サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

レイヤード・サマー(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.1
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/419p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-870231-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

レイヤード・サマー (電撃文庫)

著者 上月 司 (著)

高校二年の夏休み。俺は、一夏の想い出ってやつを体験した。柑橘系の匂いが香る、ちょっと不思議な少女。彼女は、常識はずれな行動と共に、俺の許へとやってきた。時間さえも飛び越え...

もっと見る

レイヤード・サマー (電撃文庫)

702(税込)

レイヤード・サマー

702 (税込)

レイヤード・サマー

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高校二年の夏休み。俺は、一夏の想い出ってやつを体験した。柑橘系の匂いが香る、ちょっと不思議な少女。彼女は、常識はずれな行動と共に、俺の許へとやってきた。時間さえも飛び越えて、俺の未来—これから死に行く人生を止めるために。これは、世界の何処かで起こった。ありふれた者同士のストーリーだ。ありふれているかもしれないけど、俺と彼女にとっては、忘れられない大切な想い出でもある。世界の何処かで、俺と彼女が体験した『重なり合った夏』の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

2011/01/19 14:20

投稿元:ブクログ

2011 1/19読了。WonderGooで購入。
『れでぃ×ばと』の上月司ではなく、『カレとカノジョと召喚魔法』の上月司だ、と思いながら読んだ。
『れでぃ×ばと』もいいけど、こっちの方向性がやっぱり好きだ。表紙や口絵から想像しにくいような話が出てくるところも含めて、上月司はいいと思い直した。

2011/01/23 01:03

投稿元:ブクログ

「れでぃばと」の上月司しか知らなかったからこれ読んだときは本当に驚いた。
切ないし、なんか暗いよ!読んでて悲しくなったよ!

SFの解釈は斬新とまではいかないが、なかなか面白い。過去に行くたびに上書きされていく「レイヤー」方式と呼ぶべきか。

最後はバッドまでとはいかないけど、なんかな・・・
呼び方もわざわざ変えてたし、「庵璃」が好きだったんだなぁ・・・

2011/06/06 22:23

投稿元:ブクログ

あまりSFは読まないので、タイムパラドックスなどはイマイチわからず。 でもストーリーの内容は好みでした。

2013/04/13 13:51

投稿元:ブクログ

せつないお話でした。

レディバトの作者として読むと不思議だと思うけど、処女作のカレとカノジョと召喚魔法の作者だと思うととても納得のいく作風です。

途中説明臭い文章があったり動機が弱いような部分もあるけど、
最後にきちんと色々回収していてよかったです。
最後の終わり方や、これからどうなっていくのか、呼び方も変えているし、
最後になるにつれてどんどんせつなくなっていきました。

一巻完結なので、お時間ある人は読んでみてもいいと思います!

2011/01/18 21:47

投稿元:ブクログ

SF青春小説。野々子さん良い子だ。イラストでもかわいすぎる。幼なじみ(野々子)がこんなに可愛いわけがない。

2011/01/16 05:56

投稿元:ブクログ

前半は★★★★★
後半は★★★
間をとって★★★★

セツナイ系はつらい…

★三つに変更します

2011/02/21 06:58

投稿元:ブクログ

長い、内容からいってあんなに厚い本にする必要はないと思うんだよね。なんか思い入れが強すぎるんだろうか。
それなりに纏まっていて面白いけど、まあ長いです。

2013/09/13 23:33

投稿元:ブクログ

妙に分厚いと思ったら、タイムスリップものでそれなりにしっかりした作りになっていた。
ラブコメが主題ではないのでヒロインがいまいち魅力的に映らなかったのがもったいない。
もやもやした終わり方だったので読後感もあまりよくなかった。せめてアンリとハルの両方が幸せになってくれるエンドが描写されていればすっきりしたのだが・・・

2011/05/09 22:29

投稿元:ブクログ

SF青春ストーリー。未来からきた少女という点ではありきたり。しかし、独特のタイムマシーン理論のようなものがあり、推理小説のような部分があり面白い。ただし、かなりバレバレww文章の読みやすさ、分かりやすさを評価して☆3

2012/01/03 22:38

投稿元:ブクログ

読み始めて,プロローグで鳥肌が立ち。そしてそのまま一気に読んでしまいました。大変素晴らしい作品でした。時折,読み切りでこんな傑作を出せるのが電撃の強さか。時間移動について,気になることは確かにあるし,どこまで理解できているかは分からないけれども。でも,細かいところはどうでもよく,凄く素敵で,切なくて,美しい物語でドキドキしました。作品としては,これで完結した方が美しいと思うけれども,番外編という形でサイドストーリーは描いて欲しいなぁ,と思います。新年早々,こんな素敵な作品に出会えたことを感謝。

2017/02/17 23:45

投稿元:ブクログ

SFとかタイムループとかSF要素はたくさんあったが、やはりSF要素のあるラブコメという印象。
むしろ、ラブコメの印象しかない。
涼平が剣道をやめた理由や、エッグイーターを止めようと必死になるところとか頑張っているのは分かるんだけど、近所では評判の美少女の幼馴染とか、ハルの存在やアンリに対するラッキースケベとかギャルゲーのシナリオみたい。
ギャルゲーみたいなエピソードを減らして、もう少し理論の説明とかをしてほしかった。
あとがきにて提示されている本編に収まっていない部分とかも入っていてくれれば、もっと面白かったかも。
でも多層世界という考え方は面白かった。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む