サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

醜聞の作法
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.12
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/208p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-216682-9
  • 国内送料無料

紙の本

醜聞の作法

著者 佐藤 亜紀 (著)

さる侯爵が、美しい養女ジュリーを、放蕩三昧の金持ちV***氏に輿入れさせようと企んだ。ところが、ジュリーには結婚を誓い合った若者がいる。彼女を我が子同然に可愛がり育ててき...

もっと見る

醜聞の作法

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

さる侯爵が、美しい養女ジュリーを、放蕩三昧の金持ちV***氏に輿入れさせようと企んだ。ところが、ジュリーには結婚を誓い合った若者がいる。彼女を我が子同然に可愛がり育ててきた侯爵夫人は、この縁談に胸を痛め、パリのみならずフランス全土で流行していた訴訟の手管を使う奸計を巡らせた。すなわち、誹謗文を流布させ、悪評を流して醜聞を炎上させるのだ。この醜聞の代筆屋として白羽の矢が立ったのは、腕は良いがうだつの上がらない弁護士、ルフォンだった。哀れルフォンの命運やいかに—。猛火に包まれたゴシップが、パリを駆けめぐる。『ミノタウロス』の著者が奏でる、エッジの効いた諷刺小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

18世紀末、金持ちの狒々爺とのぞっとする縁談を壊すために公爵夫人が取った手段は、誹謗文。そう、パリ中に噂を撒けばよい。その代筆屋として選ばれた、哀れな弁護士ルフォンの命運やいかに…。エッジの効いた諷刺小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

佐藤 亜紀

略歴
〈佐藤亜紀〉1962年新潟県生まれ。「バルタザールの遍歴」で日本ファンタジーノベル大賞、「天使」で芸術選奨新人賞、「ミノタウロス」で吉川英治文学新人賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

小説というのは本来全...

ジュンク堂

小説というのは本来全身が震え出すくらい格好いいものだ。
そんな事実を唯一思い出させてくれる至高の作家の最新作。
書簡体小説になってもやっぱり段違いに格好いい。

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

トライアングルズ

2011/01/06 09:52

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わたなべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは大変面白い作品だった。ともかく文章がきれいで読みやすく、語り/騙りの技法も冴えていて読んでいてとても楽しい軽やかな作品。

内容は、18世紀末(と帯にあるのだが、内容的に世紀末にはちょっとまだ早いんじゃないかなーと思ったり)、とある侯爵が美しい養女ジュリーを金持ちのヒヒジジイに輿入れさせようと企み、侯爵夫人はジュリーのために反対するが(ジュリーには将来を誓った恋人がいる)、怒った侯爵はジュリーを攫って修道院に閉じ込め翻心を迫る、困った夫人のために「私」は一計を案じ、パレ・ロワイヤルの腕はいいがお人好しでうだつが上がらない弁護士に白羽の矢を立てて、近頃流行の「パンフレット」で面白お可笑しく状況を醜聞に仕立てて流し、パリ中の口さがない連中をけしかけて逆転しようと目論んだ、さて若い恋人たちの、また哀れな匿名作者ルフォンの運命やいかに。という物語を、「私」の語り手による侯爵夫人への書簡と、ルフォンが執筆した(と思われる)パンフレットの文章で構成したサタイア風味の小説である。

