サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 1 YES!ウサギが呼びました!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 1 YES!ウサギが呼びました!(角川スニーカー文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 32件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2011.4
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川スニーカー文庫角川文庫
  • サイズ:15cm/295p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-04-474839-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 1 YES!ウサギが呼びました! (角川文庫 角川スニーカー文庫)

著者 竜ノ湖太郎 (著)

世界に飽きていた逆廻十六夜に届いた一通の招待状。『全てを捨て、“箱庭”に来られたし』と書かれた手紙を読んだ瞬間—完全無欠な異世界にいました!そこには猫を連れた無口な少女と...

もっと見る

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 1 YES!ウサギが呼びました! (角川文庫 角川スニーカー文庫)

648(税込)
50%OFF

【期間限定価格】問題児たちが異世界から来るそうですよ? YES! ウサギが呼びました!

12/21まで通常626

313 (税込)

【期間限定価格】問題児たちが異世界から来るそうですよ? YES! ウサギが呼びました!

ポイント :2pt / 紙の本より335おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界に飽きていた逆廻十六夜に届いた一通の招待状。『全てを捨て、“箱庭”に来られたし』と書かれた手紙を読んだ瞬間—完全無欠な異世界にいました!そこには猫を連れた無口な少女と高飛車なお嬢さま、そして彼らを呼んだ張本人の黒ウサギ。ウサギが箱庭世界のルールを説明しているさなか「魔王を倒そうぜ!」と十六夜が言いだして!?そんなこと黒ウサギは頼んでいないのですがっ!!超問題児3人と黒ウサギの明日はどっちだ。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー32件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

俺TUEEEものと聞いて

2016/09/29 23:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DnDn - この投稿者のレビュー一覧を見る

俺TUEEEものって結局どういうものなんだろうと思って、買ったライトノベルです。
でも、読んでると買った理由なんて忘れてしまいますね。
読んでて楽しかったです。
文章は正直にいうと上手くないと思いますが、そこはキャラと勢いで読むことが出来ました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

描写を省略しすぎて展開を急ぎすぎ

2011/07/12 23:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

文章が読みにくい
特に動きのあるバトルシーン
見ず知らずの三人がいきなり仲良く喋り出すのも、なんというか気味が悪い
ストーリーを詰め込みすぎて、逆に細かなシーンを省略しすぎ
「問題児」とか「第三宇宙速度」とか、言葉にこだわりすぎて引きずられている
キャラクターにしろバトルにしろ世界観にしろ、もっとじっくり書くべき部分は書いてきちんと盛り上げて欲しかった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少しは俺を楽しませてくれ!

2012/02/26 21:45

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「己の家族を、友人を、財産を、世界の全てを捨て、我らの箱庭に来られたし」
 どこからともなくやって来た封書に入れられていた手紙に書かれたその文言に興味をそそられ、異世界へと召喚されることとなった少年少女たち。
 もはや学校へ行く理由もなくなり、有り余る力のおかげで退屈をもてあましていた逆廻十六夜は初夏の世界から、財閥の令嬢として何不自由なく暮らし、誰も彼女の言葉に逆らえない世界に飽き飽きしていた久遠飛鳥は真夏の世界から、動物の言葉を解し、逆に人間の友人が作れなかった春日部耀は初秋の世界から、彼らは箱庭の貴族たる黒ウサギに召喚され、異世界、ギフトと呼ばれる能力がルールを形作る、神魔妖なんでもアリの箱庭に降り立った。

 しかし彼らは元の世界でもてあまされた問題児の集まり。その力は魅力的だが、案内役の黒ウサギを無視してやりたい放題。潰れかけのコミュニティを救ってもらおうと彼らを呼んだリーダーの少年、ジン・ラッセルの目論見は脆くも崩れ去ったに見えたが、彼らの目的が、箱庭を支配する魔王から名と旗を取り戻すことだと知り、面白そうだと協力することになる。
 最初の勝負の相手は、魔王の威を借る虎のガルド・ガスパーが率いるコミュニティ。そしてその勝負に介入してきた箱庭の騎士と呼ばれる吸血鬼レティシアは、かつての黒ウサギたちの仲間だった。


 財物や命、才能をチップにしたゲームで勝利することで、全てを手に入れられる世界・箱庭。全てを手に入れられるということは、全てを失うというリスクも内包する。しかしそんな世界こそが、ギフトに満ち溢れた十六夜たちの望む世界。神様よ、魔王さまよ、せいぜい俺たちを楽しませてくれ、という感じ。
 それに振り回される、ミニスカ・ガーターベルト・巨乳・ピンク耳の黒ウサギがさあ大変。常識はずれで思惑の斜め上を行く彼らの行動に振り回され、気苦労が耐えない。しかし彼らは、きっちりと結果を出してくるから、文句も言えない。

 強大な力に奪われたものを、全てをかけて取り戻す。弱小卑屈のコミュニティが、強力な才能を持った少年少女の加入で、自分たちの目的を達成するための道筋を見つけていく。
 若干、文章が弱い部分もあるのだが、抜群のイラストと絶妙でどんな風にでも生かせる設定が相まって、期待値は大きい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/06 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/28 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/28 09:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/11 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/24 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/03 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/24 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/11 06:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/13 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/23 04:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/22 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/10 05:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川スニーカー文庫 ランキング

角川スニーカー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む