サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 野茂英雄 日米の野球をどう変えたか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

野茂英雄 日米の野球をどう変えたか(PHP新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.2
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP新書
  • サイズ:18cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-79309-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

野茂英雄 日米の野球をどう変えたか (PHP新書)

著者 ロバート・ホワイティング (著),松井 みどり (訳)

日本人プロ選手が史上初めて、自らの意志でメジャーリーガーとなった1995年、野球史は変わった。日米の野球に計りしれない影響を与え、パイオニアとして黙々と投げ続けた男・野茂...

もっと見る

野茂英雄 日米の野球をどう変えたか (PHP新書)

907(税込)

野茂英雄

750 (税込)

野茂英雄

ポイント :6pt / 紙の本より157おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本人プロ選手が史上初めて、自らの意志でメジャーリーガーとなった1995年、野球史は変わった。日米の野球に計りしれない影響を与え、パイオニアとして黙々と投げ続けた男・野茂英雄の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロバート・ホワイティング

略歴
〈ロバート・ホワイティング〉1942年米国生まれ。カリフォルニア大学から上智大学に編入。出版社勤務を経て、フリー・ジャーナリストとして活躍。著書に「菊とバット」「イチロー革命」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

私が日本の野球やサッカーを好きでないのは、孤高の道を歩む選手を認めないこと。特にマスコミが酷い。野茂、イチロー、中田が海外に出ていくと黙殺する、非難する。でいい成績を上げると掌を返す。でも、いつかこけるのを虎視眈々と待つ。でも誰が何と言おうとこの三人は偉大です、大好き!

2011/12/05 19:47

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は日本の野球が好きではありません。高校野球に熱中する人の気持ちも分かりませんし、それを煽るマスコミの姿勢も不快なだけです。ただし、大リーグは好きです。いや、好きになったのです。そのきっかけを作ったのが、野茂英雄であり、先日、亡くなった伊良部秀輝であり、イチローでした。この三人なくして、大リーグの今はない、とさえ私は思っています。

なかでも、偉い、と思ったのは野茂でした。ホワイティングの本でも触れられていますが、野茂がアメリカにわたる時の日本のマスコミは実に冷ややかでした。失敗すればいい、という記者の思いが誌面からあふれ出ている、そういう感じで、それは伊良部秀輝の時も、イチローの時も、そして野球ではありませんがサッカーの中田英寿のときも同じでした。

彼らに共通するのは、一つはマスコミ嫌いです。マスコミが嫌うから彼らが反撥するのか、彼らが嫌うからマスコミがバッシングをするのか。いずれにしても、和気藹々という雰囲気は両者の間にはありません。それと、日本人よりも海外の人間が、彼らの力を高く評価しているという点も似ています。勿論、三人とも国内でも人気はありました。実力もあった。でも、マスコミの寵児はかれらではなかったことは確かです。

私は、その日本のマスコミの、自分たちが認めない人間はダメだと決め付ける姿勢がいやでした。自分たちに媚びない選手を、世論で潰すなんていうことを平然とする。大衆のほうもそれに乗ってしまうという愚かさがある。スポーツではありませんが、民主党の小沢一郎たたきも好例でしょう。彼らは、そのままマスコミとの関係を修復せず、世界に出て、実力をみせつけました。

無論、彼らの活躍の仕方は様々でした。イチローは、今年こそ振るいませんが、10年間、トップにいました。伊良部は短い時間ではありましたが輝きをみせました。そして野茂。彼は華々しく活躍したあと、不振にあえぎながらもアメリカ球界にこだわり、球団を転々としながら奇跡の復活劇を見せたのです。もう、勝てないだろうと思ったときに二度目のノーヒットノーランを達成したりします。そして、表情は常にシャイ。

