サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. カナクのキセキ Innocent Journey 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

カナクのキセキ Innocent Journey 1(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

カナクのキセキ Innocent Journey 1 (富士見ファンタジア文庫)

著者 上総 朋大 (著)

千年前、マールと呼ばれる深紅の髪の魔女がいた。マールは、世界を放浪しながら“魔法”を人々に授けた尊き女性だ。魔法学校を卒業した僕・カナクは、ある目的を胸に秘め、彼女が大陸...

もっと見る

カナクのキセキ Innocent Journey 1 (富士見ファンタジア文庫)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

カナクのキセキ1

626 (税込)

カナクのキセキ1

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

千年前、マールと呼ばれる深紅の髪の魔女がいた。マールは、世界を放浪しながら“魔法”を人々に授けた尊き女性だ。魔法学校を卒業した僕・カナクは、ある目的を胸に秘め、彼女が大陸各地に遺した石碑を独りで巡ることを決意した、のだけど…。「とにかく、私はあなたの石碑巡りについて行くって決めたの!」学校一の魔法の天才にして美少女、そしてセレンディア公の娘と三拍子揃ったユーリエが、なぜだか突然ブチ切れ、僕の旅に同行することに。それは、甘く切ない恋の道のり、そして、思いがけない真実へと至る不思議な旅の始まりだった!胸震わす第22回ファンタジア大賞“金賞”受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ファンタジア大賞金賞(第22回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店千日前店

第22回ファンタジア...

ジュンク堂書店千日前店さん

第22回ファンタジア大賞金賞受賞作。

千年前、人々に魔法を広めた紅の魔女マール。
彼女を信奉する少年カナクは、遺された石碑を巡る旅に出ようとしていた。
だが、彼が恋する天才美少女ユーリエが何故かくっついてきて……。

2人の旅と、千年前のマールの旅とを交互に描いてゆくファンタジー作品です。

旅の中で少しずつわかる互いと、縮まる距離。
それでも打ち明けられない秘密と。

個人的には色々……。
例えば、もう少し道中を描いて世界観や2人の距離が縮まる速度を堪能させて欲しかったかな? とか、真っ直ぐ過ぎて少しばかり先が読めてしまうかな? などという気持ちもありますが。

けれどそれは、もう少し長く厚く、また複雑になったとしても読むのが苦ではない、そんなテキストだということでもありますよね。

また、この一冊でも切なく綺麗に纏まっているのですが、続巻予定があるということですので、所謂物語のプロローグとして考えるならば充分だとも言えますでしょうか。

この良質でストレートな物語はまだ始まったばかり。
どのようにして奇跡へ至るのか。
その軌跡を追ってみては如何でしょう?

(卯)

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

重ねる想い、届く想い

2011/04/03 11:03

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 セレンディア魔法学校を卒業したカナクは、千年前にアレンシアの地に魔法をもたらした魔女マールの足跡をたどる旅に出かけることを決意する。当時、紅の魔女と呼ばれたマールは、世間から災厄をもたらすと怖れられながら、魔法により虐げられた人々を救い、時代が過ぎて暁の賢者と讃えられ、彼女を慕う人々はマール信徒と呼ばれるようになった。
 そんな彼女がアレンシアに残したのが、各地に散らばる石碑。そこには彼女の言葉が残され、しかし全てを巡らなければその記憶が残らないという。カナクはその言葉を知るために旅立つことを決意したのだ。

 そのカナクの旅にくっついていくことを宣言したのが、セレンディア魔法学校始まって以来の天才で、卒業前にすべての魔法を習得したという少女、ユーリエ。セレンディア侯の養女でもある彼女は、カナクと離れ離れになりたくなくて、そんなことを言い出したのだ。
 ユーリエに思いを寄せながらも、ある事情でそれをいうことができないカナクは、その申し出に悩みながらも、とりあえず一緒に旅立つことになる。

 そんな二人の旅は、アレンシア各地にいる様々な人々との出会いの連続。そしてその人々はなぜか二人に親切にしてくれ、つつがなく終焉の地へとたどり着く。そこで二人が悟る真実と、美しくも悲しい物語の結末とは。

 ファンタジー風の恋愛物語で、カナクとユーリエの二人旅の様子を中心に、ストーリーは順調に進む。もっともその結末は笑えるものではないかも知れないが。
 非常に平易な語り口で分かりやすく物語が展開するので、とても安心感がある。逆に慣れた読み手には分かりやすすぎるという見方もあるかもしれないが、読書の入口としてみればオススメしたい作品だと思う。

 2巻が刊行されることは決定しているようだが、一体どういう形での続編なのかはとても興味がある。今回は二人の話に終始した印象なので、作品世界を深めるカタチでの続編なのか、あるいはまた違ったものなのか。楽しみに待ちたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/01 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/30 13:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/24 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/19 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/28 17:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/10 10:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/20 20:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/24 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/30 01:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/20 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/25 01:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/05 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/29 17:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/07 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む