この作品には「作者」にあたる人物が三名存在する。まずはスイユに記された「佐藤亜紀」。作品の外部にあって作品の執筆者であり、そして従来からの佐藤氏の主張に拠れば、作品においては「死んだ」ものとされなければならぬ存在。次いで、作品のいわば「地の文」というよりも、作品の終盤で登場する絶妙な「現実のほうかい?デタラメのほうかい?」という台詞に合わせれば「現実」のほうの語り手たる「私」、これは小説の「語り手」を兼ね、「作者の死」的立場からはむしろ「《私》と言っているもの」に過ぎない、機能的存在のさしあたっての形象としての「私」でもある。そして最後に、「現実」からは登場人物「ルフォン」であり、そして小説に挿入される「パンフレット」においては完全に非人称に身を隠し「私」でさえありえない匿名の「作者」であるルフォン。このそれぞれに二重化された「作者」のトライアングルが、いわば虚実皮膜のテクスチャーを編んでいき、読者はそうやって折り合わされたハンモックのうえに寝そべって、宙づりの快楽を味わいながらその織目を読んでいく「読書」を楽しむという仕掛けになっているわけだ。読むということの、曖昧な自己放棄とでも言ったごく微量の毒を含んだ欲望を、ちょっと人を小馬鹿にしたような皮肉と機知でもって楽しむエレガントで人を食った作品で、こういう作品を21世紀に読むことができようとはちょっと思っていなかった。

また、これは非常に洗練された叙述トリックを用いた本格ミステリーの趣もある作品で、読了後、というか、終盤を読みながら、そこはあれか、あそこか、とか、これはそうかそういうことか、といったさまざまな細部の仕掛けについて、思い当たる節々に舞い戻り再読し確認せずにはいられないゲーム性を有した作品でもあって、まったくもって、楽しんで読むために作られた機械のような躍動的な美しさに呆然としてしまう。これまでの佐藤亜紀作品の中でも一、二を争うくらい個人的には気に入った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

佐藤 賢一の『小説フランス革命』をついでに読む、できるならモーツァルトの『フィガロの結婚』、あるいは『コジ・ファン・トゥッテ』、ヴェルディの歌劇『エルナニ』を背景に流しながら。なんとなく敬遠していた佐藤亜紀ですが、これなら読んでもいいかなって思う親しみやすさでもあります・・・

2011/12/26 20:01

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

モノトーンの新聞記事を地に、八木美穂子描くカラーの挿絵を配してデザインした魅力的なカバー。本来であれば、これは新聞ではなく、文中でルフォンが書いたことになっている弾劾、というか醜聞を暴きたてる文書のはず。でも、フランス語の分からない私には、これが何の意味もない文字の羅列なのか、作品に登場するルフォンの文章なのかもわかりません。でも、このデザインは岩郷の仕事の中でも特筆すべきものではないでしょうか。

出版社のHPには、この話の中身について
             *
18世紀末、フランスのTwitterは、「パンフレット」だった。
金持ちの狒々爺(エロじじい)との、ぞっとする縁談を壊すために侯爵夫人が取った手段は――誹謗文(パンフレット)。そう、パリ中に噂を撒けばよい。
『ミノタウロス』の著者が奏でる、エッジの効いた諷刺小説

猛火に包まれたゴシップが、パリを駆けめぐる――
いつの世も、人は醜聞(ゴシップ)がないと生きてゆけない。

さる侯爵が、美しい養女ジュリーを、放蕩三昧の金持ちV***氏に輿入れさせようと企んだ。ところが、ジュリーには結婚を誓い合った若者がいる。彼女を我が子同然に可愛がり育ててきた候爵夫人は、この縁談に胸を痛め、パリのみならずフランス全土で流行していた訴訟の手管を使う奸計を巡らせた。すなわち、誹謗文を流布させ、悪評を流して醜聞を炎上させるのだ。この醜聞の代筆屋として白羽の矢が立ったのは、腕は良いがうだつの上がらない弁護士、ルフォンだった。哀れルフォンの命運やいかに――。
             *
とあります。

私は読んでいて、有名なオペラを思い浮かべました。たとえば、モーツァルトの『フィガロの結婚』、あるいは『コジ・ファン・トゥッテ』、R・シュトラウスの『バラの騎士』。どれも退廃的、といえば言えないこともない、男と女の騙しあいのようなお話です。あるいはヴェルディの歌劇『エルナニ』だっていい。ま、オペラにはこういう、なんとなく似ているなんていう話は山とあります。

