サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ひきこもりの彼女は神なのです。 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ひきこもりの彼女は神なのです。 1(HJ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.3
  • 出版社: ホビージャパン
  • レーベル: HJ文庫
  • サイズ:15cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7986-0196-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ひきこもりの彼女は神なのです。 1 (HJ文庫)

著者 すえばし けん (著)

高校進学を機に、とある学生寮での新生活をスタートさせた名塚天人。だが、彼が本来入るべき部屋には“冥界の王”を名乗る少女、氷室亜夜花が居座っていた!天人は自分の居場所を確保...

もっと見る

ひきこもりの彼女は神なのです。 1 (HJ文庫)

689(税込)

ひきこもりの彼女は神なのです。

551 (税込)

ひきこもりの彼女は神なのです。

ポイント :5pt / 紙の本より138おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高校進学を機に、とある学生寮での新生活をスタートさせた名塚天人。だが、彼が本来入るべき部屋には“冥界の王”を名乗る少女、氷室亜夜花が居座っていた!天人は自分の居場所を確保するために、亜夜花をあの手この手で誘い出そうとするが…。幻獣、怪物、神話の神々。人ならざる者達が集う街を舞台に繰り広げられる“超日常”ストーリー、開幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

力の有無が道を決めるのではない

2012/02/26 21:52

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アニメなどを見てヒーローに憧れるのは子どもの頃にはよくあること。でも大概は、大きくなって世の中のことを知るようになり、自分の力の及ばないことを実感するようになると、そんな無謀なことは考えないようになっていく。平穏に、とりあえず身の回りが平穏であれば、他人がどうあろうと関係ない、と。
 でももし、人よりも格段に力が強ければどうだろう?アニメの変身ヒーローのように、圧倒的な力で悪者を倒すことが出来る力があれば、それをふるって正義の味方になろうと考えてもおかしくはない。半天使である名塚天人は、そうしてヒーローになろうとし、守る対象の範囲を間違えて失敗してしまった。

 高校入学のタイミングに合わせて、彼は父親の知り合いが寮長を務める学校へ転校することになる。そこは、人外のものが人間の世界にとけ込むモデルケースとなっている、実尋市の曙光山学園だ。そして彼が住むことになったニュートラルハウスは、その中でも格上の神々が住む寮だ。
 自分が弱い存在として扱われる世界に叩き込まれた名塚天人だったが、そこで彼は人間を嫌い引きこもる北方の冥界神・氷室亜夜花に出会い、また、幼なじみの人間・羽村梨玖に再会する。そしてここで彼は、弱くても怖くても立ち向かい、誰かを助けようとする、本当のヒーローへの道を歩むことになるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/20 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/24 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/25 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/10 06:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/25 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る