サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ひがえりグラディエーター

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ひがえりグラディエーター(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.3
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/307p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-870382-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ひがえりグラディエーター (電撃文庫)

著者 中村 恵里加 (著)

突如現れた少女・アールによって、異世界へと誘われた少年・天海蔵人。そこで流行していたのは、なんと地球の人間を拉致し、互いに戦わせるという恐ろしい『娯楽』であった。一方的に...

もっと見る

ひがえりグラディエーター (電撃文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ひがえりグラディエーター

637(税込)

ひがえりグラディエーター

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

突如現れた少女・アールによって、異世界へと誘われた少年・天海蔵人。そこで流行していたのは、なんと地球の人間を拉致し、互いに戦わせるという恐ろしい『娯楽』であった。一方的に銃とナイフを与えられ、見ず知らずの誰かとの戦いを強いられることに、蔵人は戸惑いを隠せないでいた。だが、その『娯楽』の頂点に立っている地球人…初戦以外は完全無敗の人物が、幼き日に行方不明になっていた自分の妹である可能性が高いということを知り、彼は—!?斬新な切り口で『戦い』を描く、ファンタジー&サスペンス。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

萌えたり血まみれになったり

2011/07/03 11:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高校生の天海蔵人には妹・彩依がいる。ただし、6年前に失踪してしまい、それ以来は会っていない。失踪宣告が出されるまであと一年だ。
 その彩依の誕生日前日。妹の友達の小藤倫子と会い、妹へのプレゼントの相談をした帰り道、蔵人は奇妙な少女アールと出会う。その少女に虫を体内に入れられ、連れて行かれた先は異世界だった。

 アールの説明によると、彼女たちの世界では、蔵人たちの世界から一般人を連れてきて、剣闘士もどきのことをさせることが流行しているらしい。
 セクトという、蔵人の中に入れた虫の機能により、切ったり砕かれたりしてもきちんと直る。ルールもしっかりしているので死んだりすることはない。ただ、戦うことを拒否することはできない。ただの一般人が、ある日、ナイフや銃を持たされ、対戦相手を切ったり撃ったりしなければならないのだ。

 一日3時間、異世界に連れて行かれて戦闘訓練をする蔵人は、彼自身の不思議なパーソナリティの影響もあるのか、状況に馴染んでいる様であり、馴染み切らない部分もある。そんな彼の前に現れた、同じ立場の人間は意外な人物だった。そしてその人物から、妹に関する情報を聞くことになる。

 現代と異世界を行ったり来たりしつつ、常識外の状況になじんだり拒否したり、萌えたり血まみれになったりする物語だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/25 19:09

投稿元:ブクログ

これが中村先生でなかったら星4つなんですけど、今までを見てる分、どうしてもいま一歩劣ってる感が拭えませんでした。
これでも、ぐらシャチでもソウルアンダーテイカーでもどれでもいいので、続きがでて欲しいですね…

2011/03/21 03:48

投稿元:ブクログ

これ好きだなー。

理不尽な状況におかれつつも、自らの目的を見つけ、なおかつマスターであるアールの目的を叶えようと傷ついても進んでいく主人公がかっこよかった。続巻希望。

2011/03/09 18:03

投稿元:ブクログ

「娯楽」の一言で殺し合いさせられる主人公の話。タイトルと表紙に似合わずグロ目の描写あり。表紙絵と中のイラストがだいぶ違うのでジャケ買いは注意。

2011/03/30 00:06

投稿元:ブクログ

なんというか、この作者らしいというか。

遠慮がないというのかなぁ、何気に異常事態に巻き込まれたはずの主人公が見た上も淡々と日常をこなす、というのがらしいえばらしいか。
実のところ色々と思うところはありそうなのだけれども。

あと、ゲボ子萌え。
正直、それに尽きる(苦笑)

2011/03/20 02:19

投稿元:ブクログ

中村恵里加の著作は大好きだ。
初見の著者なら間違いなく★4をつけているが、『ダブルブリッド』や『ぐらシャチ』と比べると、どうしても見劣りする。

ただ、よくある「さあ生き残るために殺しあいたまえ」みたいな舞台設定に似て非なる舞台装置は秀逸。
単純な「命がけだから」という理由を敢えて使わずに、必死に戦いに臨む心理描写は見事。

一つ惜しいのは、イラストがまったく力不足だということ。
中村恵理加のリアルな筆致にまるでついてこれてない。というか合わない。

『ゴールデンタイム』といい、最近の電撃はイラストレーターを適当に選んでいるとしか思えない。
文体に合った雰囲気のイラストをしっかり選んでほしい、と切に感じる一作だった。

2011/08/04 03:21

投稿元:ブクログ

突如現れた少女・アールによって、異世界へと誘われた少年・天海蔵人。そこで流行していたのは、なんと地球の人間を拉致し、互いに戦わせるという恐ろしい『娯楽』であった。一方的に銃とナイフを与えられ、見ず知らずの誰かとの戦いを強いられることに、蔵人は戸惑いを隠せないでいた。
だが、その『娯楽』の頂点に立っている地球人……初戦以外は完全無敗の人物が、幼き日に行方不明になっていた自分の妹である可能性が高いということを知り、彼はーー!?
斬新な切り口で『戦い』を描く、ファンタジー&サスペンス!

* * * * *

セクトがゲームみたいだなぁと思いました。体内に入れる種類によってストレングスとかに値を振るのは面白いかと。
もしRPGのステータス割り振りがこんなんだったらちょっと面白いと思うのです。何故か納得しちゃいました。

話としては、やっぱりグロいのがきます。いや、それが中村恵里加クオリティだと思いますが。
蔵人が攻撃に転じようとするまでがめさめさ長いので、それはちょっと萎えるかも。
人間らしいっちゃらしいんだろうけど、「相手に攻撃すると相手が痛いから自分に攻撃する」とか考えるあたりで頭おかしいんじゃないかと思ってしまいました。

まぁ、ことさんも同じ立場なんじゃないかとは薄々わかってたし。
まさか妹(?)が最高ランクにいるとは思いませんでしたが。なんかただ単に異世界人に誘拐されただけなんかなーと思ってました。でも裕福な暮らしなのwww

次回に続く的な感じが見え隠れしたので、是非続刊を!!

わたしの評価は大体そうなんですけど、今回も話は好きだが、キャラが微妙(先程も述べましたが、蔵人が)なので、☆4つ!

2013/08/13 23:19

投稿元:ブクログ

 設定は使い出がありそうな印象を受けるが、やや拙い。その辺を少し洗っておく。
 まず、そもそもひがえりというタイトル。間違ってはいないが、あまり適切な印象を受けない。そこにまず引っかかる。内容的にはパートジョブなのだから、ピタリとこないのだ。
 次に構成。冒頭の記述と終盤の心情に落差が大きい。そこにすりあわせた跡が見られず、ここに大きな欠点が見受けられる。克明な日常描写も、ストーリーに絡まず煩雑である。
 最後に文章。無駄が多いというか、つながりがスムーズでない。頭の誕生日に関する話題の流れからして疑問に思う。自分の誕生日について触れた意味が(主人公の年齢紹介以外に)見受けられず、冗長である。

 面白くなかったわけではないが、拙い。その一言に尽きる。
 また、設定以上の売りが見受けられないのも弱いところだろう。
 切々とした心情を描いたり、鮮烈な戦闘描写であったり、魅力的なヒロインが出てきたり、軽妙な会話がされていたりしない。この辺にもう一つ売りがほしいところだった。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む