サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

影・光 突破編(集英社スーパーダッシュ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2010.12
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社スーパーダッシュ文庫
  • サイズ:15cm/331p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-08-630583-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

影・光 突破編 (集英社スーパーダッシュ文庫)

著者 影名 浅海 (著)

ミンティを連れて学院に向かっている光輝たち一行は途中、“花の街”ハロゲイトに到着する。いつものように御影とルーシーが光輝の主導権を争う中、ひとりミンテイだけが浮かない顔を...

もっと見る

影・光 突破編 (集英社スーパーダッシュ文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

影≒光 シャドウ・ライト 突破編

545 (税込)

影≒光 シャドウ・ライト 突破編

ポイント :5pt / 紙の本より155おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ミンティを連れて学院に向かっている光輝たち一行は途中、“花の街”ハロゲイトに到着する。いつものように御影とルーシーが光輝の主導権を争う中、ひとりミンテイだけが浮かない顔をする。そうハロゲイトはミンティにとって忘れられない街だった—。ひとつのリボンがミンティ・ジュエル・ベルタの三人を結びつけ、絡み合った三者のわだかまりを陰陽師の双子の姉弟が解きほぐす…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

3年4ヶ月振りに出た“後編”

2011/02/18 21:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作の発売が2007年8月24日。実に3年4ヶ月振りの続編である。しかも今回のエピソードは3冊に跨る前中後編だったので、同年1月25日発売だった前々巻以来の完結ということになる。ほぼ4年と言ってもいい。作者の生存確認が取れたのは喜ばしい限りだが、この空白期間に何かしら活動をしていた訳でもないようである。勝手に推測すれば、当時はまだ学生さんだった作者が社会人となり、かつてのような時間を執筆に費やせなくなってズルズル過ごしてきた結果かと思われるが、それでも筆を置かなかった点にはエールを贈りたい。元より本シリーズは、その初期設定において『風の聖痕(スティグマ)』(著:山門敬弘、富士見ファンタジア文庫)に極めて類似した部分も見られたが、“本家”が無念にも途絶えた今となっては、その遺志を継いで是非とも頑張っていただきたいものである。

さて、何事も無かったかのように前巻からの話が続く本巻だが、作中で『昨日』と言われてもこっちは3年以上も経っているのでさすがに違和感があったりする。しかし、それを脇に置けば、ルーシーと御影とミンティによる激甘成分たっぷりな光輝争奪戦(ルーシーはかなり脇役だったが)と、ジュエルとベルタの遺恨の決着という内容となろう。この双方に絡むのがミンティである。

展開自体は実にシンプルで捻りも無いのだが、御影と光輝を除く面々の心情描写に相当の頁を割いているため、その行動としての手数の少なさに対して話がちっとも進まない印象を受ける。しかも、理性と感情の間で揺れ動く想いではあるが、これが結論は既に出ているのに悶々としているだけのような、誰かに背中を押してほしいだけのような、そんなもどかしさに満ちているのである。これにバトルで用いられた魔術をいちいち詳しく説明する件が上乗せされる。正直なところ、あまり読み易い筆致では無かった。ただし、合間に挿まれた光輝争奪戦は面白く、全体としても悪くなかったので、次巻以降の新展開には期待を充分に持ちたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/15 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む