だから面白くない、ではなくて面白い。逆に、私だったらこれを自作オペラの台本にして、ヨーロッパに逆上陸したらいいだろうな、って思います。あるいはまた、『フイヤン派の野望 小説フランス革命』を書いている佐藤 賢一は、作家として同姓仲間のこの作品をどう読むのだろう、なんてことを思ったりもします。

さて、お話ですが、主人公は普通であれば、語り手の私、ということになります。でも、今回はあくまで黒子に徹しています。では実際の主人公はだれでしょう。この話では、同じ重さをもった登場人物が何人もいます。事件の発端となった少女、その恋人、横恋慕する男、それに協力する侯爵、少女の幸せを願う美しい侯爵夫人、その夫人のために知恵を出した私、そして白羽の矢を立てられて弁護士、とみなさん大活躍。

ということで、簡単に彼らを紹介していきましょう。まずは、何と言っても16歳の美少女ジュリーです。彼女はインドで父を亡くし、母と二人でフランスに戻り母の友人である侯爵夫人を訪ねたものの、間もなく母も亡くなってしまいます。その孤児となったジュリーを引き取り、我が子のように可愛がって育てるのが、侯爵夫人です。

彼女を描いた絵を見た人が、それから目をそらすことができなくなる、そういう類の美女ですが、侯爵に貞節を誓うしっかりした女性でもあります。その夫である侯爵も基本的には好人物で、夫妻でジュリーを可愛がってきたのですが、今回は友人のためにひと肌脱ごうとしたことから、ジュリーとも夫人とも対立することになります。貞淑な夫人も、養女の幸せのためにあえて、夫に逆らうのです。

侯爵夫妻の仲を裂くことになったのが金と権力をもった50代のV***です。ジュリーの養父である侯爵の友人で、今まで三人も妻を変えた好色漢で、16歳になるジュリーの美しさに目をつけ、婚約者もいる少女を我が物にしようと侯爵に協力を要請します。好色は、欠点にうつらないのが男の世界。むしろ、富と力を持っていることは結婚相手としてふさわしい、そう侯爵は判断するのです。

侯爵夫人のために、弁護士に覚え書きを書かせることを依頼するのが私です。ちょっと抜けているところは、お話自体が風刺劇というか喜劇仕立てだからでしょう。そして、私が目を付けたのがルフォンです。ルフォンは30歳くらいの弁護士で、仕事の面だけとれば有能ですが、人がいいのでしょう、雇人にいいように使われていいます。侯爵夫人の狙い通りの活躍を若き弁護士は見せるのでしょうか。

ともかく、面白いです。私はだいぶ前に佐藤亜紀の『バルタザールの遍歴』で躓いて以来、評判は聞くものの敬して遠ざけてきたきたので、あの佐藤がこんなんに俗っぽい話を書くの? と信じられない気もしました。とはいえ、お話は読者に媚びたものではなく、あくまでヨーロッパの伝統に則った喜劇譚。もともと、向こうの世界を描いて出てきた人ですから、上手くて当然なんでしょうが、以前の作品も読み直さなければと思わせる出来です。次は『ミノタウロス』にあたりますか・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/18 21:29

投稿元:ブクログ

弁護士事務所のサラリーマンがペン一本で、噂を武器に大貴族と渡り合う。
それはそれだけでなかなか胸がすくけれど、清純な美少女が好色狒狒爺に捉まらないかとハラハラもするけれど、最後はもっと勧善懲悪であって欲しかったな・・・・。

2011/01/08 18:32

投稿元:ブクログ

第8作目。小説のお手本のような小説で、読者に対して親切な作りになっている。人間の暗部に根ざす、どうしようもなく邪悪な存在である「噂」に対して、人間の善と美は必ずしも無力ではないと感じさせる。古株のファンには大変懐かしい感触で「これだよ!」と狂喜した。本を読む愉しみを理解するのに適した本。

2011/06/20 01:39

投稿元:ブクログ

●・・・・・・・さとうせんせいはなにか改心でもされたんでしょうか。
噂で人々をコントロールする物語と書くとすごーく底意地悪そうなのに、なんだかたわいもないお話だぞ? いやいや佐藤亜紀がこんな素直な小説を書くわけがない、ちゃんと読めばきっとどこかにえげつない毒が!
でもなんと言うことでしょう、これなら古典を好む上品な50代にも勧められるわってあら??

