03/15 16:30

投稿元:ブクログ

なんという私好みの、救いのないグロい話であることか。
ただ、いじめられっ子の話は記憶に残らないほど薄かった。っていうか、いじめっ子リーダーのほうに親近感を感じるんだけれど……

2010/12/31 09:31

投稿元:ブクログ

『されど〜』シリーズの暗黒部分を抽出してより現実的にして、ややライトノベルな味付けをした感じ。他の方のレビューにもあったけど、ひとには薦められない。何より救いのなさやグロさが問題である。女子にはキツいが、浅井さん大好きなら大丈夫かと思う。一応わたしは楽しめた。
一夜目が普通に怖くて怯んだんですが、後半二つが好みでした。特に三夜目。

2011/01/23 04:30

投稿元:ブクログ

暗黒ライトノベルの短編集.
浅井ラボらしい希望のないストーリーとグロ描写で大体どの話を読んだ後も気分が悪くなる.
表紙でうっかり買っちゃってマジ切れする人がいないか心配.

2010/12/16 16:24

投稿元:ブクログ

一応、「ライトノベル」というジャンルで執筆されていますが、
内容はヘヴィにも程があるのはいつも通り。
「未成年にはお勧めできません」と書かれたラノベは他に知りません。

寧ろ、いつも以上に人間の尊厳が徹底的に破壊されており、
容易に人に勧められる代物ではありません。

そうして漸く語りうる哲学的命題が、
哲学大好きな私には心地良く嵌れる部分でもあるのですが。

Wikipediaにおいて浅井ラボ先生の作風は

人が容赦なく殺されたり理想が砕かれたりするハードでグロテスクな世界観とこれでもかという程の生々しいキャラクター描写が特徴。また極めて高度な科学用語や、極めて直接的な残酷描写や性描写が多く、ストーリー自体も非常に重く暗いことからその作風には賛否が別れる。作家仲間やライトノベル好きの間では「暗黒ライトノベル」とも評される。

と紹介されていますが、実に適切です。

今回の新作ですが、世界観は以前同じくHJ文庫から刊行された
「TOY JOY POP」と地続きの模様。

「されど罪人は竜と踊る」ファンがニヤリとできる描写もあり。
それにしても先生はレメディウス好きですね。私も大好きですけど。

そして、短篇集ですが、四篇どれも単一世界内での出来事のようで、
そこ彼処にリンクを感じさせる描写が散りばめられていて面白いです。

一夜
あれ、割と普通のホラー?からの、あれ、やっぱり割と普通のホラー。
これは以前書かれた物の改稿のようなので或る意味この中では異質か。

二夜
最近よくツイッターでも先生が語っている命題。
途中までの展開は「悪の教科書」を思わせましたが、ここでそうなるのがラボ節ですよねー。
徹底的にテンプレートな設定での対比構造は、私も曾て作った作品で同様の手法を用いたので、共感しました。
でも、こういう物を書く時って書き手の精神も結構蝕まれる物だと思うのですが、大丈夫でしょうか。今更か。

三夜
このカップルは「TOY JOY POP」の犯人かと最初は思いました。
異常性を持ってしまったとても優しい普通の人間の苦悩。良いですね。
社会的に害悪であるなら、そこに通常の倫理は意味を為さない。

四夜
「BMネクタール」「ハカイジュウ」「バニラスパイダー」など、
チャンピオン系のモンスターパニックホラーを彷彿とさせる作風。
そういった極限状況での欲望剥き出しの人間、というのはよく描かれますが
別の側面を描いた作品といっても言いかもしれない。
「され竜」の異貌のものども登場をちょっと期待しましたが、大人の事情で無理か。
しかし、ゲヒンナム・ムといい、生理的嫌悪感を喚起させる生物描写に一層長けてきていますね。


ガユスとギギナのような面白掛け合いは少なく、哲学的命題も希薄ではありましたが
一定以上の異常さと、物語の転換による面白みは浅井ラボ先生らしいなぁと思う所。
これを人に勧めたら、精神性を疑われそう。
また、HJ文庫から新刊が出たら?私は秒で買いますけども。

70点��

2011/12/18 02:59

投稿元:ブクログ

オムニバスな短編連作なので、順番に読むのが正しい。あとがきから読むと意味がわからないが、全部読んだ後にあとがき読むと、あとがきの面白さがわかる仕組み。
帯にあったのが「全キャラ好きになれないことを保障します」だったんですが、本当に好きになるのは難しいと思う。
個人的にはドSないじめっこの彼の内面が気になってますけど、ぜんぜん書かないのがすごい。

2013/11/10 02:17

投稿元:ブクログ

数々のホラー小説を読んできたつもりだが、これはかなりキツイです。オススメしたいがトラウマになる可能性がある。ライトノベルではない‼︎

2012/06/12 23:02

投稿元:ブクログ

怖い。
全体的に浅井ラボワールドという感じ。
され竜とは違ったグロさがあって楽しめたのもあるけど、初っ端から読むのに苦労する。
ヒトに薦めるのは難しい。
寧ろ薦めたことでそのヒトとの関係が危ぶまれるかもしれない…。
され竜好きにはニヤリとする作品。

2016/02/06 19:32

投稿元:ブクログ

読了するのにえらく時間がかかりましたけれども、決してつまらなかったわけではなく、ただただ分厚かったせいなのです…社畜死ね!!

ヽ(・ω・)/ズコー

著者の短編集を過去に読んでいたこともあって、今回また読んでみようと思ったのですけれども、やっぱしグロテスクな描写が目立ちますねぇ…完全に異世界の話だったので、そこまでグロくも感じませんでしたが…

ヽ(・ω・)/ズコー

ん~…こういったグロいアレは著者の好みなのかな?? とも思いましたけれども、別段不快感などは抱かずに読了しました。暗い青春を送っている高校生の話が印象に残りましたかねぇ…さようなら。

ヽ(・ω・)/ズコー

2014/10/30 20:11

投稿元:ブクログ

ライトノベルなのに内容はホラー重視!

ライトノベル。

感想。
 ライトノベルはそんなに詳しくありません。友人に勧められて久しぶりに読んだ。そんな一冊。 ライトノベルというと剣と魔法のファンタジー、又は、イチャイチャラブコメ。そんなところを読んでいましたし、そういうものだと思ってました。
甘かった。ちゃんとホラーというジャンルも含まれている。そんな事に気づかされた作品。

まず、想像力豊かでホラー大嫌い。そんな人には絶対にオススメできません。怖いもの見たさならどうぞ!
 怖いの大好き
 ラブコメ大好き
 ファンタジー大好き
そんな方、オススメです。ジャンル?わかりません。いかんとも説明し難い内容で、ライトノベルとはここまで自由で、こんなに広がりのある世界観を創りあげる事ができるのだ。と、本当に驚く限りでした。


読み終えた後、ふと気づく事がある作品!それぞれが含みを持った短編集としてみてもよくできていると思います。
とにかく描写がえげつない。全く想像力は必要ありません。読めばもう頭に浮かんでくるほどリアルです。そんな怖さが病みつきになるかも?