サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ツァラトゥストラ 下

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ツァラトゥストラ 下(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.1
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/417p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75222-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ツァラトゥストラ 下 (光文社古典新訳文庫)

著者 ニーチェ (著),丘沢 静也 (訳)

ツァラトゥストラ 下 (光文社古典新訳文庫)

994(税込)

ツァラトゥストラ(下)

918 (税込)

ツァラトゥストラ(下)

ポイント :8pt / 紙の本より76おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.8

評価内訳

2011/04/29 21:18

投稿元:ブクログ

第一部、第二部(上巻)の方が分かりやすいと感じた。またの機会に全体を読み返してみよう。
個人的に好きなのは第一部。簡潔で力強く、心に響く。

2013/07/18 22:35

投稿元:ブクログ

正直理解出来たかと問われるとさっぱり!と答えざるおえない。

難しい!
これで分かりやすい訳とは…。

でもニーチェはすごいパワーを使って文章を書き上げたんじゃないかという気はする。

2013/05/20 12:38

投稿元:ブクログ

“どこから来たか、ではなく、どこへ行くか。”
“君たちは絶望している。それは大いに尊敬すべきことだ。というのも、君たちが降伏することを学ばなかったからだ。”

ツァラトゥストラは周りの情報に惑わされたり身を任せている人の目を覚ましたかったのかと私は解釈する部分がありました。自分の中の意志に向き合えと言っているような。日本は多神教で宗教に寛容だけれど、海外の敬虔なクリスチャンなどは神への信仰から自分の意志より神の意志を強く信じるようなので、それに対してニーチェが反論してる気がしてなりませんでした。巧みな比喩表現で、比喩の裏に隠れている事を理解できる部分が限られましたが、上に書いた引用はとても心に響きました。何度読んでも飽きない本。

2012/01/01 23:36

投稿元:ブクログ

壮大で大げさな茶番劇。
著者の名誉に掛けて★1つが相応しい。

と思うが、翻訳は良いと思うので★2つ。

2017/03/27 22:05

投稿元:ブクログ

〝読書する怠け者を、俺は憎む〟 どこまでもシニカル。文体は読み易いが、やはり難解。シュトラウスの楽曲の力を借りて、上下巻をなんとか読了。

2011/03/20 00:26

投稿元:ブクログ

相変わらず難解だと思う。
ただ、解説にも書いてあったのだが、第4部は、比較的とっつきやすい物語形式で何となく理解できたような気がする。
まぁ、気がする。 だけですが。

僕の中では、ベッドの中で読むと、間違いなくソッコーで睡魔に襲われる本です。

2011/06/08 10:50

投稿元:ブクログ

もう20年以上まえに、この本を初めて手に取ったのだがなんのことだかちんぷんかんぷん、さっぱり分からなかったことを記憶している。

今回読んでみて、まあ、分かったという言い方はたぶんおかしいのだけれど、実に腑に落ちる文章だった。一文、一文、いちいちうなずける。僕の言いたいことを全部代弁してくれているような気分になった。わが意を得たり、というのはこういうときに使う言葉なのだろう。

これは、丘沢静也氏の素晴らしい訳のせいかもしれない。これまでのニーチェは、文体がぜんぜんニーチェっぽくなかったから。「がんばりすぎ」の訳が多かったから。あるいは、単なる偽善者だった10代の僕が、偽善者であることに自覚的な偽善者である中年になったせいかもしれない。偽善者であることに自覚的な偽善者が、偽善者であることに自覚的でない偽善者に取り囲まれているせいかもしれない。

連想されるものがたくさんある。文体は立川談志を想起させる。「からだ」の話はメルロ・ポンティや内田樹先生を想起させる。ダンスや影からは村上春樹を想起させる(もちろん、影は「あの」影である)。ノー!、ノー!、もう一度、ノー!みたいな表現はジョジョを連想させる。いろいろ染みついてきたんだろう。

いやいや、次のページをめくるのが楽しくて楽しくて、ついつい一気よみしてしまった。

2011/07/26 22:51

投稿元:ブクログ

読んだのは読んだけど。。。
全然わからん。 

まず自分ありき。
過去よりも未来よりも、今、ここ、現在が一番大事。
創造せよ。
嘆き、ねたみ、恨み、あらゆるマイナスの感情は、プラスの感情の中に含まれている。笑いの中には悲しみも含まれている。
笑いなさい。ダンスしなさい。

考える、故に我ありって誰がいったんだっけ?
そういうことも書いてあるんでしょ?

いや、わからんもんなぁ。

2012/07/16 10:07

投稿元:ブクログ

訳がカジュアルで読みやすいのは良いことなのでしょう。
面白かった。相変わらず善人とか道徳とか聖人とかの批判は刺さります。
今度は道徳の系譜学へ〜

2012/04/23 18:27

投稿元:ブクログ

上巻に収められている第Ⅰ部・第二部と比べてテクストのスタイルがより詩的になっているが、アンダーラインを引く箇所の数自体は減ったように感じられた。肝心の≪永劫回帰≫の思想もいまいち要領を得ない。巻末の解説・あとがきも深みに欠ける。

2015/06/16 18:07

投稿元:ブクログ

神は与えられるものではない、神は見出すものであ る。同様に、生きる意味は与えられるものではな い、見出すものである。

無神論者ツァラストラは叫ぶ
「お前の道化の言葉 は、この俺には迷惑なんだよ!」

そんなハードな展開も一変、訳者・丘沢静也氏が寄 せられた解説のうち「気楽に読むには」が秀逸 で"nowhere"とは何処でもないとも訳せます が"NOW"と"HERE"にも分解できるんです、という話 がササった。ツァラトゥストラ

2012/04/14 12:41

投稿元:ブクログ

当時のキリスト教権威や教徒に対する批判と思いますが、現代のそれぞれの宗教観にも当てはまる気がします。ボクの持ってる道徳観も刺激を受けました。というより読んでると清々しい気持ちになります。何度も読み返したいです。

2012/07/25 20:54

投稿元:ブクログ

機会があったので読んでみた。上巻から読んだが、なかなか表現や比喩が難しく、もし他人にこの本について、またはとある1文について説明を求められても正しい解釈によった説明ができる自信が無い。ただその中でも妙に腑に落ちる文章があったり、わくわくするところがあったりと味のある本。個人的には、音読すると3倍楽しいと思う。