この本は、そんな野茂の魅力と、彼が成し遂げたことを分かり易く、多くの人の声や選手と比較をしながら描きだします。ロバート・ホワイティングの本とは『東京アンダーワールド』以来のおつき合い、『東京アウトサイダーズ』『イチロー革命 日本人メジャー・リーガーとベースボール新時代』『サクラと星条旗』そして今回の『野茂英雄 日米の野球をどう変えたか』と、数年に一冊くらいのペースで読んでいますが、その視点の確かさは、折り紙つきといっていいでしょう。この本について、プロローグに
                  *
この本は、二〇〇八年に野茂がプロ野球を引退したあと、ぼくがスポーツ誌『Number』に書いた記事が原型になっている。
                  *
とあります。カバー折り返しの言葉は、
         *
「みなさん、信じられますか! 日本人投手が、
今、アメリカのオールスター戦に先発しているんで
すよ!信じられますか!」
95年のMLBオールスター戦の実況アナウンサー
は、立ち上がって興奮気味に叫んだ。
この年、野球史が変わった。日本人プロ選手が
史上初めて、自らの意志でメジャーリーガーと
なったのだ。野茂英雄――彼が日米の野球に与
えた影響は計りしれない。パイオニアとして黙々
と投げ続けた男の物語を、彼のスタイルにマッチ
した翻訳の文体で味わう決定版。
         *
思い出します、あの場面。でも、この本で感心したのは帯の言葉です。
   *
イチローは天才、
松坂は怪物、
ヒーローは、
野茂。
   *
そう、たしかにヒーローは野茂でした。世界のサッカーを語るとき、日本人では常に中田英寿の名が最初にあげられるように、野茂は大リーグで活躍した日本人として、最初に語られるべきヒーローでした。彼らなくして、世界に羽ばたく日本のスポーツマンの姿をここまで数多く見ることはなかったはずです。特に、野茂の不死鳥のように這い上がってくる姿は、どれほど見る人の心を熱くしたことでしょう。私は何度も泣きました。

詳細は本を読んでもらうのが一番です。私が知らなかったこと、とくにダン野村の話は面白かったし、鈴木啓示との確執などは、古い体質を残した野球人の姿の醜さを見せつけられるようで胸が痛みました。でも、一番嬉しいのは、アメリカの人たちが今も野茂をきちんと評価してくれていることです。日本のマスコミが作り上げた幻想ではなく、真実の野茂がここにいます。最後に、目次を写しておきます。これを見ただけでも本の流れが理解できると思います。

     プロローグ
第1章 ありがとう、野茂
     野茂以前と、野茂以後
     メジャーリーグの救世主 ほか
第2章 メジャーリーグ以前
     バッファローズ入団
     四年連続最多勝 ほか
第3章 一九九五年ロサンジェルス
     ドジャースに入団
     驚異のトルネード投法 ほか
第4章 ノーヒッター
     五億人の観客
     パク・チャンホとの独特の温かい関係 ほか
第5章 野茂効果
     三〇〇万~六〇〇万ドル稼いだピアザ
     ニューヨーク・メッツに移籍 ほか
第6章 イチロー、渡米。野茂、復活
     イチロー、ポスティングシステムでメジャーへ
     メジャー一年目でMVP獲得 ほか
第7章 帰郷―再びロサンジェルスへ
     コルボーンコーチのアドバイス
     寡黙な芸術家、プロフェッショナル ほか
第8章 最後の復活劇
     日本プロ野球のストライキ
     日米通算200勝 ほか
第9章 日本人メジャーリーガーたち
     顔が見える日本人
     イチローと松井の性格 ほか
第10章 インパクト―野茂は何をもたらしたか
     選手流出に怒りを覚えない日本人
     アメリカの観客は七五〇〇万人、日本は二二〇〇万人 ほか
第11章 野茂と野球殿堂
     野茂は野球殿堂に入れるか?
     野茂と野球殿堂に関するもろもろの声