●大衆の好みを読んで煽ってお望みどおりの世論をつくった上できっちりきれいに火消しする弁護士先生を、とかく炎上させるだけさせといて放置する昨今の方々は御見習い下さい。
なんか見落としてる気のするあまりうっかり再読しそうだがしない。

2011/11/19 22:11

投稿元:ブクログ

読書が心地好い。
文章のテンポ、アイロニーの応酬がチャイコフスキーにすごく合う。BGMチャイコフスキーで読んでると最高に気分がいい。

2011/03/19 10:16

投稿元:ブクログ

日常を想起させるものを受け付けにくい気分の時もある。今がそういう気分の時であることは敢えて断るまでもないだろうけれど。では現実から逃れるつもりなのかと問われてみると、それを明確に否定するだけのはっきりとした感情もない。しかしどこかから聞こえてくる。Life is going on. 自分はいつもと変わらないように仕事をし、そしてやはり本を読む。これまでと同じ日常を繰り返すことで変わってしまったことをなかったことにできるとでも思っているのだろうかと、自分でも少し訝しく思いつつ。

佐藤亜紀は、自分の知る限り、現実逃避をしているという責苦を負わずに現実の世界と遠く隔たった世界を歩き回らせてくれる数少ない作家であると思う。非現実的な世界を(時にそれは現実の世界に瓜二つであったりもするけれど)面白く読ませてくれる作家は他にもたくさんいると思うけれど、今この時点の現実の世界からは遥かに遠く隔たった世界であることは明らかなのに作り物のような胡散臭さが漂ってこないという点で、佐藤亜紀のエンターテイメント性は割と素直に受け入れることができる。現実の世界ではないけれども、現実的でない世界という訳ではない。

それは随分と緻密な計算と息の流れを滞らせることのない文章によるところが大きいのだと思う。「醜聞の作法」は佐藤亜紀のそんな文章術のようなものを、巧みに作中人物の言で語らせようとする小説だと思える。一般大衆という、誰もが自分のことではないと思いつつも実はしっかりとそのカテゴリに分類されてしまうだろう人々。彼らに対して文章を為すということの意味を、皮肉とさえ思える形で描いてみせた巧みな本でもある。

人の心とはなんて操られ易いものなのか。そして操っていると思っていた者もまた、そのプロットに振り回されてしまう定めなのだということが、読む者に突きつけられる。ああ、現実を思い起こさせるものを受け付けないなどと言ってみても、やはりどこかで今の現実と本の中の言葉は勝手に結びついてしまう。恐らく言葉というものは「絶対的な意味」のような固定した何かを示すことが叶わないものなのだ。そういう思いが強くなる。

言葉に乗せられないように。話に釣られないように。佐藤亜紀のこしらえる精巧な作り物に対して拒絶反応が起こらないのは、ひょっとするとそんなメッセージが意識下に伝わってくるからなのかも知れない。Life is going on, whatever things happen to you. Listen to only what your heart will tell.

2013/04/14 23:23

投稿元:ブクログ

醜聞を世間にまきちらし、状態を己の都合のいいように展開させる…技?

何と言うか、最初から最後まで
何かの劇を見ているようでした。
確かに、相手は見えない生活をしている身分の高い人達。
なので憶測でものを言っても、想像しても分からない人達。
とはいえ…中々すごい動かし方をするな、と。

