サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. うちの魔女しりませんか? 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

うちの魔女しりませんか? 1(ガガガ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.1
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: ガガガ文庫
  • サイズ:15cm/293p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-451247-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

うちの魔女しりませんか? 1 (ガガガ文庫)

著者 山川 進 (著)

「今日、地球上から魔女が絶滅しました」—。魔女が、絶滅危惧種として保護されている世界。僕は誰にも内緒で、ちいさな魔女を飼うことになった。この世界にひとりぼっちの魔女・ミラ...

もっと見る

うちの魔女しりませんか? 1 (ガガガ文庫)

637(税込)

うちの魔女しりませんか?(イラスト簡略版)

324 (税込)

うちの魔女しりませんか?(イラスト簡略版)

ポイント :3pt / 紙の本より313おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

うちの魔女しりませんか?

637 (税込)

うちの魔女しりませんか?

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「うちの魔女しりませんか? 1」が含まれるセット商品

うちの魔女しりませんか? (ガガガ文庫) 3巻セット(ガガガ文庫)

うちの魔女しりませんか? (ガガガ文庫) 3巻セット

商品説明

「今日、地球上から魔女が絶滅しました」—。魔女が、絶滅危惧種として保護されている世界。僕は誰にも内緒で、ちいさな魔女を飼うことになった。この世界にひとりぼっちの魔女・ミラと、ひとつ屋根の下で秘密の二人暮らしが始まって—。ところが、ミラはほうきに跨れば家を壊し、カタコトでしか喋れず、食事は三食たい焼き…?平穏だった僕の生活は一転、てんやわんやの大騒ぎに。しかし、秘密の日々は長くは続かない…僕は、わかっているつもりだった。いつか、ミラは「魔女の楽園」へ帰らなければならないことを—。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

どこかで聞いたような物語

2011/02/05 16:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半は萌え、後半は燃え
まず「魔女=絶滅危惧種の希少生物」という認識を確立させないと、全体的に非常に分かりにくい
基本的に作者に文章力というか、常識がないのかな?と思います
ちょこちょこ意味が通らない
そもそもがかなり無理のある設定なので、うまく説得力を持たせられていないです
ストーリーの根幹としては「絶滅危惧生物を拾った少年が、世間に隠して可愛がりつつもいずれ仲間のところに返さなければいけない」というどこかで聞いたことがあるような話
ただ設定はなかなか凝っていて、色々裏設定や陰謀説、深読みなどがありそう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/10 19:47

投稿元:ブクログ

ミラが可愛い。そのひと言に尽きます。個人的にラストの展開はあえてこの展開だったからよかったと思う。後日談的なエピローグがなくて少しあっさりしすぎな感じがなきしもあらずだけど、ラストの茉莉、リョータ、そして文哉とミラの一連のやりとりには思わずうるっときた。

2011/07/07 20:09

投稿元:ブクログ

ミラがかわいい。無垢で素直な幼女は正義ですね。
切ないというか、なんかもどかしさの残るラストだったけど、この話はこれでいいのかもしれない。
でもやっぱなんか、もうちょっとだけでいいから、読後感にさわやかさがほしかった。

2012/12/08 00:51

投稿元:ブクログ

魔女に出会った男の子のお話。
魔女である、ミラの成長過程が微笑ましいです。
読みやすい文章で、たまに思わずクスッとしてしまう感じでした。
終わり方は、感動的で個人的にはウルウルしてしまいました。
エピローグがあれば尚良かった気がします。
ミラ可愛い!

2011/09/06 07:05

投稿元:ブクログ

茉莉はよいツンデレです。CUTEGさんの2巻表紙のイラストに負けましたが、1巻では茉莉のイラストが素敵でした。ボーイミーツガールというより娘育成っぽい。

2011/09/01 06:35

投稿元:ブクログ

うぅむ.
そこそこ面白かったよ.

“最後の魔女”が死んだ,というニュースと一緒に聞こえてきた父の訃報.
魔女オタクの親友と共に
“最後の魔女”が捕獲された森に立つ屋敷で少女を見つける.
その少女は“最後の魔女”の娘だった.
そして人間の少年と,魔女の少女が一緒に暮らす
笑いあり涙ありのほのぼのストーリー.
だと思ってたんだけどなぁ…,半分くらいまで.

なんであっちの方向へ進んじゃったのか.
ぐぬぬ.

少年にミラと名付けられた魔女が可愛過ぎます.

ぐぬぬ.

2011/10/23 04:40

投稿元:ブクログ

捻りつつもストレートなボーイミーツガール。
美しいラストがいい。それにしても、後書きでも触れられてるように、CUTEGさんのイラストが凶悪w 犯罪的なまでに可愛い。

2011/02/02 19:57

投稿元:ブクログ

なんだーテンプレ通りの展開だなーとか思ってたら随分と綺麗な終わりかたしてて凄いよかった.あと,ミラかわいい

2011/10/09 20:24

投稿元:ブクログ

タイトルに魔女とあるので、魔法がいっぱい出てくるファンタジーな話かと思っていたら違かった。ミラを愛でるお話です。「むふー」なミラが可愛い。イラストがマッチしてる。可愛い小動物(見た目人間)が好きな人に。

2011/03/01 14:03

投稿元:ブクログ

よくある話。
ドラえもんだと「のび太の恐竜」が当てはまると思う。

流れも何となく読めて、
これが後々伏線かな?と思うものも当たってたりで、
王道な流れだったと思う。

ラストもきっとこうだろうな、という部分はそのままで、
その形できれいなエンディングを迎えてしまった。

本当に各人のハッピーエンドを考えればハッピーエンドなのかもしれない。
ただ、仮に今後不幸な出来事が起ころうとも・・・
本当に幸せになる道を選ぶのであれば、これはハッピーエンドとは言えないのかもしれない。

そして2人のことを考えると、このハッピーエンドは激しく裏切ってほしかった。

とにかく泣いた、久々に号泣した。

続編は見たいけど、出ないと思うし出ないでいいと思う。
それくらい綺麗な終わり方だった。

でもなぜか心が痛むのは、
魔女と人間が同等に暮らすことのできない世界を
人間が創ってしまったことへの負い目なんだろう。
仮に差別も偏見も無い世界が築かれていれば、
この物語はもっと幸せな結末も迎えられたのではないだろうか。

最後に主人公の文哉は親父が行方不明、家は壊され、体もボロボロにされて不憫ではあるが、こんなにかわいい幼女と暮らせたのだから、それでも対価は安いだろう!というロリコンの意見w←
ミラが本当に可愛かった。

2017/02/26 18:07

投稿元:ブクログ

このライトノベルを一言で表現するのであれば「ミラが可愛すぎる」に尽きます。このライトノベルの「魔女」観は、魔女を題材としたライトノベルの中でも割と独特でその世界観に引き込まれました。楽しく切なく、読んでいて最後にはうるっとしてしまいました。

印象批判はここまで。山川先生安定の伏線の張り方と回収、ひとつひとつの暖かいエピソード、最後までキャラぶれしない個性的なキャラクターの描写で、これらがバランスの良い作品構造の中でうまくまとまり作品の完成度を上げています。物語の構造というかストーリーラインをとても丁寧に練られるラノベ作家さんですので、安定して個人的高評価の作品を書いてくださります。
このお話の、いちばん見事と感じた構成は、「起」と「結」の構成でした。いちばん最初の文章といちばん最後の文章が美しく対をなして作品をまとめているのです。エピローグに相当する章がない、という少し珍しい章構成ですが、この終わり方がもっとも作品の区切りとしてすばらしいと思います。

ガガガ文庫 ランキング

ガガガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む