     エピローグ
     訳者あとがき
     野茂英雄 年度別成績

装幀者――芦澤泰偉+児崎雅淑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

道を切り開く意志と実力

2011/04/17 00:23

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本のプロ野球、アメリカのメジャーリーグで活躍した野茂英雄投手の評伝。1989年の近鉄バファローズ入団から2008年の引退まで、更に野茂の後に続いたメジャーリーガーにも触れ、野茂投手が日本プロ野球に与えた影響、アメリカの野球殿堂入りする可能性についても言及している。

 最初に個人的な思い出を書くと、野茂投手は私が最後に好きになったプロ野球選手かもしれない。その後も、プレーの素晴らしさに惹かれた選手はいた(例えばイチロー選手など)。でも、「ファンだ」と言える存在は野茂投手が最後。日本でプレーしていた頃から、それまで見たことのないようなピッチング・フォーム、そして築き上げた成績の数々には夢中になった。そしてこの本でも紹介されているが、メジャーリーグ移籍後の1996年、圧倒的に打者有利と言われるデンバーのクアーズフィールドでノーヒット・ノーランを達成した様子は、たまたま大学の講義がない日で、自宅でテレビの衛星中継を見ていて、すごいことが起きたと思ったことを覚えている。

 この本を読んで、野茂投手が記憶にも記録にも残る選手となった理由を改めて感じた。
 ひとつには、意志の強さがある。例えば、あるメジャーリーグの重鎮の話として、次のように紹介されている。「野茂には勇気がある。現行のシステムに反旗を翻すほど勇気のある日本人選手は、私の知る限り野茂しかいない。彼が行動を起こさなかったら、たぶん今ごろメジャーリーグに日本人は一人もいなかっただろう」(p.37)。そして、野球に限った話ではない。「野茂はさらに人種や民族の壁を打ち破り、日本人のアメリカ社会進出を促し、アメリカ人の前で日本人が胸を張れるよう手助けをした。その点で、彼は現代史における社会的な重要人物になったといえよう」(p.10)とも評されている。
 ここにある「現行のシステムに反旗を翻す」というのは、野茂投手が日本の近鉄バファローズからアメリカのロサンジェルス・ドジャースに移籍した際に、日本の野球協約の「任意引退条項」を使用したこと。説明を引用すると、「日本では、任意引退選手は、日本にいる限りは元のチームに戻らなければならないが、アメリカでプレーする場合は、その限りではないようだ」(p.49)というもの。なぜこのような解釈になっているかというと、この条項は日本でプレーする外国人選手を念頭に置いているから。野茂選手の移籍まで、「最盛期の日本人スターがアメリカへ行くなどという発想は、日本人が月面着陸するくらい浮世離れしていた」(p.54)のである。そして選手たちにも、アメリカでプレーすることを現実的な目標とは考えていなかった。王貞治氏の下記のようなコメントが紹介されている。1970年前後に、メジャーリーグからスカウトの話もあったが、「本当はメジャーリーグで腕試しをしたかった。しかし、たとえ読売にアメリカ行きを許されたとしても、ファンは絶対に許してくれなかったでしょう。当時はそういう風潮でしたから」(p.51)という現実があった。
 その現実を乗り越えたのが、当時の代理人ダン野村氏の協力を得た野茂投手だった。任意引退条項を使用し、アメリカへの移籍を進める二人には、「スポーツ紙、球界首脳陣、ファングループ、王、長嶋、星野仙一などの重鎮さえもが、彼を非難した」(p.55)。野茂投手の実の父さえ、他の方法を検討するように伝えたという。それでも野茂投手はダン野村氏に対し、「ぼくらは正しいことをしているんですから」(p.55)と、気持ちを揺るがすことがなかったという。