それぐらいです。
面白かったか、と聞かれると、読めました、としか答えられません。

2011/05/08 12:50

投稿元:ブクログ

かなり年上の好色な金持ちの男と意に染まない結婚をさせられそうになったうら若い女性。その結婚から逃れるためにパリ中に噂を流す…という粗筋を見て、面白そうだと手に取りました。
書簡形式でさくさく読めるし、実際面白かったです。
ただ、なんか物足りないというか。両手のひらに乗る大きさのガラス細工の完璧な球体みたいな、綺麗でキラキラしてて繊細で完璧なんだけど、あくまで両手の中におさまるサイズでひねりがない。
次はこうなるんだろうな、と思うとおりに進んでいって、とても綺麗にまとまった話だなぁと。
意外な黒幕を作るとか、動機に一捻り加えるとか、そういうカタルシスを期待して、期待が消化されないまま終わったのが残念でした。

2010/12/24 23:22

投稿元:ブクログ

エロ爺いとの縁談を壊すためかかれたフィクションにパリ中が熱狂し……。大満足。侯爵の養女の恋に夢中になり、"醜聞"に一喜一憂するパリ市民の姿にニヤニヤするうち、それが現代の自分たちと相似形であることに気付かされる。軽快な物語に隠された辛辣な皮肉で人間の本質をえぐり出す傑作。

2016/03/03 22:39

投稿元:ブクログ

手紙文とパンフレットの文書で全て構成されているのが面白い。
意外な展開も興味を引き、一気に読めた。
ただ、ちょっと最後が失速した感じが…。
書き過ぎては面白くないからとあっさりまとめたのだと思うけれど、個人的にはもう少し丁寧に書いて欲しかった。
フランス、書簡小説というとどうしても「危険な関係」を思い浮かべてしまうので、比べてしまってね…。

2012/10/19 16:30

投稿元:ブクログ

佐藤亜紀さんの作品は初めて読んだ。他の作品もこんな感じなのかな。私に読み解く力が無いからだけど、話の筋がよくわからんかった。虚構と現実の境目を徐々に見失って煙に巻かれたような感じ。まぁ、国や時代に関係なく、人はゴシップが大好物!というのはわかった。形は変わっても炎上という副産物が付くのも面白い。
出所不明な情報にお祭り気分で群がるのには暗い楽しさがあるものだけど、エスカレートした憶測で無関係の人が餌食になるのが怖い。ゴシップはゴシップとして楽しむだけにするのが良い。

2014/01/26 17:13

投稿元:ブクログ

いやー、面白かった。
映画か舞台を見ているようで。
フランス革命前後であろうパリが目に浮かんでくる。
貴族のきらびやかな衣装から、平民たちの生活、はたまた修道院の尼僧の清らかさまで。

この時代、市井の人達の噂話の情報源はパンフレットだった。
これを利用し、公爵夫人は養女と好色爺の縁談を壊すことを計画する。
公爵夫人と謎の仲介者の間のやりとりが書簡形式で展開されると同時に、パンフレットが覚え書きとして織り込まれる構成が見事。

養女の運命は一体どうなるのか。
執筆者ルフォンに降りかかる災難はどうなるのか。
あっちでハラハラ、こっちでドキドキ。

ただ全部読み終えてみると狐につままれたような気分。
一体どこまでが現実でどこまでが嘘なのか。
誰と誰が実在していたのか・・・。
これもまあ面白いところではあるけれど。

他のレビューでも指摘されるように、翻訳文を読んでるような錯覚に陥った。
なんとなく小田島さんのシェイクスピアのような。
ある意味、オリジナルでここまで書けるってすごい。
佐藤亜紀さん、他にも読んでみよう。

2013/02/08 14:22

投稿元:ブクログ

初の作家さん。最初文体に戸惑ったがすぐ慣れた。噂話は世界共通、意図的にゴシップをバラまき、混乱と熱狂を起こす。でも落とし所をちゃんと考えてるので後味はスッキリ。

2012/03/05 00:18

投稿元:ブクログ

佐藤亜紀「醜聞の作法」読んだ。ゴシップとその仕掛け人と「真実」とメディアね、ふんふん、それにしても、なんかさらっとしてるなあ、と思いつつ読んでいったら…もう!なんなのこの人、やっぱりね!「作り話」はどこまで?おーもしろかった。さすが。読み終えてすぐまた読み返しちゃった。