 これだけでも日米の野球界への影響は大きい。しかし、野茂投手が更に素晴らしかったのは、メジャーリーグでの活躍。それも、メジャーリーグ移籍後の 1995年~1997年以降、二回の復活を果たし、39歳まで息の長い選手として活躍している。それは、怪我から復活して、ボストン・レッドソックスで2度目のノーヒット・ノーラン達成とリーグ奪三振王獲得を果たした2001年。そして2005年を最後にメジャーリーグの登録がなく、2006年には南米のベネズエラのリーグでプレーしながらも、メジャーリーグのマウンドに戻った2008年の二回。日本からアメリカへの移籍という点だけでなく、アメリカで成績を残し、人々の記憶に残った選手である。
 ここで唐突に思い出すのは、ベルギーの元サッカー選手ジャン=マルク・ボスマン。「ボスマン判決」の当事者と言えば、サッカーが好きな方は分かるかもしれない。ボスマン判決とは、EU加盟国のプロサッカー選手が前所属クラブチームと契約満了後は、他の EU加盟国のクラブチームへの移籍を妨げることができないこと、そしてEU加盟国のクラブチームでは、EU加盟国籍の選手が外国籍扱いにならないことを認めた判決。これにより、ヨーロッパでの選手の移籍に大きな影響を与えた。しかし、ボスマン自身は、裁判に時間を割いたこともあったのか、プレーの面では記録や記憶に残る選手とは言えない。彼と比較した時、野茂投手の野球選手としての実績を残した実力の大きさを、より強く感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/27 06:11

投稿元:ブクログ

野茂は凄かったと改めて思う。打者を全く寄せ付けなかったメジャー初戦の印象は、未だに強烈。
取材の行き届いたよい本。殿堂入りするかどうかは問題ではないと思うが、殿堂入りについて多数の関係者から集めた賛否両論の意見は興味深かった。

2011/03/08 19:19

投稿元:ブクログ

日本メジャーリーガーのパイオニアという枕詞があれば
そのあとは必ず「野茂英雄」となる。

日本の野球界が野茂の出現(と行動で)どう変わったのか
について、色々な角度から検証した本。

その中には野茂の好ましくない部分(結構根に持つとか)も
赤裸々に書かれているので、ある程度公平な視点だが、
結局野茂の事を書いているのか?それとも野茂やイチロー
松井以外の日本人メジャーリーガーや、日本の野球界を
批判をしているのか?という感じだった。

2011/02/27 05:13

投稿元:ブクログ

野茂英雄の偉大さを感じさせる本。
野茂が切り開いた道を、イチローも松井も松坂も歩いたに過ぎない。
野茂の勇気を賞賛しつつ、日本のプロ野球の閉鎖性を批判する。
こう書くと、どこにでもありそうな本に思われるが、アメリカでの豊富なインタビューがそこに留めない。
野茂のいくつものエピソードは読んで元気になるものだ。
やはり野茂はクールだ。

2014/11/19 00:55

投稿元:ブクログ

アメリカから見たNOMOってのがまず興味深いわけで、貿易摩擦や人種問題というのが絡んできます。当時は子どもだからそこがリンクするなんて気づかないわけで。そして、野茂でなければ扉は開けなかっただろうことも記されており、これが重要。待ってれば誰かがやっていたはず、なんてことはないと。逆風の中で挑戦したのは、最近では田沢や松井くらいかもしれない…その2人でも果たして野茂と同レベルのプレッシャーに耐えられたかは計り知れません。読み応えある名著。しかし神田うのの名前が出てくるなんて、よく調べすぎじゃないですかね!

2011/10/30 04:35

投稿元:ブクログ

2011年出版。野茂の存在感が改めて思い出される。

華々しいメジャーでの活躍に加えて、何度も引退直前の危機を乗り越えた根性。野球規則の抜け穴を使い、自ら日本球団を退団し、単身でメジャーチームと契約したそのチャレンジ精神。野茂の一番のすごさは日本人がメジャーリーグへ渡る橋を架けた功績だ。

野茂が作った橋がなければ、イチローも松井もアメリカへ渡るなんてことはできず、日本国内でしか話題にならない1プレイヤーのままで終わったはず。著者は野茂の偉大さを語ると同時に、最近の日本人プレイヤーはその橋を我が物顔で往復することに苦言する。

2012/10/03 22:48

投稿元:ブクログ

幼い頃からの近鉄ファンである僕にとって、野茂英雄は文字通り「英雄」なのだ。彼の生き様は憧れを通り越し、尊敬せずにはいられない。彼以上に「ストイック」という言葉が似合うアスリートは未だに現れないし、彼のように自分を「自分以上」に見せようと絶対にしないプロスポーツ選手は本当に稀だと思う。
彼のように生きたい。
きっと、や、絶対に無理だけれど。

2011/01/24 20:36

投稿元:ブクログ

改めて野茂の凄さがわかる本。

後半の野球殿堂のところでは否定的な意見が続くが、やはり生で見ていた自分にとっては思い入れのある選手。
改めてその数字だけを見返してみてもメジャーで2000奪三振近いというのはすごいと思う。

中身も日本野球とメジャー共に精通している著者によってやや主観的な文章でつづられていて面白い。
後半の日本に関する章では日本野球界ももう少し変わらないかなぁという印象を受ける。

野球好きならかなり楽しめる本

2012/04/15 19:17

投稿元:ブクログ

野茂英雄は1990年に近鉄(当時)へ入団。そして1995年にドジャースに入団。日米通算で201勝、メジャーリーグでノーヒットノーラン2回など輝かしい実績を残している。

そんな野茂の、主にメジャーリーグに移る前後から引退までの生涯を著した書。

この書を読むと、野茂がメジャーリーグに移ったころのゴタゴタと期待感入り混じった雰囲気を思い出す。

そして野茂はしっかりと結果を出した。

あのトルネード投法。グアム旅行に行った時に、その投球フォームを真似ながら空港の待ち時間、現地の人に「Are you Nomo?」と、もちろん笑いながらのジョークであるが、聞かれたことを思い出す。

グアムでも人気者だったのだ。

2013/04/05 23:48

投稿元:ブクログ

松井に国民栄誉賞が与えられるとか。ワールドシリーズのMVPを取りNYの優勝パレードでは史上初めてニューヨーカーが日本人に声援を送った。一般のアメリカ人に最も愛された日本人かもしれない。国民栄誉賞いいんじゃないですか。

では野茂には国民栄誉賞は与えられる日が来るのか?本書の最終章では野茂が野球殿堂入りするかどうかに1章裂かれている。野茂がいなければ後に続く日本人大リーガーの出現はもっと遅れ、WBCも無かったかもしれない。94年のストライキとロックアウトは野球離れをすすませ、バブル期の日本のイメージはロックフェラーセンターやコロンビアの買収など貿易摩擦もあり一般的なアメリカ人の対日感情は必ずしもよくない。野茂が大リーグに行ったのはそういうころだ。

当時日本プロ野球から大リーグに挑戦するには相手球団の許可が必要というのが常識だったが日本で任意引退した選手がアメリカで契約することには制限が無いと言う抜け穴が有った。94年肩の故障で8勝7敗に終わった野茂は契約更改で20億、6年契約を申し込む。却下したフロントに任意引退を告げ大リーグ挑戦を表明する。マスコミや球界関係者は野茂を批判したが野茂は揺るがなかった。その後の活躍はNOMOマニアを生み出した。

大リーグ挑戦後野茂は2度の復活を果たしている。98年以降成績が低迷し球団を渡り歩いた後BOSで2度目のノーヒッターを達成、02−03は各16勝を挙げている。04、05と低迷しマイナーやベネズエラリーグに行った後08年にKCのテストを受ける。キャンプ当初はストレートが130km以下、39才で体重はKC担当のレポーターよりも重く世間は失笑した。しかし後半調子を上げ開幕時には25人枠に入った。残念ながら成績は残せなかったが著者のホワイティングはこの最後の復活をもっとも賞賛すべき業績とたたえている。

野茂は無口でマスコミには無愛想、選手同士ともあまり話さなかったようだがインタビュー内容からは大リーグに適応しようと努力し、コーチたちからも評価されている様子がうかがえる。例えば復帰したLADで前半線防御率が4.00まで落ち込んだ際にはコーチのジム・コルボーンが野茂に「ツーストライクをとったあとに、続けてストライクを投げてみないか」「君は今まで、コーナーぎりぎりのアウトサイドに投げていたけど、それを変えてみるんだ」と助言され野茂はそういうやり方は自分の好みではないが、お望みならやってみてもいいと答えた。その年最終的には16勝6敗防御率3.39と好成績を挙げている。

野茂の通算奪三振率は9.28(MLBでは8.74)、1イニング1三振以上の数字であり大リーグを通じても2000イニング以上投げて9を上回っているのはノーラン・ライアン、ランディ・ジョンソン、ペドロ・マルチネス、サンディ・コーファックスの4人のみ。両リーグでノーヒッターを達成したのも大リーグ全体で5人。そして12年間で323試合に登板し内先発は318試合、7年間先発ローテーションを守り3回の開幕そして95年のオールスターの先発をつとめた。

2011/06/18 09:04

投稿元:ブクログ

ノーラン•ライアン方式の信奉者。
先発と先発のあいだにウェイトトレーニングをたっぷりおこなうべきだと主張。脚のバランスと脚力を高め、腕の力と柔軟性をますためだ。
団野村→日本に駐留していたアメリカ軍将校で、東欧系ユダヤ人であるアルヴィン・エンゲル(Alvin George Engel)と、後に再婚してプロ野球監督夫人となった日本人タレント、野村沙知代(当時の名前は、伊東芳枝)とのあいだに生まれた。実弟は元プロ野球選手のケニー野村。継父は元プロ野球監督の野村克也、異父弟として元プロ野球選手・現プロ野球コーチの野村克則がいる。しかしながら現在、母親の野村沙知代、弟のケニー野村とは、それぞれ絶縁状態にあるという。継父の克也とは「ノムラの考え」(フジテレビONE)で共演するなどしており、絶縁していない。
村上雅則 キューバ人投手ルイス•ティアント トム•ラソーダ ピーター•オマリー マイク•ピアザ コマツCM greed=欲張り トレイ•ヒルマン コリンズ 長谷川滋利 不動産 コルボーン 楽天 マーティ ヨセミテ国立公園 二人の息子 マット•キーオ 三鷹 リトルリーグ ロッテ薮田

2011/10/01 17:20

投稿元:ブクログ

なんてことない野茂の話だが、ああそんな事もあったなと。
野茂さん凄かったもんな。だけどその最盛期はあまりに短く、短いのだが何度も復活したんだと改めて知った。
読後も悪くないです。

2011/03/31 11:43

投稿元:ブクログ

野茂の強靭な精神力、開拓者としての困難を改めて知ると共に、日和見主義のマスコミ(野茂を非国民扱いしていたが、一旦メジャーで活躍し始めた途端、賛美に転じる)のレベルの低さにげんなり。マスコミのみならずプロ野球の重鎮と呼ばれる人もしかり。あの熱血監督とか。

2011/05/08 17:07

投稿元:ブクログ

Speaking of a pioneer who played in Major League Baseball, everyone might think of “Nomo Hideo.”




After he played in Japan for five years, he went to America to play as a major leaguer.




He was not the first player who played in America. The first player was Murakami.




However, it was the first time that Japanese top player played in MLB.




As you can see from his records, Nomo Hideo was the best pitcher in those days.




He became fed up with the Japanese traditional way of thinking, “gut is the most important thing.”




In those days, Japanese coaches didn’t know any scientific ways of practices but ways of practices with a lot of guts.






Nomo wanted to practice reasonably. He thought that he would be injured if he kept playing in Japan.




So, he decided to exile himself to MLB.




Many Japanese people condemned him at first, but he made their mind change by his astounding performance.




And he also changed Japanese baseball players’ mind that they can make their mark in MLB.




Today, many Japanese players play in MLB.




It is because Nomo created a path toward MLB.




英雄 is a hero for NPB.

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む